top of page

2024年最新版:坪数別・外壁塗装相場を完全網羅するガイドブック - 10坪から100坪を超える住宅まで、各サイズ別に細かく分類した詳細な見積り分析と、予算計画を立てる際の重要ポイント


2024年最新版:坪数別・外壁塗装相場のガイド - 10坪から100坪までの詳細な見積り分析




本記事では、10坪から100坪までの戸建て住宅の外壁塗装にかかる費用相場とその内訳について、サンセイペイントの見積りを例に詳しく解説します。

外壁と屋根を含めた塗装費用の見積り方法、費用を抑えるコツ、信頼できる業者の選び方まで、具体的にご紹介していきます。

これからの説明で、外壁塗装計画に役立つ情報を得ることができるでしょう。



【著者情報】  サンセイペイント最高技術責任者  関 裕一  東京都足立区出身 戸建住宅劣化診断士・ドローンパイロット  18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。  塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

【著者情報】

サンセイペイント最高技術責任者
関 裕一

東京都足立区出身 戸建住宅劣化診断士・ドローンパイロット

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。




外壁塗装相場のガイドライン:10坪から100坪までの詳細な費用相場


外壁塗装相場のガイドライン:10坪から100坪までの詳細な費用相場


目次



外壁塗装相場の全体概要


外壁塗装とその相場について、どの程度の費用が見込まれるのか?

今回は、外壁塗装の相場に基づいた戸建て住宅の塗装にかかる概算費用を、塗装面積に応じてご紹介します。


外壁塗装相場の全体概要



外壁塗装の相場と価格一覧(坪数別)



坪数

塗装面積 (m²)

費用相場

10坪

36.9

約18~45万円

20坪

79.2

約35~80万円

30坪

118.8

約55~90万円

40坪

158.4

約70~120万円

50坪

198.0

約80~150万円

60坪

237.6

約100~180万円

70坪

277.2

約120~210万円

80坪

316.8

約140~240万円

90坪

356.4

約160~260万円

100坪

396

約180~290万円

また、この表で記載されている坪数は、建築物の延べ床面積に基づいています。


例えば、1階が25坪で2階建ての場合は50坪、1階が30坪で2階建ての場合は60坪となります。


外壁の面積計算においては、住宅の延床面積を基に1.2倍して算出します。


例として25坪の家の場合、

塗装面積は次のようになります:

  • 延床面積:25坪×3.3 = 約82.5㎡

  • 塗装面積:82.5㎡×1.2 = 99㎡


この計算に基づくと、50坪の戸建て住宅では、外壁塗装には最低でも80万円程度が必要とされます。

本記事では、外壁塗装の詳細なプロセスや選択肢について、さらに深堀りして説明していきます。



屋根塗装を含む外壁塗装の費用相場を坪数別に整理した表です。

外壁塗装に加えて屋根塗装の費用も考慮すると、以下のような相場が見込まれます。


坪数

塗装面積 (m²)

総費用相場

10坪

36.9

35万~65万円

20坪

79.2

65万~100万円

30坪

118.8

75万~110万円

40坪

158.4

90万~130万円

50坪

198.0

110万~165万円

60坪

237.6

140万~195万円

70坪

277.2

150万~230万円

80坪

316.8

170万~260万円

90坪

356.4

190万~280万円

100坪

396

220万~330万円

外壁塗装と屋根塗装を同時に施工することで生じる追加費用は、基本の外壁塗装費用に20万円から40万円を加えた範囲で必要となりますが、これにより足場の設置や材料運搬の効率化が図れ、全体のコストを抑えることが可能です。


正確な塗装費用を把握するためには、塗装業者による具体的な診断と見積もりが有効です。

サンセイペイントでは、無理な営業を行わず、お客様の住まいの状態を細かくチェックし、無料で見積もりを提供いたします。


さらに、インターネットを通じて大まかな見積もりを提供するウェブサイトも存在します。外壁塗装や屋根塗装の急ぎではない場合、初めにオンラインで予想される費用を計算してみることが推奨されます。



