top of page

足立区入谷にてバルコニーからの雨漏り!内壁の補修と防水工事で解決しました


目 次



■工事のきっかけを伺いました

足立区入谷のお客様より、雨漏りについてのご相談をいただきました。


バルコニーの内壁がかなり痛んでいて雨漏りしているので、点検してほしいとのことです。


すぐに点検に伺い調査したところ、バルコニーの内壁には、コケやカビが発生していました。

床面の防水機能も低下している状態でしたので、バルコニーの内壁の交換と防水工事をご提案いたしました。


今回の工事の基本情報
  • 施工内容:バルコニー内壁補修工事・バルコニー防水工事  

  • 施工期間:10日間 

  • 築年数:25年




■点検時のバルコニーの様子

バルコニーの点検の様子。


バルコニーの笠木部分から雨水が入り込んだことが原因で、内壁にコケやカビが発生していたようです。


内壁を取り外して確認したところ、下地が腐食していました。

このままなら、バルコニーごと落下していたかもしれません。


劣化が進み、大変危険な状態でしたので、内壁の下地の補修工事からおこないます。



■バルコニー内壁の下地の設置

まずは、劣化した内壁を撤去します。


下地は、新たなものに取り替えました。


その上に防水紙を敷設し、新たな内壁を設置しています。





■バルコニー内壁、マスチックローラーで仕上げの塗装

内壁の塗装の様子。


マスチックローラーで、施工しています。


デザイン性のある、凸凹模様に仕上がりました。



■バルコニーのウレタン防水工事

ベランダの防水工事の様子。


ウレタン防水通気緩衝工法でおこないました。


カチオン樹脂で下地調整したあと、緩衝シートを敷き、ウレタンを塗布します。


大きな面積のバルコニーは、通気緩衝工法で施工するのがおすすめです。

ウレタンの膨れを防ぐことができます。





■工事が完了しました

きれいなバルコニーに生まれ変わりました。

もう、雨漏りも、落下の心配もありませんね。


バルコニーの雨漏りは、室内に影響が出ないうちは放置しがちですが、内部が腐食している可能性があります。

バルコニーの内壁に、コケやカビが発生していたら、すぐにご相談ください。


サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス)のヌリプロ110番では、バルコニーの防水工事も承ります。

まずは、お気軽にお問い合わせください。





必見!プロが教える外壁塗装の見積書の見方と選び方!


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Comments


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png
bottom of page