top of page

金属屋根の多様性:6種類の特徴と選び方





金属製の屋根材は種類が豊富で、それぞれにユニークな特徴があります。屋根の選択は、あなたのニーズや建物の要件に合わせて慎重に行うべきです。本記事では、金属屋根の6つの主要な種類を詳細に説明し、最適な選択方法を提案します。この情報が、あなたが軽くて耐久性のある屋根材を選ぶための助けとなるでしょう。


金属屋根材は大きく6種類に分類されます。それぞれの材質には独自の特性があり、適切な選択はあなたの屋根のニーズに大きく依存します。これらの屋根材を比較する際、以下のポイントを考慮に入れてみてください。


1.ガルバリウム鋼板 ガルバリウム鋼板はアルミニウム、亜鉛、シリコンから作られた軽量でコスト効率の良い屋根材です。しかし、潮風に弱く錆びる可能性があるため、注意が必要です。


2.ジンカリウム鋼板 ジンカリウム鋼板は、ガルバリウムと似ていますが、亜鉛とシリコンの含有率や商標が異なります。この屋根材は耐久性が高く、長期間の再塗装が不要ですが、日本では施工業者が少ないことがデメリットです。


3.トタン トタンは亜鉛メッキされた鉄板で、安価で施工も容易です。しかし、現代では耐久性が高い他の選択肢に取って代わられつつあります。


4.銅板 銅板は時間の経過と共に青緑色に変化し、独特の風合いを持つ屋根材です。耐久性が高く、加工もしやすいため、伝統的な建築に適していますが、非常に高価です。


5.ステンレス ステンレスは、耐久性に優れた合金で、大型施設によく使用されます。しかし、高価で施工業者が限られているため、一般的な住宅にはあまり用いられません。


6.チタン チタンは極めて耐久性が高く、軽量ですが、そのコストは高いため、主に大型施設や特定の建築に限られています。

屋根材を選ぶ際は、コスト、デザイン、耐久性などを考慮に入れることが大切です。また、定期的な点検とメンテナンスにより、どの金属屋根も長持ちします。自宅に最適な屋根材を選ぶ際、この記事が有用な情報源となることを願っています。


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。


Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。