外壁塗装相場における費用内訳の詳細


外壁塗装相場における費用内訳の詳細

見積もりを受け取る際には、合計額だけでなく、その内訳を把握することが費用の正確な理解に繋がります。外壁塗装における主な費用項目について詳しく見てみましょう。


材料費の詳細と概算、塗装作業に必要な養生シート、飛散防止ネット、隙間を埋めるシーリング材など、外壁塗装作業に必須のすべての材料費用について紹介します。これらの材料費は、全体の費用の約20%を占めることが一般的です。


これらの費用項目の把握は、見積もりの透明性を確認し、予算計画を立てる上で非常に重要です。

また、これにより業者が提供するサービスや使用される材料の質についても理解を深めることができます。



アクリル塗料で外壁塗装の費用相場


アクリル塗料は、アクリル樹脂を主要成分とする軽量でコスト効率の良い塗料です。

平方メートルあたりの価格が900円から1,500円程度と、他の塗料類と比較して手頃な価格が魅力です。

ただし、その耐用年数は3年から8年と比較的短めであり、頻繁なメンテナンスが必要になるため、主に短期的な塗り替えに適しています。


ウレタン塗料で外壁塗装の費用相場


ウレタン塗料は、優れた密着性を持つウレタン樹脂を基とした塗料で、柔軟性があります。

この特性により、複雑なデザインの壁面でも均一に塗装することが可能で、塗膜の剥がれにくさも特徴の一つです。

長年にわたって利用されてきた実績があり、施工に熟練した職人が多いため、施工の信頼性が高いという利点があります。

平方メートルあたりの価格を900円から2,000円に調整し、耐久年数は5年から10年となっており、中期的な塗り替えニーズに適しています。


シリコン塗料で外壁塗装の費用相場


シリコン塗料は、主成分としてシリコン樹脂を含む、外壁塗装に広く採用される塗料です。この塗料には水性1液型、溶剤1液型、溶剤2液型という3つのタイプがあり、溶剤1液型と溶剤2液型では品質が異なります。特に2液型は品質が高く、耐久性に優れているため、価格が少し高めですが、耐久性と耐水性のバランスが取れており、コストパフォーマンスに優れています。平方メートルあたりの費用を1,700円から3,200円に調整し、耐用年数は7年から15年とします。


ラジカル塗料で外壁塗装の費用相場


ラジカル塗料はシリコン樹脂ベースで、塗膜の劣化を抑制し耐久性を延ばします。チョーキング防止と耐候性の向上が特徴で、1平方メートルあたりの価格を2,000円から2,600円に設定し、耐用年数は10年から13年です。


フッ素塗料で外壁塗装の費用相場


フッ素塗料は、耐熱性や耐寒性を強化したフッ素樹脂配合塗料で、紫外線や酸性雨に対して堅牢です。汚れが付きにくく、雨で洗い流されやすいのが利点です。平方メートルあたりの価格を2,800円から4,500円に調整し、耐用年数を15年から20年とします。


特殊な塗料で外壁塗装の費用相場


一般的な塗料以外にも、建物の断熱性や遮熱性を向上させるセラミックビーズ配合の「セラミック塗料」や、塗膜のチョーキングや色あせ防止に無機物を組み込んだ「無機塗料」のような特別な塗料があります。

