top of page

家の改修とカバー工法:プロが解説する屋根、外壁、窓サッシ、ドアの最新修理テクニック




「カバー工法」という言葉は、リフォームや修理に詳しい方なら聞いたことがあるかもしれません。この方法は、特に屋根、外壁、窓のサッシ、ドアの修理において利用される技術です。カバー工法の基本は、既存の建材をそのままにして、新しい材料を上から取り付けることにあります。この手法は、特にコストと工期の面で効率的なため、最近ではよく採用されています。今回は、この工法の費用や注意点を詳しく見ていきましょう。

【目次】

  1. カバー工法の概要

  2. 屋根におけるカバー工法の詳細と注意点

  3. 外壁のカバー工法の特徴と注意点

  4. サッシのカバー工法の詳細と費用相場

  5. ドアのカバー工法の特徴と費用相場

  6. まとめ


【1. カバー工法の概要】 カバー工法は、屋根、外壁、窓サッシ、ドアの修理において、既存の材料を保持しつつ新しい材料を取り付ける技術です。この方法は、完全な交換に比べ撤去費用や手間を省くことができ、経済的です。ただし、既存の建材の状態によっては、この工法が適用できない場合もあるので注意が必要です。


【2. 屋根のカバー工法】 屋根のカバー工法では、塗装では対応できない状態や屋根材の割れが広がっている場合に適用されます。この方法の費用相場は、建物の大きさや使用する材料によって異なりますが、一般的には100万円から250万円程度が目安です。ただし、雨漏りしている場合はこの方法を使用できないため、そのような状況では他の方法を検討する必要があります。


【3. 外壁のカバー工法】 外壁におけるカバー工法は、塗装だけでは対応できないひび割れや剥がれがある場合に用います。この方法の費用は150万円から200万円程度で、建物の形状によって費用が変動することもあります。施工にあたっては、通気を確保するための工夫が必要です。


【4. サッシのカバー工法】 サッシのカバー工法は、既存のガラス戸を取り外し、新しいサッシを上から取り付けます。これにより、断熱性や防音性の向上が期待できます。費用は概ね15万円から40万円程度で、サイズやグレードによって変動します。


【5. ドアのカバー工法】 玄関ドアのカバー工法は、既存のドアを取り外して新しいものを取り付ける方法です。これは、見た目の改善や冷気の侵入防止に有効です。費用は30万円から80万円程度ですが、ドアの種類や大きさによって異なります。


【6. まとめ】 カバー工法は、リフォームにおけるコスト削減と工期短縮の観点から、非常に有効な手法です。しかし、それぞれの修理箇所によって注意点が異なるため、プロジェクトを進める際にはこれらの点を慎重に考慮する必要があります。サンセイホームでは、屋根と外壁のカバー工事に関するご相談や見積もりを承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。




LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。


Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。