top of page

足立区南花畑で防水シート破れによる雨漏り発生!アスファルトシングル屋根葺き替え施工で解決!


目 次



■工事のきっかけを伺いました

足立区南花畑のお客様より、雨漏りについてのご相談をいただきました。


屋根からの雨漏りで、天井に雨染みができているとのことです。


点検に伺うと、お家の天井と小屋裏に、大きな雨染みがありました。


小屋裏からは、屋根の下地である野地板の状態も確認することができます。

また野地板がバラ板という隙間があるものだったので、その隙間から防水紙の状態も確認できました。

見てみると、防水紙が破れていました


お客様はできるだけ部分的な補修をご要望でしたが、今回は屋根葺き替え工事をご提案いたしました。


防水紙が劣化し損傷している場合、屋根の葺き替え工事が必要です。

防水紙を敷くために、屋根材を撤去しなければならないからです。



ですが、屋根葺き替え工事は屋根材だけでなく、防水紙や野地板という下地をすべて取り替えますので、屋根の寿命が伸びます。

とくに築年数の経過した古い屋根の場合、部分的な補修を何度もおこなうよりも、コスパが良くなると思います。


今回使用する屋根材は、アスファルトシングル「オークリッジスーパー」です。


今回の工事の基本情報
  • 施工内容:屋根葺き替え工事 

  • 使用材料:オークリッジスーパー 

  • 施工期間:6日間 

  • 築年数:50年




■点検で雨漏りの原因を特定

早速、点検に伺いました。


お客様のお家は、金属波板屋根でした。


しっかりと点検し、雨漏りの原因を必ず見つけます。

室内の雨漏りの様子。


2階の天井に、大きな雨染みが確認できます。

1箇所だけでなく、天井全体に雨染みが広がっています。


お客様に雨漏りの様子をお伺いしたところ、普通の雨では雨漏りは起こらないそうです。

台風など風が強いときの雨で、雨漏りするとのことでした。

小屋裏の様子。


点検口から、内部を見ていきます。

お客様のお家の野地板はバラ板が使用されており、通常見ることのできない防水紙の状態も確認できます。


防水紙は劣化しており、破れも見られます。

防水の劣化は雨漏りにつながるので、破れなどの損傷がある場合は、新たに防水紙を敷設しなければなりません。


劣化した防水紙の上に新しい屋根材を重ねても、雨漏りの解決にはなりませんので、屋根の葺き替え工事がおすすめです。



■工事開始:既存の屋根材を撤去

まずは足場を設置し、屋根の葺き替え工事がはじまります。


屋根のてっぺんにある棟板金を取り外します。

棟板金を取り外すと、防水紙が切れていることがわかりました。


この状態では、雨漏りするのも当然といえますね。

切れたできた隙間から、水が侵入してしまいます。


この切断は経年劣化によるものではなく、住宅の建設時におこなわれていたと思われます。

つづいて、既存の屋根材を撤去します。


屋根材を撤去すると、平行に取り付けられた木材の柱の間に断熱材が敷かれていました。

防水紙は、柱の上に敷かれています。


築50年の住宅ですので、現在ではあまり見られない工法で設置されていることもあります。


今回は、この木材の柱の上から野地板を取り付け、補強していきます。





■防水紙を敷設

防水紙を敷いていきます。


使用したのは、田島ルーフィングの「PカラーEX+」です。

コスパの良い、改質アスファルトルーフィングです。


タッカーで、しっかりと止めています。



■アスファルトシングル「オークリッジスーパー」で葺き替え

新たな屋根材での葺き替えをおこないます。

軒先から設置します。


使用したのは、オーウェンスコーニングの「オークリッジスーパー」(カラー:ブラウンウッド)です。

アスファルトシングルの屋根材で、軽量かつ耐久性に優れています。


アスファルトシングルとは?

アスファルトシングルは、ガラス繊維にアスファルトを浸透させた、シート状の屋根材です。

防水性が高く、雨漏りに強い屋根に仕上げることができます。

柔軟性があり、手で形を整えることもできるため、加工性が良いのが特徴で、施工も簡単です。





■工事が完了しました

屋根葺き替え工事により、屋根材・防水紙・野地板すべてが一新しました。

これで、雨漏りはしません。


お客様からも「やっと雨漏りの不安から解放されました。オシャレな屋根になってうれしいです。」と大変お喜びいただけました。


今回使用したオークリッジスーパーは、デザイン性にも優れています。

2層構造による凹凸で、立体感のある仕上がりが美しいですね。


カラーバリエーションも豊富です。

お客様にお選びいただいたブラウンウッドは、シックでオシャレな雰囲気になりますね。



雨漏りでお困りのかたは、屋根プロ110番の雨漏り駆けつけ隊にお気軽にお問い合わせください。

まずは点検に伺い、お客様のお家に最適な工事をご提案いたします。





必見!プロが教える外壁塗装の見積書の見方と選び方!


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。