top of page

足立区千住関屋町にて劣化して色褪せた破風板の補修、板金カバー工事をおこないました


目 次



■工事のきっかけを伺いました

足立区千住寿町のお客様より、破風板についてのご相談をいただきました。


破風板が色褪せているので、補修してほしいとのことです。


今回は色褪せた破風板に、板金カバー工事をおこなうことになりました。


今回の工事の基本情報
  • 施工内容:破風板板金カバー工事 

  • 使用材料:ガルバリウム鋼板 

  • 施工期間:1日間




■ビフォーアフター

板金カバー工事の、ビフォーアフターをご覧ください。


お客様のご希望は、既存のものと同じ色で仕上げてほしいとのことでした。


既存の破風板は木材でしたので、ブラウン系のガルバリウム鋼板で施工いたしました。


見た目は、ほとんど変わらないカラーリングで仕上げることができました。


素材はガルバリウム鋼板ですので、木材よりも耐久性は向上していますよ。



■破風板について

破風は、切り妻屋根の側面部分にある部位のことです。

破風に取り付けられた板が、破風板と呼ばれます。


屋根と外壁の間にある破風板は、大切な役割があります。



■破風板の役割

破風板は、雨や風から建物を守る役割があります。


破風は、風で屋根が飛ばされないように、文字通り、風を破るように、風から家を守っているのです。


おなじような役割として、鼻かくしや雨樋があります。

破風に取り付けられているのが破風板で、軒に取り付けられているのが鼻かくしや雨樋です。





■破風板の補修もおまかせください

板金カバー工事が完了しました。


破風板は雨風が直接当たる部分なので、劣化も早いです。

破風板が損傷すると、屋根の内部に雨水が入り込み、雨漏りにつながってしまう可能性があります。


定期的なメンテナンスで、破風板の状態を点検することをおすすめします。


破風板の補修には、今回おこなった板金カバー工事のほかにも、塗装工事があります。

損傷が激しい場合は、破風板の交換をおこなうことになります。


サンセイホームでは、破風板の補修も承りますので、お気軽にお問い合わせください。





必見!プロが教える、まるで新築みたいな外壁塗装・屋根リフォームの方法!


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。


Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。