top of page

外壁塗装でお茶出しは必要ない!?気になる疑【外壁塗装時の気になるエチケット】職人へのお茶出しは不要!その理由と対応アドバイス問と職人への対応アドバイス




いか、どのように対応すべきか、どんな飲み物やタイミングが適切なのかなど、さまざまな疑問が浮かびますよね。

ここで安心していただきたいのは、現代の外壁塗装工事において、職人さんへのお茶出しは必須ではないということです。無理に気を遣う必要は全くありません。

今回は、外壁塗装のプロフェッショナルな視点から、お茶出しの必要性とお茶出しをしたい場合の適切な方法、職人への対応に関するQ&Aをご紹介します。快適な工事期間を過ごすためのヒントをお届けします。

目次

■外壁塗装とお茶出し:不要な3つの理由

■気持ちを示したい場合のお茶出しのおすすめ方法

■外壁塗装の職人への対応:よくある質問と回答

■まとめ


  1. 外壁塗装時のお茶出し:不要な3つの理由

外壁塗装時に職人さんへのお茶出しは、基本的に必要ありません。その理由を3つご紹介します。

1-1. 時代の変化と職人との関係性

  • 昔と異なり、共働き家庭が増加。職人と施主の関係性も変化し、契約に基づく専門的な作業が一般的に。 1-2. 職人の作業ペースを尊重

  • 職人さんは自分のスケジュールで作業を進めるため、お茶出しによる中断はむしろ彼らのペースを乱す可能性が。 1-3. 互いの気遣いが不要

  • お茶出しをすることで施主も職人も無意識に気を遣い合うことに。お互い気兼ねなく過ごせるのがベスト。

  1. 気持ちを示したい場合のお茶出し方法

お茶出しをする場合は、以下の方法がおすすめです。

2-1. 缶やペットボトルの飲料をクーラーボックスに入れて用意

  • いつでも自由に取れるように玄関先などに設置。 2-2. 日持ちする個包装のお菓子

  • 生ものは避け、小分けのものを選びましょう。

  1. 外壁塗装の職人への対応Q&A

Q1: お茶代や寸志は渡すべき? A1: 不要です。施主から直接お金を受け取るのは業者側で禁止している場合も。

Q2: トイレは貸してあげるべき? A2: 不要です。職人は車で来ており、公共のトイレなどを利用します。

Q3: 工事で気になることは直接職人に言ってもいい? A3: 問題ありません。気になることは遠慮なく職人や担当者に相談してください。

  1. まとめ

外壁塗装工事では、職人さんへのお茶出しは必須ではありませんが、もし何かを提供したい場合は、気を遣わずに済む方法を選びましょう。お茶代や寸志の提供も必要ありません。工事に関する不安や疑問があれば、遠慮なく職人や担当者に相談して、円滑なコミュニケーションを心掛けましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。


Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。