川口市の青木で、外壁と塀の塗り替え!ラジカル制御型塗装で耐用年数が上がりました!


工事のきっかけは、お客様からのお問合せから!


「特に、雨漏りで困っていることはないのですが、築年数も40年も経過しているので、クラックが目立ってきて、困っています。」と、川口市、青木にお住いのA様からご相談を頂きました。

そろそろ塗り替えを考えていた時に、弊社のホームページをご覧になり、お問合せをくださいました。



  塀も塗り替えて、外観もキレイになりました。  



 クラックが発生していた白い外壁が、新築のように! 


外壁面積は、232㎡、塀面積は59㎡、足場面積が305㎡です。樋もすべて新しいものに交換しています。


お問い合わせの後、直ぐにお宅に調査に伺いました。


施工前の外観です。建物の周りをぐるりと、立派な塀に囲われています。このように塀が外観の大半を覆っている場合、建物の外壁の印象よりも、塀が与える印象の方が大きくなりますので、色選びは慎重に行います。


建物の側面を映した写真です。実はA様は、ご自身でクラックにコーキングを打つなどの補修をされていました。外壁が白いために、クラックの補修跡や汚れが目立っています。


◎セルフで補修したコーキングの跡

以前にA様が、ご自身で補修されたクラックが、いくつか確認できました。手が届く範囲の、クラックは、ご自身でコーキングを打って補修しています。

現状の外壁の拡大写真です。以前の塗り替え工事では、セラミック配合塗料を使用して、吹付塗装をしたとのことです。このように外壁表面に凸凹がある場合は、溝に塵や埃、雨水で流れ落ちてきた汚れなどが、付着しやすく汚れが目立ちます。外壁はつるりとしていて平らな方が、汚れが付きにくいです。

足場を組まないと届かない部分にも、沢山クラックが発生しています。幸い、どれもヘアクラックと呼ばれる、浅いひび割れなので、簡易的な補修作業で済みそうです。クラックは多数あるものの、雨漏りなどは今現在していないとのことです。


◎水蒸気の影響で、塀の塗膜が膨れています


上の2枚の写真は、塀の様子を映しています。塗膜が、膨らんでいる状態がわかります。塀や擁壁の塗装をした場合に、よく起きてしまう現象です。原因は、塀の素材と使用する塗料が、合っていないせいで起こることがあります。

塀に使われることの多いコンクリートは、水が染み込みやすい建材です。水は水蒸気になると、体積が1650倍にも膨張します。水蒸気が逃げる場を失い、塗膜と外壁の間に、溜まって膨らむのです。通常の塗料では、水分や水蒸気で、膨れや剥がれが起こってしまいますので、通気性に優れた塗料を使うことが絶対条件です。

今回は塀はモルタルで、上には沢山の草木が生えていました。草木の下には、土があるのですが、そこから水分が塀に行き、通気性の悪さから下地と塗膜の間に水蒸気が溜まり、膨れに繋がったと考えられます。


◎付帯部は塗装と交換で対応しました

今では見かけることも少なくなった、木製の戸袋もあります。木部と鉄部は、同様に5年周期での、塗り替えが必要です。木材保護塗料などを、定期的に塗ることで長持ちさせることができます。

★戸袋とは、引き戸を収納できるスペースとなっている部分です。その名の通り袋状になおり、その中に網戸や引き戸などを収納します。基本的には、ベランダや庭へ繋がる窓の外側に取り付けられていることが多い。


樋は、足場を組まなければ交換できませんので、今回の塗り替え工事の際に、一緒にすべての樋を交換することになりました。













工事は、足場を組むことから始まりました。



まずは、足場を架設しメッシュシートで覆います。足場架設は、工事を安全に行うために、必ず行います。塗料の飛散を防止する為に、メッシュシートも必須です。


◎高圧洗浄でキレイにしてから塗装をします。

高圧の水流で、壁面をきれいに洗浄します。この工程は本当に必要なのか?

