お客様のご質問にお答えします!屋根補修・葺き替え・塗装工事のQ&A



屋根補修・カバー・葺き替え・塗装工事などに関して、お客様からいただいたご質問に回答させていただきます!

東綾瀬|40代男性からのご質問

【屋根葺き替え】


我が家は築15年の住宅で、屋根にはセキスイかわらUという屋根材が使われています。施工するときは30年はもつと言われていましたが、すでにヒビが目立つようになり、先端が崩れてしまっていたり、変色が起こったりしている部分もあります。

当時の施工店に連絡をしてもつながらず、他の業者に見てもらったら屋根材そのものが劣化していると言われました。御社ではこのような事例の補修も行っていますか?また、施工店やメーカーに保証は受けられないのでしょうか。


三誠ホームサービスの回答



セキスイかわらUは40年以上にわたり多くの建物に使用されてきた屋根材ですが、正直なところ強度に問題があり、耐久性に乏しい商品です。実際に点検してみないと確かなことは言えませんが、ヒビや先端の崩れが目で見てわかるほどに目立つ状態であれば、補修や塗装ではなく、葺き替え工事を検討されると良いと思います。


また、保証に関しては建物自体の保証も長くて10年程度と考えると、残念ながらほとんど難しいと言えるでしょう。大切なお家を守るためにも、まずは一度ご連絡いただき、現状把握と適切な施工を行うことをおすすめします。



千住寿町|50代男性からのご質問

【屋根塗装】


業者にコロニアル屋根の塗装の見積もりをお願いしたのですが、屋根にひび割れや欠けがあると言われ、下塗り2回、中塗りと上塗り1回の4回塗りが必要とのことでした。普通は3回塗りだと思っていましたが、本当に4回も塗らなければならないのでしょうか?


三誠ホームサービスの回答



屋根材の状態によっては、合計4回塗りになる場合もございます。具体的には、築年数や過去の塗装の有無、塗装後の経過年数などに応じて、コロニアルの割れや傷みが進行してしまうためです。あまりにひどくなると塗装ではなく屋根工事が必要になり、より大掛かりな工事になってしまいますが、塗装で対応できるうちは下塗りを2回行うことで仕上がりのムラを防ぎ、塗膜をはがれにくくします。屋根の状態にあわせて適切な塗装を施すことが大切なのです。



小台|40代女性のお客様からのご質問

【屋根葺き替え】【屋根カバー工事】


先日、飛び込みで屋根調査員を名乗る業者が屋根点検を進めてきました。我が家は築18年ですが、瓦屋根がアスベストを含んでいる危険があるので必要であれば屋根交換しなければならないとのことでした。家族で相談して回答すると伝えたのですが、その後も何度も訪問されたあげく、健康被害や法律の話をされて不安になっています。すぐに屋根を交換する費用もないですし、今のところ生活に支障も出ていないので工事には前向きではないのですが…。


三誠ホームサービスの回答



すでに施工済の建材にアスベストが含まれていたとしても、法律上の問題は全くありません。確かに、アスベスト自体は健康被害が報告されて使用禁止や規制が行われています。しかし、その被害は主に作業者へのものが多く、そこで生活をする人はそこまで心配するものでもありません。

また、アスベスト被害を防ぐ工事をするにしても、例えば屋根工事ではなくカバーリング工事などで対応することも可能です。築18年ということですから、メンテナンスが必要な時期であることは確かです。定期的にメンテナンスをすることで、建物が傷んでしまう前に適切な補修を施すことができ、長期的な視点で費用を抑えてきれいな状態を維持できるようになります。


ただ、突然訪問してきて不安を煽るような話をする業者では、お客様も安心してお任せできないと思います。弊社は点検・お見積もりも無料ですし、むやみに工事を強いることはございませんので、一度ぜひお問い合わせください。



伊興本町|50代男性からのご質問

【屋根補修工事】【屋根葺き替え】


とある業者に「割れている瓦があるので補修したほうがいい」とアドバイスをもらいました。そこで点検してもらったところ、割れている瓦は1枚だけでした。しかし、瓦が廃版になっているため全て葺き替えたほうがいいと言われてしまい困惑しています。割れている瓦を交換する必要があるのは理解していますが、すべてを葺き替えるとなると費用もかさみますし、そこまでする必要があるのでしょうか?


