top of page

コロニアル屋根の寿命を知り正しく守る!劣化を防ぐ維持の秘訣

コロニアル屋根は、その美しい外観と耐久性で多くの家屋に選ばれています。

しかし、その長期的な維持には、劣化の兆候を見逃さず、適切なタイミングでのメンテナンスが不可欠です。

特に、足立区周辺のようなさまざまな気候条件下にある地域では、コロニアル屋根のケアが家屋の寿命を左右することもあります。

本記事では、コロニアル屋根を長く保つための世代別のケアのポイントと、劣化のサインを見逃さないための対処法について解説します。


□コロニアル屋根の寿命を伸ばす!世代別ケアのポイント

コロニアル屋根の寿命は一般的に20~25年とされていますが、適切なメンテナンスによりこれを延長させられます。

特に、各世代の屋根には特有の注意点があり、これに適したケアを行うことが重要です。


1:コロニアルNEOの注意点

NEO、いわゆる第二世代のコロニアル屋根は、ひび割れや変色が起こりやすい特徴を持っています。

これらの劣化は、外観のみならず、屋根の機能性にも影響を及ぼすため、見つけ次第、専門家によるカバー工法や葺き替えが推奨されます。


2:コロニアルクァッドの定期点検

第三世代に位置づけられるコロニアルクァッドは、5~10年ごとの定期点検が劣化防止の鍵を握ります。

点検により早期に劣化を発見し、対処することで、屋根の耐用年数を大幅に延ばせます。




□コロニアル屋根の劣化サインとタイムリーな対処法

コロニアル屋根の美観を長く維持し、その機能を最大限に活かすためには、劣化の初期サインを見逃さず、適切な対処をすることが不可欠です。


1.色褪せと塗装の必要性

紫外線や雨風の影響で色褪せが起こった場合、塗装を行うことで美観を回復させるとともに、撥水効果を向上させられます。

特に、足立区周辺のような変化に富んだ気候では、定期的な塗装が重要です。


2.カビやコケの発生とその対策

屋根表面にカビやコケが見られる場合は、塗膜の劣化が進んでいるサインです。

このような状況では、専門の清掃とともに、場合によっては塗り替えやカバー工法への切り替えが推奨されます。


3.ひび割れの早期発見と対処

ひび割れは、雨漏りの直接的な原因とはならないものの、放置することで将来的に大きな問題を引き起こす可能性があります。

早期に専門会社による補修を行うことで、雨漏りのリスクを最小限に抑えられます。




□まとめ

コロニアル屋根を長期にわたって維持するためには、世代別の特性に応じた適切なメンテナンスが欠かせません。

「寿命までまだ時間があるから」と言って劣化のサインを見逃さず、タイムリーな対処を行うことで、コロニアル屋根の美しさと機能性を長く保てるようになります。

足立区周辺でコロニアル屋根のメンテナンスをお考えの際は、当社までご相談ください。

Comments


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png
bottom of page