【川口市飯塚】屋上のウレタン防水工事-AGF通気緩衝工法で雨漏りを予防-



基本情報

川口市飯塚で屋上のウレタン防水工事を行いました。

現状雨漏りなどの症状は出ていないものの、写真にも見られるように屋根の劣化が気になっていたとのことで工事のご依頼をいただきました。




●工事情報

施工内容:ウレタン防水工事

→平らな屋根に行う防水工事です。

液体状のウレタンを塗り、防水層を形成することで、雨漏りなどのトラブルを防ぎます。

・平場…AGF通気緩衝工法

下地に、裏側に穴があいている通気緩衝シートを貼り付け、その上からウレタン樹脂を塗る工法です。下地に含まれた水分を排出することができ、雨漏りや膨れを防ぎます。

・立ち上がり部分…密着工法、補強クロス入り

ウレタン樹脂を直接塗る工法です。

施工期間:3日

使用材料:サラセーヌ

保証年数:10年

築年数:11年



施工手順

①ケレン清掃

樹脂を塗布する前に、ケレン清掃を行います。

ウレタン樹脂が密着するように、ひび割れ部分をならし、平らにしていきます。


伸縮目地(コンクリートの境界線に入れる目地)と、そのバックアップ材も取り除きます。



②目地にモルタルを埋める

目地部分の溝を埋めていきます。

通気緩衝工法を行うためには、表面を平らにしておくことが重要です。



こちらは、ただ穴が開いているだけの状態でしたので、雨水を排水するために新たに改修ドレンを設置しました。



③プライマー塗布

下塗り塗料であるプライマーを屋根全体に隙間なく塗ります。




④QVシート張り付け

通気緩衝シート(QBVシート)を張り付けます。



⑤脱気筒の取り付け

脱気筒とは、防水層と下地(コンクリートなど)の隙間に発生する水蒸気を外へ排気するための筒のことです。

屋上の下地は雨によって水分を含んでおり、日に当たることで水蒸気を発生します。

水蒸気が発生すると防水層が膨張し、雨漏りの原因となってしまうため、一定の面積ごとに脱気筒の取り付けが必要です。




⑥ジョイント処理

QVシートのつなぎ目にテープを張り、ジョイント処理を行います。

QVテープ上には1液防水材のサラセーヌSB立ち上がり用を薄塗りしていきます。




➆防水材を塗布

ウレタン塗膜防水材を塗布します。

平場と、立ち上がり部分も隙間なく塗っていきます。





このように仕上がりました!



今回の工事には、10年保証が付いています。



現場担当 関裕一


こちらの現場は関裕一が担当致しました!










[無料]外壁・屋根塗装・屋根リフォーム見積もり 100枚の点検写真!



「外壁塗装、屋根塗装、屋根リフォーム、我が家は実際いくらくらいかかるのかな?」


「そろそろとは思うけど、外壁・屋根塗装、屋根リフォームってどこに頼んだらいいの?」 とお悩みではありませんか?


そんな方は一度、塗装専門店や板金工事専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。 今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。


株式会社三誠ホームサービスでのお見積作成は、

50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断+写真付き点検報告書を進呈!

・我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書!

・塗料プランは3パターン以上もらえて比較検討できる専門用語もスタッフが分かりやすく解説!

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​株式会社三誠ホームサービス 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。


Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。