お客様のご質問にお答えします!雨漏り・雨樋・防水工事のQ&A




雨漏り・雨樋・防水工事などに関して、お客様からいただいたご質問に回答させていただきます!


千住宮元町|40代男性からのご質問

【その他の工事】


換気がしっかりできていないのか、家に湿気がこもっている感じがします。原因は何なのでしょう。


三誠ホームサービスの回答



木造住宅の場合、建物に湿気がこもる理由は主に床下の構造と、室内の通風の問題があります。

もし床下が布基礎(土のまま)である場合、土からの湿気が上がってきているのかもしれません。そのうえ室内の風の通りが悪ければ、湿気がこもってしまうと思います。


対処法としては、備長炭の設置がおすすめです。調湿作用・消臭効果がありますし、昔からある材料で交換の必要もありませんから、除湿剤などと比べてコスト面でも優しいと思います。

また、室内の通風を見直すことも重要です。換気口の位置や窓・間仕切りの位置を確認し、必要に応じて通気口を増設するなどの対応を行います。


実際にご自宅を拝見させていただきご提案させていただければと思いますので、まずはご相談いただければと思います。


梅田|30代男性からのご質問

【雨漏り修理】


外壁や屋根の塩害に強い外壁材はありますか?

将来海岸に近いところへの移住を考えているのですが、塩害で雨漏りなどが生じないか心配です。


三誠ホームサービスの回答



海岸沿いですと、塩害被害は心配ですよね。

塩害に強い屋根材としては石葺き屋根(細かくした自然石をジンカリウム鋼鈑に吹き付けます)、外壁材としては樹脂製のサイディングがおすすめです。

いずれもメンテナンスがしやすく、サビや雨漏りなどの被害にも強い素材です。

資料をご覧いただきながらご説明させていただきますので、一度ぜひご相談ください。



千住|50代男性からのご質問

【雨漏り修理】


工場に雨漏りがあり、何度補修しても他の箇所からも雨漏りがしたりと、なかなか解決せずに悩んでいます。

「雨漏り診断士アドバイザー」という資格があることを知ったのですが、こういった雨漏りの相談は、やはり有資格者に点検をお願いしたほうがいいのでしょうか。


三誠ホームサービスの回答



深刻な雨漏り被害には、やはり雨漏り診断士アドバイザーなどの有資格者や、雨漏り工事に特化した工事ができる会社に依頼をするのが安心です。

雨漏りは、雨漏りしている箇所だけを工事するのではなく、根本の原因特定が重要です。弊社では、雨漏り箇所を正しく特定し、原因調査にも力を入れています。そして、必要に応じた最適な工事をご提案いたしますので、ぜひご相談いただければと思います。



北加平町|40代女性からのご質問

【雨漏り修理】


年に数回、大雨が降った時だけ、天井から雨漏りします。

毎回雨漏りするわけではないので、なかなか補修に踏み切れないでいました。

このような状況の家でも、雨漏りの原因特定は可能なのでしょうか。


三誠ホームサービスの回答



実は、お客様のように大雨の時だけ雨漏りがするというケースはよくあることです。おっしゃる通り、大切な家屋の寿命を縮めないために、このような状況でも早めに補修することをおすすめします。

弊社には腕利きのプロが揃っていますから、雨漏り補修工事には自信を持っています。専門的知見と経験を生かして原因特定を行いますから、安心してお任せください。



皿沼|50代女性からのご質問

【雨漏り修理】


我が家は瓦屋根ですが、以前、業者のすすめでラバーロック工法を行いました。それ以来、雨漏りするようになってしまって困っています。

施工に何か問題があったのでしょうか?原因が分からず不安です。


三誠ホームサービスの回答



それは非常に残念ですね。弊社では、以下の理由からラバーロック工法はほとんど行っていません。

もともと瓦は1枚ずつ分かれていて、雨が瓦の下に入っても防水紙の上をつたって軒先の瓦から落ちる仕組みになっています。しかし、ラバーロック工法を行うと、施工のやり方によっては隙間が全部埋められてしまい、雨水が逃げ場を失ってしまいます。すると、水が溜まって雨漏りにつながってしまうためです。


