top of page

【2024年版】住まいの美観と耐久性を長期間維持するための秘訣!外壁塗装を成功させるための最適な施工時期とは?- 美しい家を保つためのポイントとタイミングの全てを徹底解説


【2024年版】住まいの美観と耐久性を長期間維持するための秘訣!外壁塗装を成功させるための最適な施工時期とは?- 美しい家を保つためのポイントとタイミングの全てを徹底解説





【著者情報】  サンセイペイント最高技術責任者  関 裕一  東京都足立区出身 戸建住宅劣化診断士・ドローンパイロット  18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。  塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

【著者情報】

サンセイペイント最高技術責任者
関 裕一

東京都足立区出身 戸建住宅劣化診断士・ドローンパイロット

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。




「新築から数年が経ち、外壁のメンテナンスを考える時期かもしれません。」「以前、外壁塗装を行ったけれど、次の塗り替えはいつが良いのだろう?」とお考えの方は多いかもしれません。外壁塗装を適切なタイミングで行うことは、大切な住まいを長持ちさせるために重要です。本記事では、2024年の視点で、外壁塗装の理想的な時期とタイミングを明確にご案内します。


1.外壁塗装の施工タイミング:10年を目安に

外壁塗装を考える際、一つの大きな目安となるのが「築10年」というタイミングです。これは、日本の住宅において、外壁の劣化が目に見えてくる平均的な期間とされています。しかし、この10年という目安はあくまで一般的な基準であり、実際には住宅の立地条件、使用されている建材、気候条件などによって前後することがあります。


なぜ築10年が目安なのか


1. 建材の耐久性

現代の住宅でよく使用される窯業系サイディングボードなどの建材は、一般的に10年程度が耐久性の目安とされています。この期間を過ぎると、材質の劣化や色褪せが顕著になり、外壁の保護機能が低下し始めるため、塗り替えが推奨されます。


2. 環境因子の影響

日本の高温多湿な気候や、塩害、酸性雨などの環境因子は、外壁材料を劣化させる大きな要因です。これらの影響で、塗膜の劣化やチョーキング現象が起こりやすく、外壁の美観を損ねるだけでなく、防水性や耐久性の低下を招くことがあります。


3. メンテナンスの重要性

定期的なメンテナンスにより、小さなひび割れや剥がれなどの初期段階の劣化を見逃さずに対処することができます。築10年のタイミングで外壁塗装を行うことは、これらの問題を未然に防ぎ、住宅の寿命を延ばすために有効な手段です。


築10年を迎えたらどうするか

築10年を迎えた住宅では、以下のステップで外壁塗装を検討することをお勧めします。


1. 外壁の状態確認

自分で外壁を視覚的に確認し、色褪せ、チョーキング、ひび割れなどの兆候がないかチェックします。特にサイディングボードの継ぎ目や、屋根との接合部など、水が侵入しやすい箇所に注意が必要です。


2. 専門家による診断

外壁の劣化が疑われる場合は、専門家による外壁の診断を依頼します。この診断により、塗り替えの必要性や、具体的なメンテナンス計画を立てることができます。


3. 塗装プランの策定

外壁塗装を行う際には、塗料の種類、色、耐候性などを考慮し、専門家と相談の上で最適なプランを策定します。また、この機会に屋根塗装や防水工事など、他のメンテナンスも合わせて検討することが望ましいです。

築10年を目安に外壁塗装を検討することは、住まいを美しく保ち、機能性を維持する上で非常に重要です。適切なタイミングでのメンテナンスは、住宅の価値を守るとともに、快適な居住空間を長く維持するための鍵となります。


2.塗装を検討すべき劣化のサイン

塗装を検討すべき劣化のサインを見極めることは、外壁のメンテナンスにおいて非常に重要です。劣化のサインを早期に発見し、適切な時期に塗装を行うことで、建物の耐久性を保ち、美観を維持することができます。以下に、主な劣化のサインとその詳細を解説します。


1. 色褪せ

外壁塗装の色褪せは、紫外線や雨風による塗膜の劣化が原因で起こります。色が薄くなったり、均一でなくなったりすることがあります。色褪せは外壁の美観を損ねるだけでなく、塗膜の保護機能が低下しているサインでもあります。


