top of page

足立区千住寿町で屋上からの雨漏り、屋上防水とバルコニー防水工事で解決!


目 次



■工事のきっかけを伺いました

足立区千住寿町のお客様より、雨漏りについてのご相談をいただきました。


すぐに点検にお伺いし調査したところ、屋上とバルコニーの防水機能が低下しており、雨漏りにつながっていました。


今回は、屋上とバルコニーの防水工事で、雨漏りを解決します。


今回の工事の基本情報
  • 施工内容:屋上・バルコニー防水工事 

  • 使用材料:リベットルーフクール・ウレタン

  • 施工期間:7日間 

  • 築年数:20年




■工事前の屋上とバルコニーの様子

工事前の屋上の状態です。


新築から20年以上経過しており、ウレタンの塗膜防水がほとんど剥がれていました。

端のほうに、少しグリーンの塗膜が残っていますね。


この状態では、防水機能はほとんどありませんので、雨漏りにつながってしまったと考えられます。

バルコニーの状態です。


こちらも、塗膜が剥がれてしまっていました。


屋上の防水工事のメンテナンスは、10年といわれています。

雨漏りが発生してからですと、補修工事などもおこなうことになりますので、その分コストもかかってしまいます。

ぜひ、定期的なメンテナンスをおこなってください。





■屋上防水工事:絶縁工法で、塩ビシートを敷設

屋上の防水工事の様子。


屋上は、塩ビシート絶縁工法でおこないます。


塩ビシート防水は、下地を選ばず施工できるのがメリットです。


まずは、絶縁シートを全面に敷きます。

塩ビシートとの接合部分となる専用のディスクを平場に、端と笠木部分には鋼板を設置します。


そして、塩ビシートを貼っていきます。

改修用ドレン設置の様子。


排水をスムーズにおこなうための改修用ドレンは、屋上の防水工事において重要なアイテムです。


穴を開けて、差し込むように設置します。


改修用ドレンを取り付けると、排水口の内径が小さくなるので、ゴミなどが溜まりやすくなります。

ゴミなどで排水口がふさがると、排水ができなくなってしまいますので、排水口はこまめに確認、清掃をするようにしてくださいね。

塩ビシートの継ぎ目は溶着し、ディスクを接着させて、屋上防水工事は完了です。

屋上防水工事に使用した塩ビシートは、アーキヤマデの「リベットルーフクール」です。

遮熱タイプの塩ビシートです。

太陽光を効率よく反射することで、室内温度の上昇も抑える効果が期待できます。





■バルコニーは、ウレタン塗膜防水をおこないました

バルコニーの防水工事の様子。


バルコニーは、ウレタン塗膜防水をおこないました。


プライマーの塗布後、補強するためにメッシュタイプのクロスを貼ります。

クロスを貼ると、目地やドレンの周辺のウレタンの強度もアップします。

ウレタンをしっかりと塗っていきます。


平滑になるように、2度塗りをおこないました。


ウレタンは硬化するまでに時間がかかるので、バルコニーのような小さい場所でも、5日ほどかかります。





■トップコートを塗って工事完了

紫外線や風雨で、塗膜が劣化するのを防ぐための、トップコートを塗布します。


トップコートが劣化したら、すぐにメンテナンスをおこないましょう。

ウレタン塗膜を長持ちさせる秘訣です。


トップコートの劣化を確認する目安は、色です。

ウレタン塗膜とトップコートは色が違うので、トップコートが剥げてきたらすぐにわかりますよ。



サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス)のヌリプロ110番では、屋上やバルコニーの防水工事も承っております。

まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ。





必見!プロが教える外壁塗装の見積書の見方と選び方!



LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Comments


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png