現在ラバーロック工法によって雨漏りの被害に遭われているのであれば、対応を急ぐ必要があります。まずは弊社で点検を行いますので、ご相談ください。



千住曙町|50代男性からのご質問

【雨漏り修理】


築5年のスレート葺きの切妻屋根の住宅ですが、天井の一部が剥がれ落ちるほど雨漏りしてしまいました。

3年ほど前にも棟に雨漏りがあり、その際は棟の隙間にコーキングをしてもらいました。それが、つい先日またひどい雨漏りが発生してしまったのです。当時施工してもらった工務店にも問い合わせたのですが、連絡がつかなくなってしまい困っています。

原因は何なのでしょうか。また、できるだけ費用を抑えて修理するにはどうすればいいでしょうか。


三誠ホームサービスの回答



通常であれば、スレート葺きの屋根で築2年の時点で雨漏りすることはありえません。おそらく、もともとの防水紙の施工不良が原因でしょう。

また、築2年の雨漏りの際にコーキングを行ったとのことですが、それによって本来必要な水の通り道である隙間が埋められてしまったかもしれません。それにより、今回の大きな雨漏り被害を招いてしまった可能性があります。


今後雨漏りしないようにするためには、部分的に処置するのではなく、カバー工事あるいは葺き替え工事をしてきちんと直すほうが良いと思います。

工事としては大掛かりになりますので、業者対応が必須になります。まずは無料の現地調査とお見積りから行わせていただきますので、一度ご相談いただければと思います。



千住寿町|40代男性からのご質問

【雨漏り修理】


ログハウスの雨漏りについて質問です。ログハウスのメンテナンスや修繕は、通常の住宅に比べて対応が難しいものでしょうか。他の業者に修繕を依頼したのですが、ログハウスということで断られてしまいました。


三誠ホームサービスの回答



ログハウスは、一般的な木造住宅とは構造が異なります。本来、木造住宅は柱などの構造材を外壁材で囲んだ構造ですが、ログハウスは構造材と外壁材の両方を丸太が兼ねています

しかし、丸太は自然の材料であるため、どうしても経年で木が痩せたり、収縮が起こったりするのです。それにより、組み上げた丸太の間に隙間が生じ、雨漏りが起こりやすくなります。


また、木は呼吸しているため、コーキングと塗装で撥水性を持たせるような施工はできません。そのため、ログハウスは定期的なメンテナンスと隙間を埋めるコーキングを施して、雨漏りを直します。

自然素材である丸太の変化は予測ができませんので、雨漏りが発生したら、その都度しっかり補修していきましょう。



西新井|40代男性からのご質問

【雨漏り修理】


4階建てのビルで雨漏りが発生し、修理を行ったのですがその後も雨漏りを繰り返してしまいます。他の業者に相談したところ、原因不明とのことで、外装を全面的に改装してはどうかと言われました。

でも、原因が分からない中でこれ以上大掛かりな工事をするのは不安です。雨漏りの原因特定はプロの目でも難しいものなのでしょうか?


三誠ホームサービスの回答



結論から言うと、雨漏りの解明が難しいケースは確かにありますが、全く原因が分からないということはありません。

ただ、どこが雨漏りしていて、前回はどのような施工をしたのか、建物の造りや外壁の種類など…環境や事情によって検査・調査を行う箇所も変わると思います。ぜひ一度、このような事情も含めてご相談いただけないでしょうか。お話の内容を踏まえた上で、原因調査をさせていただきます。



東綾瀬|50代男性からのご質問

【防水工事】


所有ビルのメンテナンスとして、屋上の防水工事を考えています。自分で調べたところ、密着工法と通気緩衝工法があるとのことですが、具体的にどのような工事なのか教えてください。