三誠ホームサービスの回答



たしかに瓦が廃版になっているようであれば、全て葺き替えてしまったほうが今後のメンテナンスがしやすくなるとは思います。しかし現状、瓦が割れてしまったことで雨漏り等の被害がないのであれば、代用品として似た形の瓦を差し替える補修でも十分でしょう。その場合には、材質や色味に多少の違いが出てしまうことはご了承ください。

もしよろしければ具体的なアドバイスをさしあげますので、建物の状態や瓦の種類をお聞きかせいただけますでしょうか。



平野|40代女性からのご質問

【屋根葺き替え】


屋根の葺き替えを検討していますが、ルーフィングを張っているときに急な雨に見舞われたら、下地が濡れてしまうと思います。そのような事態が起こっても大丈夫なのでしょうか?


三誠ホームサービスの回答



ルーフィングを張り終えていれば、下地が濡れる心配はほとんどありません。しかし、張っている途中であれば、おっしゃる通り下地である野地板が濡れてしまうため、作業を中断し、十分に乾燥させてから再開する必要があります。ルーフィングは水を通さない材質なので、濡れている状態の上にそのまま張ってしまうと、下地が乾かなくなりカビが発生する恐れがあるのです。施工時は、天候を見ながら慎重に作業を進めますのでご安心ください。



堀之内|40代女性からのご質問

【屋根葺き替え】


築50年の日本家屋で、瓦屋根の葺き替え工事を検討しています。見積もりを見てから判断したいのですが、点検から見積もりまでどれくらいの期間がかかりますか?


三誠ホームサービスの回答



通常、点検後のお見積作成まで2~5日程のお時間をいただいております。また、正確なお見積りを出させていただくために、これまでに何か補修工事を行われていたか、葺き替え後も同様に瓦屋根か、もしくは金属屋根などに変更されるご希望はあるかなど、いくつか現状や方向性の確認を取らせていただけますと幸いです。もしよろしければ、一度詳細をお聞かせいただけますか?



花畑|30代女性のお客様からのご質問

【棟板金交換】


我が家は築10年の片流れ屋根の住宅です。先日、飛び込み業者から換気棟にすることを勧められました。換気棟にすることのメリットや、雨漏りなどのデメリットがあれば教えてください。


三誠ホームサービスの回答



換気棟には、屋根裏の湿気や熱気を排出する役割があります。湿気・熱気を取り除くことで、夏場は屋根裏の温度を下げたり、天井の断熱効果が高まったりしますし、冬であれば屋根裏の結露を防ぐことができます。換気棟には内部の木材や屋根が長持ちするようになるメリットもあります。また、換気棟は隙間があいていますが、構造上雨漏りはしませんのでご安心ください。

もし設置をご検討される場合は、建物の傷みが生じる前に、できるだけ早めに施工いただくことをお勧めします。



千住橋戸町|50代男性からのご質問

【棟板金交換】


我が家は切妻のスレート屋根ですが、先日業者に見てもらったところ、棟板金が浮いてしまい雨水が侵入しているので交換を急いだほうがいいとのことでした。棟板金を交換するなら、せっかくならより丈夫で質の良いものに替えたいと思ったのですが、劣化しにくい棟板金にはどのようなものがあるのでしょうか。


三誠ホームサービスの回答



棟板金は、以前は金属板が多かったのですが、近年では錆に強く、耐久性の高い特殊コーティングを施したガルバリウム鋼板のものが大半を占めています。多く使われているのは0.35mmほどの厚さの既製品ですが、厚みを変えて強度を高めることも可能です。また、棟板金の中に入れる貫板も木材から樹脂製に変更することができます。


さらに強度を高めるにはステンレス製の棟板金を作成するという手がありますが、コストも割高になります。最近のガルバリウム鋼板であればそこまでしなくても十分な強度がありますから、ご検討いただければと思います。



千住宮元町|40代女性からのご質問



知人宅の廊下の屋根がガラスの瓦で出来ていて、とても明るくきれいでした。我が家も部屋を明るくしたくて南側の屋根をガラスの瓦に替えたいと思ったのですが、そのような施工はできるのでしょうか?雨漏りや断熱性も心配です。


三誠ホームサービスの回答



結論から申しますと、現状の瓦にガラス瓦を入れる施工は比較的容易であることが多いです。また、施工としてはガラス瓦をただ入れただけではやはり防水できませんので、野地部分にポリカーボネート板を使用することで防水をします。そして、2階・または1階から天井を箱状に立ち上げて、室内にきれいに明かりが届くようにします。

ただ、ご自宅の小屋組みや取り付けたい場所によって施工の可否が変わりますから、一度ぜひご連絡いただき、実際にお宅をお見せください!



