top of page

足立区鹿浜にてバルコニーのウレタン防水工事で、アパートの雨漏りを解決しました!


目 次



■工事のきっかけを伺いました


足立区鹿浜のお客様より、雨漏りについてのご相談をいただきました。

アパートのオーナー様です。


アパート2階の共用廊下での雨漏りだそうです。


すぐに点検に伺い、散水試験をおこなったところ、3階のバルコニーが雨漏りの原因と特定できました。

今回はバルコニーのウレタン防水工事で雨漏りを解決します。


今回の工事の基本情報
  • 施工内容:バルコニー防水工事 

  • 使用材料:KFシールテクト 

  • 施工期間:1日間 

  • 築年数:30年




■点検で雨漏りの原因箇所を特定

今回のご依頼は、築30年の3階建てのアパートでの雨漏りです。


数年前に塗装メンテナンスをおこなっているとのことで、外壁はキレイな状態でした。


今まで何度もオーナーが変わっており、アパートの図面やリフォームの有無などもわからないそうです。

建物の状況にも不安があるので、しっかり点検してほしいと、ご要望をいただきました。


雨漏りを見つけた箇所は、2階の共用廊下のハッチです。


外壁や上の3階の共用廊下には、損傷は見られませんでした。

他の箇所も、しっかり調査していきます。

3階のバルコニーの様子。


このバルコニーから、2階共用廊下のハッチへとつながる、排水ドレンが設置されていました。


そこで、散水試験をおこないました。


排水口にホースを差し、水を流します。

すると、2階のハッチから水が滴ってきました。


さらに、排水口を塞ぎ、バルコニーに水を溜めると、2階のハッチから大量の水が流れ落ちてきました。


この部分が、雨漏りの原因箇所であると特定できました。

散水試験で、2階のハッチに水が滴ってきた様子です。


散水試験は、水が染み出てくるまでに時間がかかることもあるのですが、今回はすぐに場所が判明しました。


早速工事に取り掛かり、雨漏りを解決していきましょう。





■床材を撤去し、下地調整をおこないます

バルコニーに敷かれていた床材を撤去します。

エアコンの室外機も、一旦取り外しました。


まずは、下地調整をおこないます。


コンクリートの防水層を、ケレン作業で削っていきます。


表面を削る程度は、防水層の状態によって変わります。

今回は築30年で劣化も進行していましたので、しっかり削って下地を作っていく必要があります。



■モルタルで下地を形成します

モルタルで下地を作ります。


モルタルを塗る際には、勾配を付けて、排水口に向って水が流れるようにしています。


フラットにすると排水がスムーズに流れず、雨水が溜まりやすくなってしまうからです。


凹凸のない下地が完成しました。

雨漏りの原因箇所である排水管ですが、排水管と外壁の取り合い部にひび割れができていました。


このひび割れ部分から雨水が入り込んで、2階のハッチの雨漏りを引き起こしていました。


2階のハッチの前にはお部屋がありましたので、お部屋に雨漏りが発生する危険もありました。


アパートやマンションなど集合住宅では、雨漏りなどで、居住者の方に迷惑をかけてしまうことにもなります。

定期的なメンテナンスは必須と言えるでしょう。





■密着工法でウレタン塗膜防水

下地のモルタルが完全に乾燥したら、プライマー(下塗り材)を塗っていきます。


外壁の取り合い部分には、コーキングを充填します。

排水管周辺の劣化したひび割れ箇所に、あらたな目地を作るためです。

そして、ウレタンを塗布していきます。


今回はウレタン密着工法でおこなっていきます。

下地に直接、ウレタン塗膜防水材を塗布して、防水層を形成する工法です。


使用したのは、KFケミカルの「KFシールテクト」です。

高耐候性で強靭な塗膜を形成する、1液型ウレタン塗膜防水材で、バルコニーのような小さい面積の防水工事に最適です。


硬化促進剤を添加することで、工期を短縮することができます。

気温23℃で4時間ほどで硬化しますので、施工期間1日で工事が完了するのもメリットです。



■工事が完了しました

最後にトップコートを塗布して、全ての工事が完了です。


完全に乾燥した状態の、きれいなウレタン塗膜をご覧ください。


立ち上がり部分もしっかりと施工しましたので、もう雨漏りの心配はありません。



バルコニーは、紫外線や雨の影響を受け劣化しますので、定期的な防水工事をおこなうことをおすすめします。


バルコニーの防水工事には、FPP防水やウレタン防水、シート防水などがあり、ベランダの状態に合った工事をおこなうことで、雨漏りを防ぐことができます。


しっかりとした知識を持つ業者を選ぶことも大切ですね。


屋根プロ110番の雨漏り駆けつけ隊では、バルコニーの防水工事の実績も多数ございます。

防水工事をお考えでしたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

点検に伺い、お客様のお家の状態に最適な防水工事をご提案いたします。





必見!プロが教える外壁塗装の見積書の見方と選び方!



LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

留言


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png