三誠ホームサービスの回答



防水工事の密着工法とは、狭小部位や既存下地がウレタン防水の場合に行う工法です。既存の防水層に、ウレタン防水材を直接塗布してトップコートで仕上げる3層構造の防水工事です。

また、通気緩衝工法はコンクリートの既存下地に対して行う工法です。下地であるコンクリートに専用の接着剤を塗布し通気緩衝シートと脱気塔を設置することで、蒸気を伸ばして膨れの原因を無くし、亀裂の発生も抑制します。

ビルの屋上のような広い場所に防水を施す場合は、通気緩衝工法を適用いただくのがおすすめです。



入谷|30代男性からのご質問

【雨漏り修理】


実家の屋根裏を覗いたところ、横から光が差し込んでいました。

隙間があって雨漏りが発生するのではないかと不安です。


三誠ホームサービスの回答



屋根裏にはガラリという換気口が付いていることがありますが、そこから差し込んでいる光ではないでしょうか?

もしくは、軒天の有孔板や外壁と屋根のつなぎ目などから光が差し込んでいるとなると、雨漏りの危険があるため調査が必要です。

弊社では無料点検を行っていますので、一度ご連絡いただければと思います。



東六月町|40代男性からのご質問

【その他の工事】


外壁工事を考えていますが、塗装ではなく張替え工事をすることは可能でしょうか。


三誠ホームサービスの回答



張替え工事も対応しております。

ただ、外壁の張替え工事は、解体・設置・材料等にもそれぞれ費用がかかるため、塗装に比べて高額になることが大半です。

現状、雨漏り等の被害がひどく、外壁を張り替える以外の方法がないようであればもちろん対応させていただきますが、そうではない場合、他のコストを抑えたご提案もぜひご検討ください。

例えば、外壁の色や模様を変えるなら塗装工事でまかなえますし、雨漏り被害はないが外壁そのものを変えたいということであれば、外壁カバー工事を行うこともできます。


実際にプロのスタッフがお家を見ながらご案内させていただければと思いますので、まずはお気軽にお問い合わせください!



小台|50代男性からのご質問

【雨樋交換】【雨漏り修理】


普段は大丈夫なのですが、大雨が降ると雨漏りしてしまい、悩んでいます。

一度、雨漏りが発生したときに屋根にのぼって雨漏りしている箇所を確認してみたことがありました。すると、雨樋が落ち葉で詰まってしまっていて、そこから雨漏りが発生しているようでした。


落ち葉が溜まらないようにしたいのですが、その場合は雨樋の交換工事を業者にお願いすればいいのでしょうか。また、そもそも落ち葉が詰まったくらいで雨漏りが発生するような住宅は、構造に欠陥があるのでしょうか?


三誠ホームサービスの回答



落ち葉が溜まって雨漏りが発生してしまうのは、雨樋の排水機能に制限がかかり、雨水が建物内部に流れ込んでしまっているのだと思います。

そこで、落ち葉が溜まらないように対策されることをおすすめします。


手順としては、まずは雨樋内に入ってしまっている落ち葉を全て片付けましょう。そして、雨樋に落ち葉を入れないためのネットを取り付け、落ち葉が溜まらないようにします。さらに、植栽の剪定も行います。建物への対策はもちろん大切なのですが、根本原因である落ち葉の発生を減らすことも重要なのです。

そうして、雨樋が本来の役割と機能を十分に発揮できるような状態を保ってあげましょう


また住宅構造として、洋風建築の場合は隙間をつくらない構造ですが、和風建築であれば屋根裏に風を通すため軒先部分に隙間がつくられていることが多いです。現在のお住まいが以前から建てられている和風建築であれば、決して欠陥構造などではありませんのでご安心いただければと思います。



千住曙町|40代女性からのご質問

【雨漏り修理】【防水工事】


築10年ほどの住宅に住んでいますが、ベランダから雨漏りが起こってしまいました。

もともとシート防水が施されていますが、雨漏りを防ぐためにはどんな補修や工事を行えば良いのでしょうか。


三誠ホームサービスの回答



シート防水とのことですが、おそらくシートのつなぎ目が剥がれ、そこから雨が入り込んで雨漏りが起きてしまったのだと思います。

もし剥がれている箇所が少なければ、部分補修が可能です。しかし、つなぎ目以外の箇所にも剥がれなどの劣化が見られる場合、防水シート全体を再度貼りなおす工事がおすすめです。


