川口市、本町で外壁フッ素塗装工事を施工!白い外壁から濃い色へ、建物が生まれ変わりました。




工事のきっかけはこうです!


川口市にお住いのM様から「白い外壁の汚れが目立つので、濃い色に塗り替えたいのですが。」と、ご相談を頂きました。築22年を、経過しているお住まいです。


実はM様は、フッ素樹脂を扱うメーカーにお勤めの方で、外壁に使う塗料はフッ素塗料をと、最初に希望をご指定されました。



  見違えるように、に変わりました!  



  調査に伺ったところ…。  



窓枠の辺りに、部分的に黒ずんだ雨垂れの汚れが目立ちました。


塗りたての塗膜は、綺麗ですが、表層のクリア塗装が劣化すると、撥水性が弱くなり、雨水が乾きにくくなる為に、苔や雨垂れ汚れが付きやすくなることが、原因と考えられます。


M様のお宅のように、過去に「セラミック塗装・石調塗装」をされた方は、塗り替えの際に注意が必要です。日当たりの良い側面は塗装の劣化が著しく、手でサッと撫でただけでも、表面がボロボロと崩れてしまいます。


この場合は、塗装工事の際に、下地調整と下塗りを慎重に行う必要があります。



雨樋は、塗装が剥離していました。できる限り、古くて捲れ上がった塗装を除去しますが、電動工具を使うと、雨樋に穴が開くので手作業で行うことになります。



  工事の初めは、足場の仮設工事からスタート!  



足場の仮設工事は、工事を安全に行うためには、必須です。この度の工事では、クサビ緊結式足場を、使用させて頂きました。


特徴は、組み立てが早く、作業の際の安全性が高い足場であることです。


ただし、組み立・解体作業の際には、金づちで叩き込む騒音が伴いますので、ご近所にお住まいの方への配慮が必要になります。


工事中は、M様が車を停められるように、お住いのカーポート部分には柱を立てませんでした。


次に、高圧洗浄を行います。


塗装工程の前には、高圧の水流で、建物全体を洗浄します。


22年間を経て付着した汚れやコケ等そして、劣化した塗膜を徹底的に洗い落としていきます。高圧洗浄の作業を丁寧に行うことで、塗装施工の時に塗料がしっかりと下地に密着し、塗膜の耐久性が保てるようになります。


高圧洗浄を丁寧に行うことは、より長持ちさせる塗装施工に繋がります。




高圧洗浄の際に、流れ出た汚水には、大量の砂が含まれていました。


では、なぜ砂が出るのでしょうか?この砂は、以前の塗装工事の塗料「セラミック塗料」に含まれる成分です。


セラミック塗料には、成分として砂・砂利を細かく砕いたものと、樹脂が配合されています。


長年にわたり、建物の壁が紫外線を浴び続けることで、樹脂が劣化すると、結合していた砂が流れ落ちるのです。


この度の工事では、洗浄後に建物全体を点検した結果、当初に予定をしていた下塗り材では、不具合の恐れがある為、別の下塗り材に変更しました。



  こちらの塗料で、塗装工事を行いました。  



下塗り材ですが、高圧洗浄後の壁の状態が想定より、以前の塗膜の劣化が激しかった為に、今後の仕上がりへの影響を考慮した結果、もっと適した下塗り材に変更することにしました。


こちらの下塗り材は、老朽化のために脆弱になった下地材に、浸透して固める効果があり、さらに造膜効果によって、上塗りの塗料の吸い込みを抑える、という効果があります。二液タイプの浸透造膜シーラーを使用しました。


仕上げ剤の塗料には、フッ素樹脂塗料を使用しました。日本ペイントの高耐久塗料「ファイン4Fセラミック」です。こちらは、二液タイプの弱溶剤塗料(シンナー臭があります)です。


フッ素樹脂の特徴は、撥水性が高い、汚れが付着しにくい、塗膜の寿命が長いなどですが、フッ素塗装の撥水性は、単に雨水を弾くのではなく、なじませることで、塗料と汚れの間に雨水が入り込み、汚れを流すという特徴があります。


ただし、価格が高価なことと、次のメンテナンスの際に、塗り替えに手間がかかるなどのデメリットもあります。塗料の選択には、様々な種類の塗料の特徴などの知識が必要になります。


塗膜が老朽化すると撥水性が弱くなり、雨水が乾きにくくなるので、湿ったところに汚れや苔が付着しやすくなります。


それだけではなく、劣化が進むと、下地の建材自体が、雨水を吸収して建物の内部にも浸透することになりかねません。定期的にお住まいを点検し、早めにメンテナンスをすることは、お住まいを長持ちさせることに繋がります。



  塗装工程は、先ずは下塗りからです。  


左の写真で、比べてみてください。中央の雨樋を境に、右側が浸透造膜シーラーを塗布した後で、左側が塗布前の状態です。一度塗りなのですが、塗布後の右側の方がしっかりと塗料の膜ができて、艶があります。


通常のシーラーでは、艶がでるまで2~3回は塗り重ねる必要があったかもしれません。この膜によって、上塗りの塗料の吸収を抑えることができ、さらに塗料の密着性を高めます。


これで安心して、仕上げの塗装工程に入ることができます。



  仕上げの塗装工程へ!  



下塗りを終えて、外壁が一旦真っ白になったところに、主剤塗料のファイン4Fセラミックで、仕上げの塗装工程を行います。


仕上げには、中塗りと上塗りの、2工程の塗装施工を行います。


今回の工事では、通常ではローラーで塗りにくい、凹凸の大きな外壁でしたが、周囲への余分な塗料の飛散を考えた結果、ローラーが最適だと判断しました。


凹んだ部分は、塗料が届かないので、刷毛を使って、塗り込んでいきました。


この工程を、2回繰り返します。そうすることで、塗装面に耐久性が増し、色味にも重厚感がでます。


色の選択ですが、今回の工事では、M様のご希望で、濃いグリーンを選びました。フッ素塗料の特徴である、艶感が出て、外壁が日光を浴びてキラキラと輝いています。



下塗り、中塗り・上塗りと3工程の塗装を施工することは、湿気や汚れの付着からお住まいを保護し、更に長持ちさせることにも繋がります。



  フッ素塗装工事の完成!  



足場を解体し、これで工事が完成しました。


ブリティッシュグリーンの濃く深い緑色の外壁は、白く残した窓枠がいっそう際立ち、重厚な雰囲気を演出しています。


M様からは「近所の方からも、センスのいいお住まいですね!」と褒められましたと、喜んで頂けました。


フッ素塗装工事を行ったことで、耐久性も増し、強い撥水性で、施工前の黒ずみ汚れのお悩みからも解放されました!



[無料]外壁・屋根塗装・屋根リフォーム見積もり 100枚の点検写真!



「外壁塗装、屋根塗装、屋根リフォーム、我が家は実際いくらくらいかかるのかな?」


「そろそろとは思うけど、外壁・屋根塗装、屋根リフォームってどこに頼んだらいいの?」 とお悩みではありませんか?


そんな方は一度、塗装専門店や板金工事専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。 今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。


株式会社三誠ホームサービスでのお見積作成は、

50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断+写真付き点検報告書を進呈!

・我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書!

・塗料プランは3パターン以上もらえて比較検討できる専門用語もスタッフが分かりやすく解説!

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​株式会社三誠ホームサービス 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。