top of page

足立区加賀 屋根からの雨漏りをコーキングで応急処置!原因は施工不良のビス釘でした


目 次



■工事のきっかけを伺いました

足立区加賀のお客様より、雨漏りについてのご相談をいただきました。


きっかけは、押し入れの天井に見つけた雨染み。


すぐに点検に伺い、詳しく調査しました。

ビス釘の施工不良で釘穴に隙間ができ、雨水が入り込んだことによる雨漏りだとわかりました。


お客様はすぐに修理してほしいとのことでしたので、今回はビス釘を打ち直し、コーキング処理して応急処置をおこないました。


今回の工事の基本情報
  • 施工内容:雨漏り応急処置 

  • 施工期間:1日間 

  • 築年数:50年




■点検で雨漏り箇所を特定

点検時の押し入れの天井の様子。


かなりはっきりとした、雨染みが見られます。

強い雨が降ると、雨染みだけでなく、雨水が滴ってくるそうで、雨受けのバケツが置いてありました。



・赤外線カメラで撮影した室内の様子

赤外線カメラで撮影した画像です。


青い部分が温度が低いところで、雨漏り箇所であると特定できます。

室内の角が青いということで、屋根の端部分の雨漏りであることがわかります。





・勾配のほどんどない屋根

屋根に上ってみると、屋根の勾配はほとんどありませんでした。


しかし、板金屋根で施工されていました。


使用する屋根材は、屋根の勾配と関係しています。

通常、勾配のない屋根には板金屋根は施工しません。


陸屋根を採用するのがベターです。

陸屋根とは、勾配のない平らな屋根のことです。

陸とは水平の意味で使われ、平屋根ともいいます。


逆に、勾配のある屋根は勾配屋根とよばれます。


陸屋根を採用した場合、屋根は屋上にすることも多いです。

屋上にした場合、防水加工を施すことで、雨から住宅を守ります。



・屋根の状態を詳しく調査

屋根に上っての点検の様子。


屋根の上で、雨水が溜まっています。


雨水は、軒先の雨樋に排水されなければいけません。

しかし屋根に勾配が無いために、スムーズに排水されず、水が溜まってしまっていました。

屋根材は、ビス釘で固定されていました。

普通、このような固定方法はおこないません。


ちょうど雨水が溜まっているとことに、ビス釘が打ち込まれています。


このビス釘はコーキングボンドで防水処理されていましたが、コーキングが劣化しており、ひび割れが起こっていました。


このひび割れから隙間ができ、雨水が入り込んでしまっていたようです。

片棟板金の様子。


屋根の奥には建物の外壁があり、こちらは片棟板金で施工されていました。

片棟板金を詳しく見てみると、固定していた釘が外れていました。


固定されていないので、このままですと、板金が飛ばされてしまう危険があります。

玄関屋根の様子。


こちらの屋根にも、雨水が溜まっていました。


屋根に隙間があり、そこから玄関上に流れていました。





■応急処置工事開始:コーキングボンドでビス釘頭に充填

工事前の屋根の様子。


屋根の上に雨水が溜まっていたと思われる、雨水の跡が見られますね。


今回は、ビス釘の補修で、応急処置をおこなっていきます。

勾配の無い屋根に、無理やりビス釘を打ち付けていたこともあり、屋根の取り付け角度によって、雨漏りしやすい状態でした。


コーキングボンドが劣化してしまった結果、雨漏りしてしまいました。


充填するコーキングボンドの量も、少なかったようです。

ビス釘が見えなくなるくらい、たっぷりの量を塗って、釘穴を埋めます。


これで、雨水が入り込む隙間を、完全にカバーすることができます。

屋根の接合部にも、コーキングボンドを塗りました。

反対側の屋根にも、雨染みが見られました。


こちらも同様に、コーキングボンドで釘穴を埋めていきます。

コーキングボンドを塗る前に、雨水が溜まっていた箇所は、しっかりと水分を取り除いています。


もし水が残っていると、コーキングボンドの効果がなくなってしまいますので、注意が必要です。

釘穴をしっかり埋めて、板金屋根の雨漏り応急処置が完了しました。





■片棟板金のビス釘部分も補修

建物の奥スレート屋根の片棟板金の釘穴も、補修していきます。


釘が抜けているのが、確認できますね。


釘が抜けているところは、あらたに釘を打ち込んで固定力をアップさせます。

釘が抜けていた箇所に、あらたなビス釘を打ち込みます。

固定釘が抜けていない箇所は、その横にビス釘を打ち込み、固定力をアップさせます。


抜けていない場合は、無理に抜くことはしません。

無理に抜くと、片棟板金がへこんでしまうこともあります。

打ち込んだビス釘の上から、コーキング処理をおこないます。

抜けていた釘穴には新たに打ち直し、しっかりとコーキングボンドを塗り、応急処置はすべて完了です。


雨漏り調査と修理なら、屋根プロ110番の雨漏り駆けつけ隊におまかせください。

もちろん、雨漏りの応急処置も承ります。


すぐに点検に伺い、応急処置をおこないますので、雨漏りを見つけたら、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。





必見!プロが教える外壁塗装の見積書の見方と選び方!



LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。