ベランダに限った話ではありませんが、部分補修や一部の交換作業であれば、コストを抑えて改善することができます。一方で、その後施工以外の箇所の劣化が進み修繕が必要になることもありますので、全体的な工事をしておいたほうが、長い目で見るとメンテナンスはしやすくなると思います。


いずれにせよ、状況に応じて正しく判断する必要があります。点検・見積もりは無料で行っていますので、ぜひ一度お問い合わせください。



千住河原町|30代男性からのご質問

【雨樋交換】


子供が遊んでいて雨樋にボールが当たり、真ん中のあたりが割れてしまいました。このような場合は雨樋を全て交換することになるのでしょうか。可能であれば自分で補修したいのですが…。


三誠ホームサービスの回答



雨樋には屋根伝いについている軒樋と、縦に下りている堅樋がありますが、割れてしまったのはどちらの部分でしょうか。

軒樋・堅樋共に、製造時期やメーカー、形状によって廃版になっているものがありますので確認が必要です。

また、部分補修も状況によっては可能だと思いますが、ボールの衝突で破損を受けたということですから、一度全体を点検したほうが安全だと思います


点検・修理は私達のような専門家に依頼いただくことをおすすめします。特に2階以上に設置されているものであれば、お客様ご自身で補修作業をされるのは大変危険です。点検・お見積りは無料ですので、お気軽にご相談ください!



西伊興|40代女性からのご質問

【防水工事】【その他の工事】


「ベランダ」と「バルコニー」はどう違うのでしょうか?


三誠ホームサービスの回答



どちらもよく聞く用語ではありますが、確かに専門家でなければ違いは分かりにくいですよね。

実は、ベランダとバルコニーには明確に違いがあります。

ベランダは、室外に張り出した屋根のあるスペースのことを指します。一方でベランダというのは、室外に張り出した屋根がなくて手すりがついたスペースのことを指すのです。


一般的にバルコニーであってもベランダと呼ばれてしまうことが多いですが、実際は大きな違いがある名称ですから、覚えておいていただけると良いかもしれません。



六町|60代男性からのご質問

【雨漏り修理】


我が家が雨漏りしていて、現状はバケツで雨水を受けています。しかし、天気予報ではしばらく雨が続く予定なので困っています。簡単にできる応急処置の方法が知りたいです。


三誠ホームサービスの回答



現在はバケツで水を受けているとのことですが、そのままだと屋根の浸水が進んでしまうことになります。

ひどくなると家屋の内部構造まで劣化を招き、立て直しなど大規模な工事が必要になる恐れもあります。


恐縮ではありますが、応急処置でしのげる域を超えていると思われますので、できる限り早く専門業者にご相談いただきたく思います。

弊社は点検・お見積りを無料で行っています。状況確認にすぐに駆けつけますので、ご連絡いただければ幸いです。



東綾瀬|40代女性からのご質問

【雨樋交換】


雨樋には四角いものと丸いものがありますが、料金は違うものなのでしょうか。


三誠ホームサービスの回答



四角い雨樋のほうが、丸い形状のものよりも固定に使用する金具の強度が強く、屋根からの雨水も飛び出しにくくなります。こういった機能面は四角いタイプのほうが優れていることから、金額も丸いタイプより高くなります。


近年は、四角いタイプのほうが一般的に広く使用されています。メーカーによって形状も異なりますので、お客様ご自身でお選びいただくことが可能です。サンプルをお持ちしますので、ぜひご連絡いただければと思います。



千住元町|30代男性からのご質問

【その他の工事】


工事を依頼した際、追加工事をお願いすることは可能でしょうか。


三誠ホームサービスの回答