top of page

外壁塗料の完全ガイド: 高品質でコストパフォーマンスに優れた塗料を選ぶためのマスタープラン - 品質、価格、性能を徹底比較し、最適な選択を支援する究極の方法


プロの視点から外壁塗料の選択ガイドを紹介します。




【著者情報】  サンセイペイント最高技術責任者  関 裕一  東京都足立区出身 戸建住宅劣化診断士・ドローンパイロット  18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。  塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

【著者情報】

サンセイペイント最高技術責任者
関 裕一

東京都足立区出身 戸建住宅劣化診断士・ドローンパイロット

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。




プロの視点から外壁塗料の選択ガイドを紹介します。


この記事では、塗料の耐久性、価格、色、そして適切な業者の選び方を包括的に解説します。

「全ての塗料が同じ」という誤解を解き、各塗料が持つ独自の特性と選択の重要性を強調します。

特に、シリコン塗料の選択を推奨し、その耐久性、価格範囲、そして性能について詳述します。

さらに、塗料選びの際に検討すべき色の選択肢と、最終的な塗装品質に大きな影響を与える業者選びの重要性も説明します。

また、塗料選びで失敗しないためのポイントと、外壁と屋根を同時に塗装するメリットにも触れます。

本文は、塗料選びの基本から応用まで、一貫した指針を提供し、読者が自分の家に最適な選択をするための知識と自信を深めることを目指します。

塗料の選び方は単純ではありません。

耐久性、性能、そしてコストが異なる多種多様な塗料が存在し、それぞれが家の保護において重要な役割を果たします。


以下は、樹脂タイプによる塗料の持続期間と市場価格の概要です。

※この情報は一般的なガイドラインとしてご提供しています。具体的な持続年数とコストの詳細は、見積もり書を通じてご自身でご確認いただくことをお勧めします。


塗料種類

耐久年数

相場価格(※1缶あたり)

アクリル

約3~5年

5,000~15,000円

ウレタン

約5~7年

5,000~20,000円

シリコン

約7~10年

15,000~40,000円

ピュアアクリル

約15年~

50,000~70,000円

フッ素

約15年~

40,000~100,000円

無機

約15年~

50,000~120,000円

光触媒

約15年~

50,000~100,000円



耐久性に関しては、一般的にシリコン塗料がおすすめで、約7~10年の持続性を提供し、15,000~40,000円の価格帯が設定されています。

性能面では、遮熱性や防水性、防汚性、防カビ性などの特性を持つ塗料があり、これらの性能は塗料を選択する際の重要な考慮事項です。

塗料の色については、製品によって利用可能な色が異なるため、契約前に色の選択肢を確認することが重要です。

最終的に、業者の選択は塗装品質に大きく影響し、良質な業者を選ぶことが重要です。

外壁塗装のコストの約20%を占める塗料代と共に、外壁と屋根を同時に塗装することの経済性も考慮するべきです。

外壁塗料の選び方は、耐久性、性能、コスト、色の選択、そして信頼できる業者の選定という複数の要素を総合的に考慮することが求められます。

特に、シリコン塗料はそのバランスの良さで推奨されています。

適切な塗料選びを通じて、長期にわたる家の保護と美観の維持を実現しましょう。


それでは、外壁塗料の選び方を深掘りして解説します。

この解説では、耐久性、性能、価格、色、および業者選びに焦点を当てます。



1. 耐久性


1. 耐久性


  • 定義: 耐久性とは、塗料が外壁を保護し、美観を維持できる期間です。

  • 重要性: 耐久性の高い塗料を選ぶことで、頻繁な塗り替えの必要性が減り、長期的にコストを節約できます。

  • シリコン塗料: シリコン塗料は約7~10年の耐久性を提供し、市場で広く利用されています。耐候性が高く、日光や雨水による劣化に強いため、長期間にわたり外壁を保護します。


耐久性についての詳細解説


耐久性は、外壁塗料を選ぶ際の最も重要な要素の一つです。

これは、塗料が外壁を保護し、その機能性と美観をどれだけの期間維持できるかを示します。


耐久性の高い塗料は、塗り替えの頻度を減らし、長期的に見てコストを節約できるため、初期投資に対するリターンが高くなります。


耐久性を決定する要因:


  1. 樹脂の種類: 塗料の耐久性は、使用される樹脂の種類に大きく依存します。シリコン樹脂、アクリル樹脂、ウレタン樹脂などがあり、それぞれ耐候性、耐水性、耐熱性などの特性が異なります。

