【台風による屋根被害が怖い!】台風前のメンテナンスで被害は予防できる!







台風の季節となれば、毎年のように台風が日本に上陸します。上陸しなくても近くを通りすぎるだけで瓦や看板が飛ぶことがありますし、直撃すれば電柱が倒れることもあるほど強いです。そんな台風被害を受けた人の中には、台風前に屋根のリフォーム・屋根修理をしておけばよかったと後悔している人の声もよく聞きます。ここでは、予防できるかもしれない屋根被害、夏と冬での確認や備え、施工例などを紹介します。


台風が原因で起こる屋根被害について


あなたの家は大丈夫でしたか?

近年では、温暖化の影響などにより、今まで発生したことがないような自然災害が頻繁に起こるようになりました。

その一つに台風があり、上陸すると各地に大きな被害をもたらす存在となっています。






屋根被害もいろいろ


台風などによって強風が吹くと、屋根の一番上にある棟板金が影響を受けやすく、外れてしまった、落下してしまったと相談をよく受けます。

その他にも、雨どいが外れた、ベランダの屋根が飛ばされたなどの被害も多いです。

今までの台風被害はこの程度でした。


しかし、近年では瓦やスレートが落下したという相談も増えています。

通常の強風なら、しっかりと固定してある瓦やスレートが落下することはまずありません。

近年の台風は今までの常識を超える強風が吹くこともあり、思わぬ被害に遭うケースが増えているようです。









お問い合わせ件数と予防できた可能性のある被害

グラフを見てもらえば分かりますが、21号と24号の台風被害によって問い合わせがとても増えました。

この台風で影響がなかった方でも、次の台風が心配だから点検をして欲しいという相談も増えています。

台風被害は、もともと屋根に不具合があり、強風によって被害に遭ったと考えられるでしょう。

なので、事前点検により、予防はできたと思います。


台風被害から学んだこと



台風が来ると多くの方から修理依頼を受けます。

このとき、修理を担当したスタッフが感じるのが、「事前に点検をしてケアしておけば防げたのではないか」という点です。

事前点検をしてちょっとした屋根の修理をすることで大きな被害を避けられることもあります。

台風シーズンだけでなく春にも強い風が吹くことがあるので、年に一度は点検を考えてみてはいかがでしょうか。






予防できるかもしれない被害には、目視で確認できるタイプも多いです。

どのような状況なら被害が予防できる可能性があるかを知っておくことで、台風被害を最小限に抑えられるでしょう。



棟板金の飛散や落下、剥がれ


1.固定する釘がゆるんでいる


2.屋根との間に隙間ができている


3.1と2の状況では台風で被害を受ける可能性があります


参考価格



棟瓦や鬼瓦のケース


1.棟瓦や鬼瓦の固定用銅線がゆるんでいる

2.漆喰がかけたりヒビが入っている

3.棟の蛇行や歪みが確認できる


4.上記の症状があれば台風で被害を受ける可能性があります


参考価格


瓦のケース

1.瓦が浮いたり外れる、きれいに並んでいない

2.部分的に瓦ががたつきがある、欠けている

3.割れている瓦がある

4.上記のような症状があれば台風被害を受ける可能性があります


参考価格

カーポートやベランダのケース

1.屋根部分の固定がゆるんでいる

2.しっかり固定していないことで風が吹くと音がする


3.固定フックがない

4.経年劣化によって色が変色している、硬くなっている


5.硬くなってヒビや傷などがある

6.上記のような症状があれば被害を受ける可能性があります


参考価格


金属屋根(瓦棒葺き・立平葺き)のケース

1.固定部(ハゼ・心木)の金属が錆びている

2.平面の部分が変形・凸凹している

3.固定部(ハゼ・心木)のかぶせが変形している

4.屋根材が錆びて強度が低下している


5.上記の症状があれば損害を受ける可能性大です


参考価格


ガルバリウム(波板トタン)のケース


1.釘がくちて固定する役割を果たしていない

2.固定釘の周辺が錆びている

3.屋根材が錆びて強度が低下している

4.上記の症状があれば被害を受けやすいです


参考価格

雨どいのケース


1.硬化が進んで色あせている


2.固定金具のゆるみが確認できる


3.変形をしたり排水不良を起こしたりしている

4.上記の症状があれば台風被害に遭う可能性は高いです


参考価格


折板屋根のケース

1.固定用のボルトやナットがなくなっている

2.ボルトやナットが錆びて役割を果たせなくなっている


3.屋根材が錆によって機能低下している

4.面戸がなくなって風が入りやすい

5.上記の症状があれば台風被害を受けやすいです


参考価格


波板スレートのケース


1.固定用のボルトやナットがなくなっている

2.ボルトやナットが錆で機能低下している

3.屋根材が経年劣化で強度が低下している

4.部分的に穴が空いていたり割れたりして風が入りやすい

5.上記の症状があれば被害を受ける可能性は高いです


参考価格


化粧スレートのケース

1.ヒビや割れが複数確認できる


参考価格



瓦のケース

屋根を見ても異常を確認できなかったが、思っていた以上の強い風で瓦が浮いて落下



スレートのケース

目視で把握できない部分の釘が錆びていたことで固定する力が弱まり落下



飛来物での被害

強風によって飛んできたモノで屋根や壁が破損


自然の力はとても強く、通常の台風以上の強い風が吹く竜巻が発生することがあります。

この竜巻は、大きなトラックも飛ばすほどの力があります。

ただ、台風のようにとどまることがなく、発生しても10分程度の寿命です。



自然災害は多くが保険で直せる

自然災害は台風だけでなく、大雪や落雷、大雨などでも起こります。

これらの自然災害での被災は、災害保険に入っていれば多くのケースで補償をしてもらえます。


保険会社への申請では、どのような被害を受けたのか、被害箇所の写真、修理費の見積もりなどを提出する必要があります。

「株式会社三誠ホームサービス」では、保険申請のお手伝いもしていますので、お気軽にご相談ください。


被災が不安なら無料点検を受けよう




台風が来ると被害を受けるのではないか、今回は大丈夫だったけど次の台風では被災するのではないかと不安な人は多いことでしょう。







大きな台風が来ると被災するケースも多く、修理業者は忙しくなります。

そのため、台風が去った直後は修理依頼をしてもすぐに対応できないケースは多々あります。

事前に点検をしておくことで被災を防げるケースも多く、台風時期前には一度無料点検を受けることをおすすめします。





災害時の悪徳業者に気をつけよう