小台|60代男性からのご質問

【屋根補修工事】


先日、屋根工事をしてもらったのですが、それ以来テレビの映りが悪くなってしまい困っています。タイミング的に工事をしたときにアンテナがずらされてしまったのかな、と思っています。施工会社に連絡をすれば直してもらえるのでしょうか?


三誠ホームサービスの回答



それは残念でしたね。工事が原因かを調べるためにも、施工会社には一度ご相談いただくほうが安心かと思います。

なお、テレビのアンテナは衛星放送であれば数ミリ単位のずれでも受信ができなくなってしまうこともあります。一方、地デジであればアンテナが少しずれた程度ではそこまで影響がないかと思いますので、もしかするとブースターの故障や分配の問題という可能性もあります。施工会社への連絡前に、テレビ関係の箇所で思い当たるところがないか一度確認してみるとスムーズかもしれません。



保塚町|40代女性からのご質問

【屋根補修工事】【屋根葺き替え】【屋根カバー工事】【外壁塗装】【屋根塗装】


我が家の工事を検討していますが、敷地が狭いため、工事に使用する道具などの置き場が用意できそうにありません。そのような場合でも工事は可能なのでしょうか。


三誠ホームサービスの回答



基本的に、工事中にお客様宅のスペースに道具を置いておくことはございません。また、工事内容によっては一時的に置かせていただくこともありますが、その際には事前にご相談させていただきます。

他に足場工事などもスペースを要しますが、足場の必要性や、どのように架けるかといった点は、調査段階でしっかり確認し、事前にご説明するようにいたします。お客様の生活にできる限り負担がかからない方法で施工いたしますので、ご安心ください。



平野|30代女性からのご質問

【漆喰詰め直し】


自宅のベランダを掃除していたら、コンクリートのくずのようなものが落ちているのを見つけました。白っぽい破片なのですが、何か屋根にトラブルが起きているのでしょうか?


三誠ホームサービスの回答



ベランダで見つけられた白っぽいものは、おそらく屋根材の一部だと思います。お客様のご自宅が瓦屋根のお宅であれば、外壁や棟瓦との取り合いの箇所は漆喰で積まれていますから、その漆喰が劣化したことによる剥離の可能性が考えられます。


漆喰が劣化すると雨漏りを招く恐れがありますから、お早めに修繕していただくことをおすすめします。

ただ、業者の中には正しく漆喰を詰めず、セメントで固めてしまう心無い業者もあるようです。当社は安全な屋根・漆喰工事に自信を持っていますから、よろしければぜひご連絡ください。



舎人|40代女性からのご質問

【屋根補修工事】【屋根葺き替え】【屋根塗装】


近隣の住宅の屋根で、黄色くくすんでいる箇所がありました。放っておいても大丈夫なのでしょうか?


三誠ホームサービスの回答



屋根材の性質にもよりますが、例えばスレート材や金属系の屋根、セメント瓦などの場合は、コケや藻が付着してしまい、黄色っぽく見える恐れがあります。特に、平らな屋根やなだらかな勾配の屋根ですと、雨水などが溜まりやすくこのような事象が発生するのです。

あるいは、屋根に設置されたアンテナが錆びついて屋根に付着した可能性もあります。


どちらにせよ、コケや藻、サビなどが屋根材に発生していると防水機能が発揮されず、雨漏りなどの深刻な被害につながる危険もあります。近隣のお宅とのことですが、ぜひ早期の点検・メンテナンスをおすすめしていただければと思います。



宮城|30代男性のお客様からのご質問

【漆喰詰め増し】【漆喰詰め直し】【漆喰取り直し】


我が家は瓦屋根の住宅ですが、漆喰の補修は定期的にしたほうがいいと聞きました。とはいえ、費用や手間もかかりますから、補修の回数を少しでも減らせたらと考えています。耐用年数の長い漆喰というのはあるのですか?


三誠ホームサービスの回答



耐候性に優れた商品としては、馬場商店さんの「ハイロール」という乾式面戸シートがございます。これは、従来の漆喰とは異なり、瓦の波型に合わせて貼り付けて施工するもので、施工方法も簡単でありながら熱劣化しづらく、通気性にも優れた商品です。

既存の棟瓦の撮り直しが必要になるため初期費用はかかりますが、メンテナンス回数が格段に減るため、長期的に見ると大変お得です。ご興味がございましたら、ぜひ一度ご相談ください。



古千谷本町|50代男性からのご質問

【棟板金交換】


先日屋根を確認したら、棟板金がひどく錆びついていました。ペンキなどを塗って対処したほうがいいでしょうか?