高圧洗浄を省けば、その分費用も安くなると思われるかもしれません。ただし、外壁塗装を行う際には、高圧洗浄という工程は、仕上がりと耐久性に大きく影響します。

目に見えない細かい塵や、表面にこびりついた汚れを水圧で落としていき、塗装に適した状態にするのが、この洗浄という工程です。


どんなに長持ちすると言われる塗料を塗っても、下地が悪ければ密着性が悪いので、2~3年で剥がれたりする可能性があります。

どなたも経験したことがあるかと思いますが、10年位経った壁を手で触ると白い粉が付きます。これをチョーキング現象といいます。

そういう状態の上から塗装しても、塗装の効果は長く持ちません。粉の上に乗せた塗膜は、スルッと剝がれやすい状態にあるからです。高圧洗浄で、きれいに洗い流します。


◎養生の工程

洗浄が終了したら次は、養生を行います。塗料が付着してはいけない部分を、しっかりと覆い隠します。

この養生作業も、仕上がりの出来栄えに大きく影響します。ベテランが行った養生と、初心者が行った養生では、腕の差が一目瞭然です。

塗装工事の場合、養生箇所が非常に多いため、素早く丁寧な作業が求められます。


今回の現場は、隣家との距離が近く、さらにはお隣の方の駐車スペースがあり、車が停められています。

飛散防止ネットは貼っていますが、万が一車に塗料が付着したら大変なので、お隣の方には事前に説明させていただき、工事期間中はお車にも、飛散防止用のカーシートを掛けさせて頂いております。

こうした場合は、事前にしっかりと説明をし、近隣の方の理解を得ることは非常に重要です。意思の疎通ができていない場合、近隣トラブルなどの原因になる事もあるため、しっかりとご理解とご了解をいただける様に説明するのが、私たちの責任でもあるのです。


  塗装はシーラーを塗ることから。  



外壁塗装は、「下塗り+中塗り+上塗り」の3回塗りが基本ですが、下地の状態によっては「シーラー+下塗り+中塗り+上塗り」の4回塗りになる場合があります。今回はその4回塗りに該当する現場です。

通常の下塗りの前に、この「カチオンシーラー」を塗布します。塗料の吸い込みを制御し、塗りムラや使用塗料の量が多くなるのを防ぎます。


★カチオンとは

カチオンとは「+(プラス)の電荷を持つ陽イオン」で地下のモルタルは「-(マイナス)の電荷を持つ陰イオン」です。磁石のN極とS極が引き合うのと同じ原理で、地下とそれに塗布したカチオンシーラーで保護し、下塗り材の吸込みを制御させます。

その為、塗料だけなくクラックや剥落などの補修にも、カチオン系の材料が使用されています。


◎無色透明のシーラー


下塗りに使用する「微弾性フィラー」は重くドロッとした性質ですが、このカチオンシーラーはサラサラしていてほぼ無色透明です。

全体にムラ無く、素早く塗っていきます。シーラーに塗りムラがあると、これから重ねて塗っていく塗料もムラになって、塗り直さなければなりませんので注意が必要です。


◎下塗りは微弾性フィラーを使用しました


カチオンシーラーの次に、下塗り材を塗っていきます。今回は日本ペイントの「アンダーフィラー弾性エクセル」を使用。クラックの動きに、追従する働きがある下地調整材に分類されます。砂骨ローラーで、波形模様をつけていきます。かなり厚めに塗っています。


中塗り・上塗りはラジカル制御型塗料を使用しました。


塗料のグレードは、ウレタン<シリコン<フッ素、順で高くなっていきますが、今注目のラジカル制御型塗料は、「シリコン塗料の値段と同等の金額で、フッ素に近い耐用年数」というのが最大の魅力です。

今回の工事では、日本ペイントの「パーフェクトトップ」というラジカル制御型塗料を使用しています。


◎中塗り


◎上塗り


中塗りも上塗りも、刷毛とローラーを使用して、細部までしっかり塗装します。

シーラーを入れているため、塗りムラも塗料の吸い込みも問題なさそうです。


◎外壁のカラーの選種


今回使用したカラーは、日本ペイントの色番では『ND-108』です。高級感のあるパールホワイトで、使用する環境や場所を選ばない、非常に使用されることの多い代表色の一つです。


