top of page

足立区中央本町にて瓦棒屋根に錆び、屋根塗装で美しく変身


目 次



■工事のきっかけを伺いました

足立区中央本町のお客様より、屋根のメンテナンスについてのご相談をいただきました。


そろそろ塗装する時期だと思うので、屋根の状態を点検してほしいとのことです。


点検に伺ったところ、瓦棒屋根が色褪せ、錆びていました。

屋根がかなり劣化していましたので、屋根塗装をご提案いたしました。


今回の工事の基本情報
  • 施工内容:屋根塗装 

  • 使用材料:シリコンルーフⅡ 

  • 施工期間:5日間




■点検で、瓦棒屋根の状態を確認

塗装前の屋根の状態です。


瓦棒屋根がかなり劣化しており、色褪せだけでなく、錆びも目立ちます。


屋根が劣化すると、耐久性や防水力も低下します。

雨漏りにつながってしまうので、早めのメンテナンスが大切です。



金属屋根の塗装メンテナンスでは、まず錆びを取り除きます。

ケレン作業といいます。


やすりやサンダーなどを使用し、錆びをしっかり除去します。

錆びが残っていると塗料が剥がれやすく、塗膜の寿命も短くなってしまいますので、ケレン作業はとても重要な工程です。



瓦棒屋根ってどんな屋根?

金属屋根のひとつで、トタン屋根ともいわれます。


屋根の傾斜に沿って葺くもので、一定間隔に並べた角材が取り付けられています。

これが瓦棒です。





■シリコンルーフⅡで、屋根塗装工事

いよいよ、塗装に入ります。


下塗りに使用したのは、「1液ファイポンファインデグロ」です。

錆び止め塗料で、速乾性に優れ、作業効率も高まります。


中塗りと上塗りに使用したのは、日本ペイントの「シリコンルーフⅡ」です。

強靭な塗膜で耐久性も抜群。光沢のある美しい仕上がりになります。


中塗りと上塗りは、同じ塗料を使用するのが基本です。

違う塗料を使用すると、色ムラが起こりやすくなったり、塗膜の色褪せも早くなります。


中塗り・上塗りとしっかり塗り重ねることで、色ムラのないきれいな塗膜に仕上がります。





■工事が完了しました

色褪せて古びた印象の屋根から、色鮮やかな美しい屋根に生まれ変わりました。


カラーは、ツヤ感のあるブルーをお選びいただきました。


屋根のことなら、サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス)の屋根プロ110番におまかせください。

お客様のお家の屋根に、最適なメンテナンスをご提案いたします。





必見!プロが教える外壁塗装の見積書の見方と選び方!


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Comments


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png
bottom of page