top of page

足立区における外壁塗装工事と植木保護の完全マニュアル




外壁塗装工事を行う際、多くの方がお庭や植木に対する心配を持っています。「大切な植木が傷つかないか」「どのような対策が必要か」という不安は、非常に普通のことです。確かに、足場の設置や塗料の使用中に、お庭が汚れたり、植木が傷ついたりする可能性はあります。しかし、大切なお庭を守るための対策を事前に行うことで、これらのリスクは最小限に抑えることができます。

外壁塗装で起きやすい植木のトラブル5つ

外壁塗装工事においては、以下のような植木に関連するトラブルがよく発生します。

  1. 枝や葉が折れてしまう

    • 特に足場の設置・解体作業中に多く見られます。


  1. 庭木に塗料や汚れが付く

    • 外壁付近の植木や鉢植えに塗料が付着したり、高圧洗浄中に汚れが飛散することがあります。


  1. 植木鉢が破損

    • 足場の設置や塗装作業中に鉢が倒れることがあります。


  1. 植物が枯れる

    • 長時間日光や空気に触れない状態になることで、特に気温が高い時期や手入れが必要な植物では枯れるリスクがあります。


  1. 近隣の植木が傷つく

    • 近隣の家との距離が近い場合、トラブルのリスクがあります。


外壁塗装工事で植木を守るための対策3つ

これらのトラブルを防ぐためには、以下のような基本的な対策が効果的です。

  1. 植物を家から60cm以上離す

    • 移動可能な鉢植えは建物から離しておくことが重要です。


  1. 植木の上から養生をする

    • 地植えの植物の場合、ビニールなどで覆って汚れや塗料の飛散を防ぎます。


  1. 外壁近くの枝や葉を剪定

    • 大きな樹木がある場合は、塗装作業の邪魔にならないよう剪定を行います。


工事の打合せで伝えておくべき3つのポイント

業者との打合せでは以下のポイントを確認しましょう。

  1. 植木の移動や剪定について

    • お庭の配置に応じて必要な対策を伝えます。


  1. 植物を養生してもらえるか

    • 日照不足や風通しの悪さが懸念される場合は特に注意が必要です。


  1. 被害時の対応について

    • 万が一のトラブルがあった場合の対応についても確認しておきます。


まとめ

外壁塗装工事を行う際には、お庭や植木を守るための対策が非常に重要です。事前にトラブルを把握し、適切な対策を講じることで、お庭も美しく保つことができます。そして、業者との打ち合わせで要望を伝えることにより、更に安心して工事を進めることができるでしょう。



必見!プロが教える外壁塗装の見積書の見方と選び方!



LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。