セラミック塗料の場合、1平方メートルあたりの費用を3,200円から4,800円に調整し、耐用年数は10年から25年とします。

無機塗料は、1平方メートルあたり2,800円から5,000円の範囲で、耐用年数は15年から20年と見積もられます。

外壁塗装の総費用は、選択する塗料の種類によって大きく変わり、全体で見れば数十万円の差が出ることもあります。

初期費用の安さだけで塗料を選ぶ誘惑に駆られるかもしれませんが、塗料の価格が高いほど耐用年数が長くなる傾向にあります。

長期間にわたって考えると、高価な塗料を選ぶことで、塗り替えの頻度を減らしコスト削減につながる可能性があります。


外壁塗装の仮設足場費用相場と目安


足場設置の費用と概要について説明します。

塗装作業を行う際、住宅周りに設置される足場は、作業員の安全な作業スペースを提供し、塗料の飛散を防ぐための養生シートを取り付ける重要な役割を果たします。

作業の安全性と品質を保つため、足場の設置は避けて通れません。足場設置費用は次の計算式で算出できます。


  • 設置する足場の総面積(建物外壁面積の1.3倍)×単価 = 足場設置費用


例えば、延床面積が25坪の住宅の場合、計算は以下のようになります。


  • 25坪 × 3.3 = 82.5㎡

  • 82.5㎡ × 1.3 = 107.25㎡


外壁面積を1.3倍する理由は、作業時の余裕を確保するためです。

以下は、25坪の住宅における足場設置と飛散防止シートの費用を新しい単価で算出した表です。

項目

単価(1㎡あたり)

面積(㎡)

費用範囲

足場設置

約550~750円

82.5㎡

5万5000円~8万円

飛散防止シート

約90~180円

82.5㎡

7,425円~14,850円

計算方法:

  • 足場設置費用: 足場の単価 × 延床面積(25坪 × 3.3㎡/坪 × 1.2) = 約550円~750円 × 82.5㎡

  • 飛散防止シート費用: 飛散防止シートの単価 × 同上の面積 = 約90円~180円 × 82.5㎡


この表に基づき、25坪の住宅に必要な足場設置と飛散防止シートの費用を見積もると、足場設置には約5万5000円から8万円、飛散防止シートには約7,425円から14,850円が必要となります。