2. チョーキング

チョーキング現象は、外壁を触った時に白い粉が手に付く状態を指します。これは塗膜が紫外線によって劣化し、塗料の成分が粉末化している状態です。チョーキングが発生すると、塗膜の保護機能が低下し、さらなる劣化を早めることがあります。


3. ひび割れ(クラック)

外壁に見られるひび割れには、表面的なものから構造を損なう可能性のあるものまで様々あります。ひび割れの幅が0.3mm以下のものをヘアークラック、それ以上のものを構造クラックと呼びます。特に構造クラックは、建物の耐久性に影響を及ぼすため、早急な対応が必要です。


4. 塗膜の剥がれ・膨れ

塗膜の剥がれや膨れは、水分が外壁材内部に侵入し、塗膜と外壁材の間で膨張を起こしたり、接着力が低下したりすることで発生します。この状態が放置されると、雨水の浸入を招き、構造的な問題に繋がる恐れがあります。

5. シーリング材の劣化

シーリング材は、建物の窓周りやサイディングボードの継ぎ目など、水の侵入を防ぐために使用される材料です。このシーリング材が割れたり、剥がれたりすると、雨水の侵入を許してしまうことになります。シーリング材の劣化は、外壁塗装の機会に一緒にメンテナンスを行うべきです。

これらの劣化サインを確認したら、専門の業者に相談し、外壁塗装の必要性や時期、適切な対処法についてアドバイスを受けることが大切です。適時にメンテナンスを行うことで、住宅の寿命を延ばし、快適な住環境を保持することができます。


3.外壁塗装に最適な季節

外壁塗装を行う際に最適な季節を選ぶことは、塗装作業の効率と品質に大きく影響します。気温や湿度は塗料の乾燥時間や塗膜の品質に直接関わるため、これらの条件を満たす季節を選ぶことが重要です。以下に、各季節の特性と、それぞれのメリット・デメリットを詳しく解説します。


春(3月~5月)

春は、気温が徐々に上昇し、湿度も比較的低いため、外壁塗装に適した季節の一つです。特に気温が安定し始める4月から5月は、塗料の乾燥に最適な条件が整いやすいです。


  • メリット

  • 気温が適度で、低湿度の日が多く、塗料の乾燥に適しています。

  • 日照時間が長くなり、作業効率が良い。

  • デメリット

  • 春先の天気は不安定なことが多く、雨による作業中断が発生しやすい。

  • 花粉や黄砂などが塗装面に付着する可能性があります。


夏(6月~8月)

夏は高温多湿の季節であり、一般的に外壁塗装には不向きとされています。特に梅雨時は湿度が非常に高く、塗料の乾燥が遅れがちです。


  • メリット

  • 日照時間が長く、明るい時間帯での作業が可能。

  • 梅雨が明けると、高温で塗料の乾燥が早くなる日もある。

  • デメリット

  • 梅雨時の高湿度は塗料の乾燥を遅らせ、作業の質を下げる。

  • 高温過ぎると塗料が早く乾きすぎ、均一な塗膜が形成しにくい。


秋(9月~11月)

秋は、春と同様に外壁塗装に適した季節です。気温が適度で湿度も比較的低く、安定した天気が続くことが多いため、作業に適しています。


  • メリット

  • 安定した気候で、塗料の乾燥条件が良い。

  • 比較的雨が少なく、作業の中断が少ない。

  • デメリット

  • 秋口には台風などの影響で、天候が不安定になる可能性がある。

  • 朝晩の気温差が大きくなり、作業時間帯の選定に注意が必要。


冬(12月~2月)

冬は気温が低く、一部の塗料では適切な乾燥条件を得られない場合があります。しかし、湿度が低いため、条件が許す限りでは外壁塗装は可能です。


  • メリット

  • 低湿度であるため、塗料の乾燥が均一に進む。

  • 空気が澄んでいるため、塗装作業がしやすい日もある。

  • デメリット

  • 寒冷地では気温が5℃以下になる日が多く、塗料の乾燥に不向き。

  • 日照時間が短く、作業時間が限られる。


各季節のメリット・デメリットを考慮し、外壁塗装を計画する際には、地域の気候条件や塗料の特性、予定される天候などを総合的に判断することが重要です。また、専門業者と相談しながら、最適な時期を選定することをお勧めします。


