top of page

屋根葺き替えガイド:タイミング、費用、おすすめ材料と信頼できる業者の選び方




屋根葺き替えの必要性とそのタイミング、費用相場についての詳細解説!お家を守る大役を担う屋根は、安心して生活するために欠かせない部分です。定期的な点検と時宜に応じたメンテナンスは必須ですが、たとえ塗装メンテナンスを行っていても、屋根材の耐用年数を超えた場合は葺き替えが必要になります。「屋根の葺き替えはいつすべき?」という疑問は一般的です。今回は、屋根の葺き替えに関する以下のポイントを深掘りしていきます:

  • 屋根葺き替えの適切な時期と劣化のサイン

  • 葺き替え費用の相場

  • 推奨される屋根材の種類

  • 信頼できる業者の選び方

これらの情報を知ることで、葺き替え工事に対する不安を解消し、大切な家のメンテナンスに備えることができます。

内容概要:

■ 屋根葺き替えの適切なタイミング

  • 葺き替えの年数目安

  • 4つの主な劣化症状(ひび割れ・欠け、コケの繁殖、屋根の柔らかさ、雨漏り)

■ 葺き替え費用の相場

■ おすすめの3種類の屋根材

  • ガルバリウム鋼板(丈夫でシンプル)

  • アスファルトシングル(外国風、おしゃれ)

  • 軽量瓦(耐久性と高級感)

■ 業者選びの3つのポイント

  • 屋根点検を実施する業者

  • 現場体制が整っている業者

  • 報告写真を提供する業者

【1】 屋根葺き替えのタイミングについて

屋根の葺き替えは、築20〜30年が一般的な目安です。屋根材の耐用年数は様々で、メンテナンスの有無により実際の耐用年数は変わります。特に粘土瓦の場合、瓦自体は耐久性が高いものの、防水シートの劣化により築20〜30年での葺き替えが必要になることがあります。劣化のサインとしては、以下の4つの症状が挙げられます:

  1. 屋根全体のひび割れ・欠け

  2. コケの繁殖

  3. 屋根の柔らかさ(フカフカ)

  4. 雨漏り

これらの症状が見られた場合、専門の業者による屋根点検が必要です。

【2】 葺き替え費用の相場について

葺き替えの費用はお家の大きさ(例えば30坪)により異なり、約90万円から250万円の間で変動します。費用の幅は、既存の屋根材の撤去・処分費や新しい屋根材の種類によって異なります。

【3】 おすすめの屋根材について

  1. ガルバリウム鋼板:耐久性に優れ、万能型のデザイン。

  2. アスファルトシングル:洋風でおしゃれな見た目、デザイン性の高い屋根に適しています。

  3. 軽量瓦:和風建築に最適で高級感があり、耐久性に優れています。

【4】 信頼できる業者の選び方について

  1. 屋根に登って点検する業者:屋根の現状を正確に把握するために重要です。

  2. 現場体制が整った業者:作業の質を担保するために現場の管理が重要です。

  3. 報告写真を提供する業者:工事の進行状況を把握するために有効です。

まとめ

屋根の葺き替えは、お家の寿命を延ばすために欠かせない工事です。この記事を通じて、屋根葺き替えのタイミングや必要性、おすすめの屋根材、信頼できる業者の選び方を学んでいただければ幸いです。




LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。


Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。