この費用は、全体の約20%を占めることが一般的です。設置場所や建物の高さによって費用は変動するため、具体的な見積もりを取ることが重要です。



外壁塗装の人件費の内訳と目安


外壁塗装工事において、人件費は塗装作業を行う職人の報酬だけでなく、工事に関わる全ての人への支払いを含みます。

特に、経験豊富なベテラン職人の人件費は高額となり、職人のスキルや経験が豊富であるほど、人件費が高くなる傾向があります。

一般的に、人件費は全体の費用に占める割合として、約30%程度とされています。

この割合は、工事現場や業者によって異なる場合もありますが、一般的な目安として覚えておくと良いでしょう。


外壁塗装の飛散防止ネット張り費用相場


飛散防止ネットは、外壁塗装時に塗料が周囲に飛散しないようにするために使用される養生材料です。

また、高圧洗浄時にも汚れが飛散するため、この作業も欠かせません。

飛散防止ネットの単価は1㎡あたり約90〜180円です。


外壁塗装の高圧洗浄費用相場


外壁の塗料が劣化や汚れに覆われている場合、塗装の密着性を高めるために高圧洗浄が行われます。

汚れを取り除き、新しい塗料がしっかりと付着するための作業です。

高圧洗浄の単価は1㎡あたり約90〜270円です。


外壁塗装の養生費用相場


塗料が付着しないように、玄関のドアやサッシなどの特定の箇所をマスキングテープなどで保護する作業が養生です。

これにより、周囲への塗料の飛散を防ぎます。養生作業の単価は1㎡あたり約200〜360円です。


外壁塗装のシーリング補強費用相場


外壁にひび割れや隙間がある場合、シーリング材で補修が行われます。

シーリング材の状態により、増し打ちか打ち替えかが選択されます。

増し打ちの場合、1mあたり約400〜800円、打ち替えの場合、1mあたり約720〜1,200円の費用がかかります。


外壁塗装の下地補修費用相場


下地の劣化やひび割れがある場合、補修が必要です。

特にひび割れは雨水の侵入を防ぐために補修されます。

下地補修の単価は1㎡あたり約1,200〜2,000円です。これらの作業は外壁塗装工事の品質と耐久性を向上させるために重要です。


外壁塗装のその他運営費


その他運営費には、外壁塗装業者が現場に移動するための交通費や、工事を開始する前にかかる事務手数料など、工事に関連するさまざまな諸費用が含まれます。

また、工事中に発生する廃材の処理費用や業者の利益もこの項目に含まれます。

その他運営費は全体の費用の約30%に相当し、工事全体のスムーズな運営と品質の維持に必要な費用です。



外壁塗装相場を反映した見積り例の紹介



外壁塗装相場を反映した見積り例の紹介


外壁塗装の信頼性のある業者の見積もりサンプル


塗装業者に費用の見積もりを依頼した際、見積書の内容を確認することは非常に重要です。

以下は、実際の見積書の例を参考に、確認しておきたい見積書の箇所です:


信頼性の高い業者の見積もり例を表形式で示します:

項目

面積(m2)

単価(/円)

合計(円)

基本項目




仮設足場

128.7

550

70,785

飛散防止ネット

128.7

180

23,166

高圧洗浄(塗装部分)

123.4

180

22,212

養生

128.8

220

28,336

シーリング打ち替え

118.8

750

89,100

下地補修

-

12,000

12,000

塗装項目




下塗り(シーラー)

118.8

650

77,220

中塗り(水性セラミックシリコン)

118.8

1,800

213,840

上塗り(水性セラミックシリコン)

118.8

1,800

213,840

その他




廃棄物処理

-

8,000

8,000

運搬・交通費

-

8,000

8,000

合計金額



707,289 円

この見積もり例では、信頼性の高い業者が提供する詳細な見積もりを表形式で示しています。各項目の面積、単価、合計金額が明確に記載されており、見積もりの内訳が具体的に分かります。


外壁塗装の信頼性の低い業者の見積もりサンプル


こちらの見積書では、すべての項目が「一式」としか記載されず、金額の詳細が不透明です。作業内容や面積、単価が具体的に示されていないため、提供されるサービスや作業内容が不明確です。このような見積書を受け取った場合、必ず業者に具体的な内訳を確認することをお勧めします。説明に納得がいかない場合は、その業者に依頼を避けることが賢明です。

項目

単位

合計(円)

足場工事

一式

100,000円

飛散防止ネット

一式

25,000円

高圧洗浄

一式

20,000円

外壁塗装

一式

750,000円

合計


895,000円


外壁塗装費用の支払いオプション


外壁塗装の支払いには複数の方法があります。支払い方法には以下のような種類があります。


現金での支払い


  • 工事完了後に代金を一括で支払う方法です。工事が終わった後に代金を支払うため、安心して依頼できます。

  • 他にも、工事前と工事後の2回に分けて支払うケースや、工事前、工事途中、工事後の3回に分けて支払うケースもありますが、3回払いは通常の住宅ではあまり採用されません。

クレジットカードでの支払い


  • 近年、クレジットカードの支払いに対応する業者が増えています。

  • クレジットカードを利用すると、決済が簡単でポイントも付与されるメリットがあります。

ローンでの支払い


  • 外壁塗装の費用が高額な場合、現金を一度に用意できないこともあります。

  • ローンの相談先としては、外壁塗装業者、銀行、住宅ローンの借り入れ先などが考えられます。

注意点として、優良な業者は着工前に代金を一括請求することはほとんどありません。

業者が事前に代金を請求する場合は注意が必要で、信頼性の低い業者かもしれません。

信頼性の高い業者は工事完了後に代金を支払う方法を提供することが一般的です。



外壁塗装の相場を考慮した費用削減戦略



外壁塗装の相場を考慮した費用削減戦略


外壁塗装の費用を抑える方法についてご紹介します。


外壁塗装の見積もりを複数取得(相見積もり)


