川口市、並木元町で雨樋の雨漏れ改善工事!落ち葉よけネットを設置して、樋の詰まりを解消。





工事のきっかけはこうです!


「下屋(1階)部分の雨樋が、雨の多い日は、上手く排水されずに、水が樋の途中で溢れて、滝のように流れ落ちてしまい、困っています。」と、川口市、並木元町にお住いの、A様からお問い合わせを頂きました。


雨が降る度に、雨水が流れる音が、煩くて気になっていたのだけれど、工事の機会がなく先延ばしにしていたそうです。


考えられることは、雨樋に枯葉や落ち葉が詰まっていることです。


雨樋は、軒樋、集水器、竪樋など、幾つかのパーツを繋ぎ合わせて設置し、屋根から流れ落ちる雨水を受けて、上手く排水するようにできています。


もし竪樋が詰まっている場合は、樋の一部を切断して内部の掃除を行う必要があります。


早速、A様のお宅に伺って、雨樋の状態を見てみることにしました。



  現地調査の様子です。  



ちょうど、雨が降っている最中での現地調査となり、詰まりが確認しやすい状況でした。


集水器の脇から雨水が溢れ、流れ落ちていることから、竪樋が詰まっている様子です。


真上から、集水器の辺りを、確認してみました。詰まっている、木の小枝が確認できます。屋根に落ちた木の葉が、雨水に流されて雨樋を通って運ばれて、竪樋に流れ込んだ為に、竪樋の中が一杯に詰まっていることが考えられます。


間違いなく、竪樋の詰まりが原因で、排水不良を起こしている事が分かります。



針金で突いて、詰まりの状況を探ってみました。すると、軒樋で溢れていた水が、徐々に竪樋に吸い込まれて無くなるのが確認できました。


溜まっていた水はある程度は引きましたが、完全ではありません。


竪樋の奥の方は、詰まったままなので、また直ぐに、雨水が溢れ出すと考えられます。見える部分の掃除だけでは、詰まりの原因は解消しないのです。


竪樋の交換、もしくは途中で切断をし、掃除の後に繋ぎ合わせるという工事が必要になります。



竪樋を外して、清掃をしてからまた元に戻せばいいのでは!?と、思っていらっしゃる事でしょうけれど、実は樋は継ぎ目(ジョイント)部分を、水が漏れないように、しっかりと接着をしてあるのです。


それなのでキャップを外す様に、簡単に外して付け直す事は出来ないのです。


この場合は途中で切断して、内部の詰まりや汚れを掃除した後に、切断部分をつなぎ用の部材を使って接着し直すか、竪樋自体を新たに交換するかの、どちらかの方法になります。


もちろん、費用のことを考えると、切断して繋ぎなおす方が、安くて済みます。


今回の工事では、詰まりの箇所はある程度は明確に解っていたので、途中で切断して繋ぎ合わせる、脱着清掃で対応することに致しました。



  こちらが、施工の工程です!  



まずは、竪樋の内部の詰まっている箇所を、部分的に切断します。


切断したところから、詰まっていた原因の、落ち葉や泥などを取り除きます。


ご覧の通り、これでは雨水を通す隙間もなく、雨樋の役目は果たせません。枯葉などが流れ込み、そこに徐々に小さなゴミやほこりが引っ掛かり、蓄積してしまった結果です。


樋の詰まりの原因では、一番多いパターンです。



竪樋の内部をきれいに清掃した後は、切断した竪樋を元通りに戻す作業に入ります。切断した部分には、専用の部材を挟んだうえで、雨樋様の接着剤を使用して繋ぎ合わせます。


切断部分が、新たな雨漏れ箇所となっては意味がありませんから、丁寧な作業が必要とされます。


その後に、必ず軒樋から水を流し、確認作業をします。問題がなければ、雨樋の詰まりはこれで解消されました。



  落ち葉除け用のネットを設置!  



しかし、これで終わりにしてしまったら、また数年すると、同じように枯葉や落ち葉が詰まり、再び雨樋が詰まってしまうことになります。


A様のお宅のように、お住まいが庭木に囲まれている場所にある場合は、定期的にメンテナンスが必要になります。


そこで、今回の工事では、今後の対策と致しまして、落ち葉除け用のネットを設置いたしました。


その際には落ち葉の種類にも、配慮する必要があります。笹などの細い葉が多い場合は、より網目の小さいネットを活用します。


このネットを設置することで、メンテナンスに掛かる時間も、出費も削減できます。もちろん、詰まりのリスクも減ります。先々の安心も得られ、同じ心配を今後は、せずに済みます。



ネットは、軒樋、集水器といった上に、口を開けている箇所をカバーするように設置します。


樋のサイズに合わせて現場で職人の手によって加工をし、設置していきます。


風に飛ばされて飛んでいかないように、きちんと固定します。


設置後は、雨水の流れを想定し、水の流れ方、弾き方の試験を行い、問題がないことを確認します。



雨樋の脱着清掃と、落ち葉除けネット設置工事が、完了しました。


工事完了後にも、もちろん水が問題なく流れることを、お客様にもご確認いただくこととなります。


この度、工事のご依頼を下さったA様も落ち葉除けネット対策には、大変満足されておりました。


雨樋は、雨水を排水する、大事な役割を担っております。定期的に、建物全体を見渡し、雨樋に詰まりなどの異常がないかを、点検することを心掛けておくことを、お勧めします。


もし、今回のような、雨漏れなどの排水不良を見つけた場合は、お早めに専門の業者に相談をされるといいでしょう。



[無料]外壁・屋根塗装・屋根リフォーム見積もり 100枚の点検写真!



「外壁塗装、屋根塗装、屋根リフォーム、我が家は実際いくらくらいかかるのかな?」


「そろそろとは思うけど、外壁・屋根塗装、屋根リフォームってどこに頼んだらいいの?」 とお悩みではありませんか?


そんな方は一度、塗装専門店や板金工事専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。 今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。


株式会社三誠ホームサービスでのお見積作成は、

50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断+写真付き点検報告書を進呈!

・我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書!

・塗料プランは3パターン以上もらえて比較検討できる専門用語もスタッフが分かりやすく解説!

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​株式会社三誠ホームサービス 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。