三誠ホームサービスの回答



まず、棟板金は屋根と屋根の違う面をつなぐ役割を果たしています。屋根材の間は防水紙が張られていますが、防水紙が劣化したり切れたりすると雨漏りが発生する危険があります。

棟板金自体は金属製で、特に古いものですと錆びやすい傾向があり、腐食が進むと穴が開いてしまいます。サビの進行度合いによって、塗装でのメンテナンスが可能か、交換工事が必要かなどが変わってきます。


ただ、塗装工事の場合にも事前の錆落としや錆止めの塗布など工程も多いですから、正しい判断と適切な施工を行うためにも、専門業者にご相談いただくことをおすすめします



保塚町|40代男性のお客様からのご質問

【屋根補修工事】【外壁塗装】【屋根塗装】


自宅の屋根や外壁の点検を考えていますが、足場などが組めるか分からないほどの狭小住宅です。もともと建売で購入したので、建設時もどのように工事したのか不明です。我が家のような狭い土地の住宅でも補修工事は可能でしょうか?


三誠ホームサービスの回答



基本的に都心部の住宅は、敷地が狭く、隣家との距離が近い事例も多いです。そのような場合には、外壁や屋根は目視で点検させていただいています。

工事に関しては、住宅の外の敷地が70cm程度あれば、何とか足場設置することが可能です。それに満たない敷地しかない場合は、隣家のスペースもお借りしたり、単管足場で対応したりといった方法を考えます。


いずれにせよ、事前の点検時に立地条件や環境はきちんと調査し、施工方法や注意点もしっかりご説明しますのでご安心いただければと思います。



千住仲町|30代男性からのご質問

【屋根補修工事】【屋根葺き替え】【屋根カバー工事】【屋根塗装】


屋根の点検依頼を検討中ですが、一緒に屋根に上らせていただき、自分の目でも状態を確認したいと思っています。そのような対応はしていただけますか?


三誠ホームサービスの回答



屋根工事の場合、工事中は足場をつくるため比較的上りやすいのですが、点検時は脚立やハシゴを使用しての確認となります。そのため、お客様の安全を考慮し、基本的にはスタッフのみで対応させていただいています。屋根の状態については、丁寧に写真や動画を撮影しご覧いただけるようにいたしますのでご安心ください。


それでもご自身で目視されたいということであれば、ヘルメットの貸し出しも対応いたします。ただ、現場の状況次第にはなりますので一度ご相談いただければと思います。



六町|30代女性からのご質問

【屋根補修工事】


都内在住で、実家が埼玉にあります。現在、実家には誰も住んでおらず空き家になっていますが、先日様子を見に行ったところ、屋根の一部が剥げてしまっていました。点検や修理を検討していますが、頻繁に様子を見に行くことが難しいため、工事の様子などは都内にいながら確認する形をとることはできますか?


三誠ホームサービスの回答



ご不在の住宅であっても、点検や工事は対応いたします。その場合、工事の状況は写真をお送りしてご確認いただくことも可能です。

ただ、屋根点検であれば外からの確認で問題ございませんが、雨漏りしている場合などは内部からの調査が必要になります。その際にはお客様のご同意の上で、カギをお渡しいただき、室内を確認させていただく場合がございます。


いずれにせよ、遠方にお住いの場合にも安心して工事をお任せいただけるよう工夫いたしますので、ご安心くださいませ。



古千谷本町|50代男性からのご質問

【屋根補修工事】【屋根葺き替え】【屋根カバー工事】【外壁塗装】【屋根塗装】


工事中の工程を確認したいので、足場などに上らせていただきたいです。そのような対応は可能ですか?


三誠ホームサービスの回答



お客様のご自宅の工事であれば、基本的には直接ご確認いただけます。ただ、工事の工程や箇所によっては危険が伴うところもありますので、見学いただく際には事前にお打ち合わせさせていただきたく思います


例えば足場架設中は、鉄材を持ち運んだり組み立てたりする作業となり危険ですので、安全な場所から遠目でご確認いただければと思います。また、高圧洗浄作業なども水がかかる可能性がありますので、ご見学される場合には距離を取っていただく必要があります。

塗装工事であれば、塗料の匂いはありますが、作業自体は近くでご覧いただくことが可能です。汚れてもよい服装と、当社からお渡しするヘルメットをご着用ください。



扇|30代女性からのご質問

【屋根葺き替え】【屋根カバー工事】


自宅の瓦屋根が一部割れてしまっていて、交換を検討しています。ただ、スレート屋根や金属系の屋根よりもコストが割高になると聞いたので、金額面が不安です。