top of page

足立区神明にて棟部分から雨漏り発生!のし瓦の外れ、銅線の切れ補修で解決!


目 次



■工事のきっかけを伺いました

足立区神明のお客様より、屋根瓦についてのご相談をいただきました。


きっかけは、瓦が落ちてきたこと。

屋根の状態を調べてほしいというご依頼です。


早速、点検に伺いました。

屋根の状態を確認したところ、落下したのは棟瓦でした。


かなり損傷していますので、棟瓦部分の補修工事をおこないました。


今回の工事の基本情報
  • 施工内容:棟瓦補修工事 

  • 施工期間:1日 

  • 築年数:40年




■棟部分の点検の様子

点検で、棟部分の一部が外れているのが確認できました。


棟瓦は土で接着され、銅線で固定しています。

経年により土の接着力が弱まり、銅線も劣化します。

それにより瓦の固定できなくなり、外れてしまうのです。



■のし瓦の補修工事開始

瓦専用の接着剤で固定します。

切断されてしまった銅線を補修します。


まずは、釘に銅線を巻き付けます。

そして、瓦の隙間に差し込んでいます。


通常は、瓦を取り付ける際に下側から銅線を入れて固定していますが、今回は部分的な補修のため、このような方法でおこないました。





■接着剤を流し込み、銅線を固定

銅線を巻き付けた釘の頭部分に、接着剤を流し込みます。


これで、雨水が釘の頭から棟部分に入り込むのを防ぎます。

接着剤を入れることで、釘の固定力も高まるので、しっかりと瓦にしばりつけることができます。


銅線は、劣化すると切れてしまいます。

今回のように銅線が切れたことで、瓦が落下する危険性もありますので、しっかりとしたメンテナンスが必要です。





■工事が完了しました

外れてしまったのし瓦も元に戻り、銅線でしっかりと固定しました。


これで雨漏りも解消、落下の心配もありません。


瓦自体の寿命は長いですが、固定している釘や銅線は劣化し、固定力が弱くなってしまうので、定期的なメンテナンスをおこないましょう。


屋根プロ110番の雨漏り駆けつけ隊では、今回のような屋根の部分的な補修も承ります。

特に棟部分の損傷は雨漏りにつながりやすいので、気になる方はお気軽にお問い合わせくださいませ。




必見!プロが教える外壁塗装の見積書の見方と選び方!



LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Comments


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png
bottom of page