  • 外壁塗装の費用を節約するためには、複数の業者から見積もりを取得することが大切です。複数の見積書を比較して、最も経済的な業者を選びましょう。

  • 1つの業者に依頼すると、適正な価格かどうかが判断しにくく、不正規な価格設定に注意が必要です。


助成金や補助金を活用


  • 一部の自治体では外壁塗装に対して助成金や補助金が提供されていることがあります。省エネ住宅改修補助金などが該当します。

  • 条件を満たす場合、これらの支援制度を利用することで費用を削減できます。事前に自治体の制度を確認しましょう。


火災保険を有効活用


  • 住宅用火災保険は火災だけでなく、自然災害による損害もカバーすることがあります。外壁の損傷が保険対象に含まれているか確認しましょう。

  • 火災保険が適用される場合、費用を保険金で補てんすることができます。


閑散期に工事を予定


  • 外壁塗装の閑散期に工事を依頼すると、職人のスケジュールが比較的空いており、割引価格が設定されることがあります。春と秋が繁忙期で、夏と冬が閑散期です。

  • 夏は日照時間が長く、作業時間を確保しやすく、冬は気温が低いため乾燥が遅くなることがあります。


劣化が進む前に工事を計画


  • 外壁塗装の劣化が進行する前に工事を計画することで、費用を節約できます。外壁のチョーキング、クラック、カビの発生に注意しましょう。

  • 劣化が進むと修復にかかる費用が増加する可能性があります。


これらの方法を利用して、外壁塗装の費用を抑えることができます。信頼性の高い業者を選んで、予算内で工事を進めましょう。


外壁塗装相場を基にした業者選びのポイント



外壁塗装相場を基にした業者選びのポイント



外壁塗装業者の選定において、注意すべきポイントをいくつかご紹介いたします。


大幅な値引きには注意


  • 見積もりを依頼した際、相場よりも大幅に低い金額を提示する業者には注意が必要です。

  • 一部の業者は、足場代を無料と謳いながら後から追加料金を請求することもあるため、注意深く検討しましょう。

  • 住宅の不具合を装い、費用を不正に増加させる悪徳業者も存在します。


相見積もりでの値切りは避けるべき


  • 信頼性のある業者は、適切な費用を最初から見積もって提供しています。

  • 値引きを強要することは工事の品質や安全性に影響を及ぼす可能性があり、適正価格を尊重しましょう。


過去の実績を確認


  • 外壁塗装業者の選定において、過去の施工事例は非常に参考になります。

  • 施工事例の写真や詳細な情報が提供されている業者は信頼性が高いと言えます。


信頼性の高い業者の特徴


  • 信頼性の高い外壁塗装業者は、以下の特徴を持っています。

  • 丁寧な現地点検を行い、正確な見積もりを提供する。

  • 過去の実績や施工事例を詳細に公開する。

  • 仕事の品質に自信を持ち、保証期間を提供する。

  • 契約書や見積もり書を詳細に説明し、トラブルを防ぐ。


塗料メーカーの保証が付く業者を選ぶ


  • 塗料メーカーから保証が提供される業者は信頼性が高いと言えます。

  • 過去には塗料メーカーが保証を出すことは稀でしたが、信頼性の高い塗装業者には塗料メーカーから保証書が発行されます。


地元での施工実績が重要


  • 外壁塗装の評判は口コミで広がります。地元で実績が多い業者は地域社会で信頼されており、口コミ評判も良いでしょう。

  • ただし、実績が豊富な業者でも遠方での作業に対応していない場合、出張費用が発生する可能性があるため、地元から近い業者を選ぶことをおすすめします。


工事中の写真を提供してくれる業者を選ぶ


  • 点検時に写真を撮って提示してくれる業者は信頼性が高く、作業品質に自信を持っています。

  • 作業写真を提供してくれる業者は、依頼主に対して透明性があり、安心して工事を進めることができます。


これらのポイントを考慮しながら、信頼性の高い外壁塗装業者を選びましょう。

工事の品質や安全性を確保し、満足のいく結果を得るために重要です。


信頼できる外壁塗装業者の選定基準