4.塗装と同時に検討したいリフォーム

外壁塗装を計画する際には、足場を設置する必要があります。この足場設置が大きなコストとなるため、一度足場を組んだ機会を利用して、他のリフォーム作業も同時に行うことで、全体のリフォームコストを削減することが可能です。以下に、外壁塗装と同時に検討すべきリフォーム項目を詳しく解説します。


屋根塗装

外壁と同様に、屋根も日々の紫外線、雨風、温度変化などの影響を受けて劣化していきます。屋根塗装を行うことで、屋根材の保護を強化し、屋根の寿命を延ばすことができます。外壁塗装時に足場を設置しているため、追加で屋根塗装を行う場合の足場設置費用を節約できます。


太陽光パネルの設置

近年、エコロジー意識の高まりとともに、太陽光パネルの設置を検討する家庭が増えています。太陽光パネルを設置する際も、屋根へのアクセスのために足場が必要となります。外壁塗装と同時に太陽光パネルの設置を行うことで、足場設置にかかるコストを共有し、効率良くリフォームを進めることができます。


防水工事

屋根やバルコニー、ベランダなどの防水性は、長年の使用により低下していきます。外壁塗装と同時に、これらの部分の防水工事を行うことで、建物全体の耐久性を高めることができます。防水工事も足場を利用して行うため、足場設置費用の節約につながります。


窓やサッシの交換

外壁塗装の際には、窓やサッシの交換も検討すると良いでしょう。特に断熱性や防音性に優れた窓に交換することで、快適な室内環境を実現し、省エネルギーにも貢献できます。足場があることで、窓やサッシの交換作業がスムーズに行えます。


シーリングの打ち替え

建物の窓周りや外壁のつなぎ目に使用されているシーリング材は、時間の経過と共に劣化していきます。外壁塗装と同時にシーリングの打ち替えを行うことで、建物の防水性を高めることができます。足場を設置している間に、高所作業が必要なシーリングのメンテナンスを行うことができるため、作業効率が良くなります。


これらのリフォームを外壁塗装と同時に行うことで、足場設置費用の節約だけでなく、リフォーム期間の短縮や生活の中断時間の削減にもつながります。また、建物の美観を向上させると同時に、住宅の機能性や快適性を高めることが可能です。リフォームを検討する際には、専門業者と相談し、総合的なリフォーム計画を立てることが重要です。


まとめ


外壁塗装は、住宅の美観を維持し、耐久性を高めるために非常に重要なメンテナンス作業です。適切なタイミングでの塗装は、大切な住まいを長期間守るための鍵となります。以下は、外壁塗装に関する重要ポイントの総まとめです。


外壁塗装の施工タイミング


  • 築10年を目安に外壁塗装を検討することが推奨されます。建材の耐久性、気候因子の影響、定期的なメンテナンスの必要性を考慮して、外壁の状態を定期的にチェックし、必要に応じて専門家に診断を依頼しましょう。


塗装を検討すべき劣化のサイン


  • 色褪せ、チョーキング、ひび割れ、塗膜の剥がれや膨れ、シーリング材の劣化などが見られた場合は、塗装やその他のメンテナンスを検討するべきサインです。


外壁塗装に最適な季節


  • 気温5℃以上、湿度80%以下の条件で年間を通して可能ですが、春と秋は特に塗装に適した季節とされています。これらの季節は、適度な気温と低湿度で塗料の乾燥に最適な条件が揃っています。


塗装と同時に検討したいリフォーム


  • 外壁塗装時に足場を設置する必要があるため、この機会に屋根塗装、太陽光パネルの設置、防水工事、窓やサッシの交換、シーリングの打ち替えなど、他のリフォームも合わせて行うことで、費用や手間を節約できます。


外壁塗装とこれらのメンテナンスを適切なタイミングで行うことは、住宅の寿命を延ばし、快適な住環境を維持するために非常に重要です。計画的にリフォームを進めることで、コストを抑えながらも、住宅の価値を最大限に高めることが可能となります。



Comentários


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png
bottom of page