付帯部分の鉄部・木部の塗装を行います。


写真左は、木部のケレン中です。既存の、剥離した塗膜などをキレイに除去します。

右は、鉄部のケレン中の写真です。ケレンを丁寧に行うことで、仕上がりや耐久性が向上が向上します。



木部を塗装します。付帯部は細かい部分も多いので、刷毛と小さいローラーを使い分けて塗装します。













鉄部には、錆止めを塗ります。

雨戸は、凸凹や入り組んだ隙間がありますので、そうした部分にも刷毛を入れ込んで、しっかり錆止めを入れていきます。









鉄部の上塗り中の写真です。鉄部は水性塗料ではなく、油性塗料を使用することが多いです。水性塗料は、鉄部との相性があまり良くなく、密着性が弱いことが解っているので、弊社では油性塗料を使用します。







雨戸の塗装が、終了しました。

鉄部や木部は、メンテナンスに手間がかかりますので、後々メンテナンスの要らないアルミ製品に交換するのも、いいかもしれません。







  樋は全て交換しました。  




古くなった樋と固定金具も、すべて交換します。既存の樋を撤去中です。











新しい樋の固定金具。

鼻隠しにビスで固定します。








  外構(塀、シャッター)の塗装。  


今回の現場では、外壁よりも塀の方が目立ちます。色の選種は、非常に重要なポイントです。

さらに現場調査の時に、塀に塗膜の膨れが沢山あるのを確認しているため、使用する塗料にも気を付けなければなりません。透湿性の良い塗料を使用します。


◎塀の塗り替えには、透湿性の良い塗料を

塀には、日本ペイントの「ケンエースG-Ⅱグロス」を使用しました。


現在塀の上には多くの草木が生えていました。土からの水分を塀が吸収し、上手く通気出来ずに、下地と塗膜の間に水蒸気が停留し、塗膜の膨れを引き起こしている状態です。

そのため今回は、透湿性の良い塗料を使用しました。軒天などの塗装にも使用されている、水性ケンエースの油性版です。耐久性も高く、こうした条件部分の塗装に最適です。

色は、日本ペイントの色番で『ND-343』を使用しました。柴染(ふしぞめ)色に近い色で、灰みの黄赤です。深みのある、落ち着いた印象を与えます。




塀も外壁と同様に、まずは刷毛で、細かい部分を塗り込んでいきます。









広い面は、ローラーで塗装します。

全部で2回、塗って仕上げます。









シャッターも、錆止めを塗ります。










シャッターもまた、小さいローラーと刷毛を使い分けて、丁寧に塗装していきます。








◎塀とシャッターの塗装が終了しました

弊社では、塀の塗装だけでも可能です。

塀のみの塗装の場合、足場も必要ないので、比較的お安い値段で塗装することができます。塀だけの塗装でも、かなり外観が変わり、イメージチェンジになります。

気になった方は、お気軽にご相談ください。お見積もりは、無料でさせていただいております!


  工事が完了しました。  



約2週間で、外壁塗装、塀塗装、樋交換工事が終了しました。

経年の為に、黒ずみ汚れが目立っていた白い外壁が、ラジカル制御型塗装で、まるで新築の様に生まれ変わりました。


[無料]外壁・屋根塗装・屋根リフォーム見積もり 100枚の点検写真!



「外壁塗装、屋根塗装、屋根リフォーム、我が家は実際いくらくらいかかるのかな?」


「そろそろとは思うけど、外壁・屋根塗装、屋根リフォームってどこに頼んだらいいの?」 とお悩みではありませんか?


そんな方は一度、塗装専門店や板金工事専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。 今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。


株式会社三誠ホームサービスでのお見積作成は、

50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断+写真付き点検報告書を進呈!

・我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書!