外壁塗装業者選定時に考慮すべき要点がいくつか存在します。


外壁塗装業者選定時に考慮すべき要点がいくつか存在します。


値引き過多の業者に警戒


  • 見積もりを依頼する際、「今はキャンペーン中で大変お得です」といった言葉と共に、相場よりも大幅に低い価格を提示する業者には注意が必要です。

  • 同様に、「足場代無料」とアピールする業者にも注意が必要です。


相見積もりでの値切りはマナー違反


  • 工事代金を節約したい気持ちは理解できますが、他社との比較に基づいて値切り交渉するのは避けるべきです。

  • 更に価格を引き下げるために必要な工事期間の短縮や人員削減などは工事品質に影響を及ぼす可能性があります。


過去の実績を確認


  • 外壁塗装業者の選定において、過去の施工実績は非常に参考になります。

  • また、業者選定だけでなく、ビフォーアフターの写真を見ることで外壁塗装のイメージをつかみ、色選びの参考にもなります。


これらの要点を念頭に置き、外壁塗装業者を慎重に選定することで、相場に適した業者を見つけるのに役立ちます。安心して外壁塗装工事を進めましょう。


外壁塗装相場を踏まえた業者の比較方法



外壁塗装相場を踏まえた業者の比較方法


外壁塗装業者の信頼性を確認するためには、いくつかの特徴に注目すべきです。


相場に合った信頼性


  • 良い外壁塗装業者の選択は、外壁塗装と相場に関する知識と注意が欠かせません。

  • 信頼性の高い業者は、言い換えれば「信頼できる業者」として評価されます。


徹底した点検


  • 見積もりを口頭で提示し、細部の点検を怠る業者が存在します。

  • 点検が不十分な場合、工事が始まり、足場を組む際に予期せぬ劣化が発覚し、追加費用が発生することがあります。

  • 追加工事を防ぐためにも、点検を丁寧に行う業者の選択が重要です。


塗料メーカーの保証


  • 塗料メーカーからの保証を受ける業者は信頼性が高いと言えます。

  • 塗料メーカーの信頼が高いにも関わらず、施工が期待通りでない場合、以前は保証が提供されないことが多かったです。

  • しかし、信頼された塗装業者には塗料メーカーからの保証書が提供され、業者の品質が保証されます。


地元での実績


  • 口コミは外壁塗装の評判を広める重要な要素です。

  • 地元で多くの実績を持つ業者は、良い評判を受けており、信頼性が高いと言えます。

  • ただし、遠方の施工には出張費用がかかる可能性があるため、地域に根付いた業者を選ぶことがおすすめです。


作業中の写真提示


  • 点検時に写真を撮り、提供する業者が増えています。

  • しかし、重要なのは作業の品質です。工事中の写真を提供できる業者は、品質に自信があることを示しており、安心感を提供します。


複数の業者を比較


  • 外壁塗装の後悔を避けるためには、相見積もりを受けたり、業者とコミュニケーションを取ったりすることが不可欠です。

  • 複数の業者から無料の見積もりを取得し、予算に合った業者を選ぶことが重要です。相場感を知るためにも積極的に見積もりを依頼しましょう。


外壁塗装相場についての総括



外壁塗装相場についての総括


本記事では、戸建て住宅の外壁塗装に関する費用相場とその内訳について、10坪から100坪までの範囲で詳しく解説しました。

サンセイペイントの見積り例を基に、塗装面積に応じた費用相場、塗料の種類ごとの価格、そして外壁塗装における足場設置費用など、具体的な費用の内訳を提供しました。

さらに、費用を抑えるコツ、信頼できる業者の選び方、見積もりの比較方法、そして支払いオプションについても触れ、外壁塗装計画に役立つ情報を提供しました。

外壁塗装には多額の費用がかかりますが、適切な業者選びと事前の情報収集により、費用対効果の高い投資となります。

このガイドラインが、賢明な業者選択と外壁塗装プロジェクトの成功に役立つことを願います。

Comentarios


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png