  • シリコン樹脂: 優れた耐候性と耐久性を提供し、紫外線や雨水から保護します。

  • アクリル樹脂: 色あせや耐候性に優れていますが、シリコン樹脂ほどの耐久性はありません。

  • ウレタン樹脂: 強度と弾性があり、微小なひび割れに対する耐性があります。

  1. 塗料の成分: 塗料に含まれる顔料、添加剤、溶剤などの成分も耐久性に影響を与えます。

  2. 高品質な成分を使用している塗料は、色あせや劣化に対してより強い耐性を持ちます。

  3. 環境条件: 塗料の耐久性は、適用される環境条件によっても左右されます。

  4. 塗装工法: 塗料の耐久性は、適切な下地処理と塗装工法によっても大きく改善されます。


耐久性の評価:


  • 耐久年数: 一般的に、シリコン塗料は約7~10年の耐久性がありますが、環境や塗装の質によってはこれを上回ることもあります。

  • メンテナンスの頻度: 耐久性の高い塗料を選ぶことで、塗り替えやメンテナンスの頻度を減らし、長期的な維持管理コストを削減できます。

耐久性の高い塗料を選択することは、外壁を長期間保護し、美観を維持するために非常に重要です。

そのため、塗料選びでは、初期コストだけでなく、長期的な視点を持って耐久性を重視することが求められます。



2. 性能


2. 性能


  • 多様性: 塗料には遮熱性、防水性、防汚性、防カビ性など、さまざまな性能があります。

  • 選択の基準: 自宅の地域や環境条件に応じて、必要な性能を持つ塗料を選択することが重要です。

  • 具体的な性能:

  • 遮熱性: 太陽の熱を反射し、室内温度の上昇を抑制します。

  • 防水性: 雨水が建物内部に浸透するのを防ぎます。

  • 防汚性: 汚れが付きにくく、簡単に洗い流せるようにします。

  • 防カビ性: カビや藻の発生を防ぎます。


性能についての詳細解説


外壁塗料の性能は、塗料が提供する特定の機能や利点を指します。

これらの性能は、建物の保護、美観の維持、さらにはエネルギー効率の向上に寄与することがあります。

選択する塗料の性能を理解することは、建物の特定のニーズに最適な塗料を選択する上で重要です。


主な性能とその利点:


  1. 遮熱性

  • 定義: 遮熱性塗料は、太陽の熱を反射または吸収し、建物内部の温度上昇を抑える能力を持っています。

  • 利点: 室内の温度を快適に保ち、冷房費用の削減に寄与します。また、外壁の熱による劣化を防ぎ、耐久性を向上させる効果もあります。

  1. 防水性

  • 定義: 防水性塗料は、雨水が建物の外壁を透過するのを防ぎ、水による損傷や浸透を抑制します。

  • 利点: 壁の湿気やカビの発生を防ぎ、建物の構造的な健全性を維持します。

  1. 防汚性

  • 定義: 防汚性塗料は、汚れやほこりが外壁に付着するのを防ぎ、雨水で汚れを洗い流すセルフクリーニング機能を持つものもあります。

  • 利点: 外壁の美観を長期間保持し、清掃の手間とコストを削減します。

  1. 防カビ性

  • 定義: 防カビ性塗料は、カビや藻の成長を防ぐ特性を持ち、特に湿度が高い環境での使用に適しています。

  • 利点: 健康リスクを減らし、外壁の損傷や劣化を防ぎます。

  1. 防錆性

  • 定義: 金属表面に適用される防錆性塗料は、錆の発生を抑制し、金属部分の保護を強化します。

  • 利点: 金属部分の寿命を延ばし、修理や交換のコストを削減します。

性能の選択基準:


  • 地域の気候条件: 高温多湿、頻繁な雨、強い日差しなど、地域の気候に適した性能を持つ塗料を選ぶことが重要です。

  • 建物の位置: 建物が直射日光にさらされる位置にあるか、風雨に強くさらされるかなど、環境的要因を考慮して塗料を選びます。

  • メンテナンスの容易さ: 防汚性やセルフクリーニング機能を備えた塗料は、メンテナンスの手間を減らすことができます。

建物の特定のニーズに合わせて最適な性能を持つ塗料を選択することで、外壁を長期間にわたって保護し、維持管理コストを削減することが可能になります。

これらの性能は、外壁塗料の選択プロセスにおいて重要な考慮事項です。



3. 価格


3. 価格


  • コストパフォーマンス: 耐久年数と性能を考慮して、価格の妥当性を判断します。

  • シリコン塗料の価格: 約15,000~40,000円の範囲であり、耐久性と性能のバランスを考慮すると、コストパフォーマンスが高いと言えます。


価格についての詳細解説


外壁塗料の価格は、塗料の種類、品質、性能、そして市場での需要によって大きく異なります。

価格を理解し、評価することは、予算内で最適な塗料を選択し、長期的なコスト効率を確保する上で重要です。


価格決定の要因:


  1. 樹脂の種類と品質: 高品質な樹脂(例えば、シリコン樹脂)を使用した塗料は、一般的に耐久性が高く、長期間にわたって外壁を保護しますが、コストも高くなります。

  2. 添加剤と特殊機能: 遮熱性、防水性、防カビ性などの特殊機能を提供するための添加剤や技術が使用されている塗料は、これらの特性を持たない塗料よりも価格が高い傾向があります。

  3. ブランドと製造元: 信頼できるブランドや高い評価を受けている製造元の塗料は、品質保証やアフターサービスの面で価値があると考えられ、価格が高めに設定されていることがあります。

  4. 市場での需要と供給: 特定の塗料や成分が人気を集めたり、原材料の価格が変動したりすることで、塗料の価格に影響を与えることがあります。


価格と耐久性の関係:


  • 初期投資と長期コスト: 初期の塗装コストは高くなるかもしれませんが、耐久性が高く、メンテナンスが少ない塗料は、長期的にはコスト効率が良い選択となることが多いです。


予算内での最適な選択:


  1. 全体的な費用対効果の評価: 初期投資だけでなく、塗料の耐久性、メンテナンスコスト、塗り替え周期を考慮した総コストで評価することが重要です。

  2. 見積もりの比較: 複数の業者から見積もりを取り、同じ仕様の塗料に対する価格を比較します。

  3. 価格交渉: 一部の業者では、大規模なプロジェクトや長期的な顧客関係を築くために、価格交渉に応じることがあります。


価格は外壁塗料を選択する上で重要な要素の一つですが、最も安い塗料を選ぶことが常に最良の選択とは限りません。

塗料の性能、耐久性、および長期的なコスト効率を総合的に評価し、最終的な選択を行うことが重要です。



4. 色


4. 色


  • 選択肢: 塗料の種類によって、利用可能な色の範囲が異なります。

  • 重要性: 色は外壁の印象を大きく左右します。契約前に色の選択肢を確認し、建物のスタイルや周囲の環境に合った色を選ぶことが重要です。

  • 注意点: 色見本で見る色と実際に塗装した後の色の印象が異なる場合があるため、色選びは慎重に行う必要があります。


色についての詳細解説


外壁塗料の色選びは、建物の外観に大きな影響を与える重要な要素です。

色は単に美観に寄与するだけでなく、熱の吸収や反射にも影響を及ぼし、建物のエネルギー効率にも関わってきます。


色の選択が重要な理由:


  1. 美観と調和: 建物の周囲の環境や風景、近隣の建物との調和を考慮して色を選ぶことで、全体として見た時の美観を向上させることができます。

  2. エネルギー効率: 明るい色の塗料は太陽の熱を反射しやすく、暗い色は熱を吸収しやすい傾向にあります。これにより、建物の冷暖房費用に影響を及ぼすことがあります。

  3. 心理的影響: 色には心理的な影響があり、居住者や訪問者の気分や感情に影響を与えることがあります。


色選びのポイント:

  1. 環境との調和: 周囲の自然環境や建築様式に合わせた色を選ぶことで、景観に溶け込む外壁を実現できます。

  2. 耐候性: 色によっては、紫外線や環境条件による退色の度合いが異なります。

  3. 機能性とのバランス: 遮熱性や反射性などの機能性を考慮して色を選ぶことも重要です。

  4. 流行と個性: 流行の色を取り入れることで、建物に現代的な印象を与えることができますが、長期間にわたって外観を維持したい場合は、時代に左右されない色選びが重要です。


色選びの注意点:

  • 色見本と実際の色の差異: 色見本で見た色と、実際に塗装した後の色は、光の当たり方や周囲の環境によって異なる印象になることがあります。

  • 地域の規制と制限: 一部の地域や住宅地では、外壁の色に関する規制がある場合があります。


外壁の色選びは、美観、機能性、環境との調和を考慮しながら、建物の個性を表現する機会です。

色の選択に際しては、これらのポイントをバランス良く考慮し、長期的な視点での判断が求められます。



5. 業者選び


5. 業者選び


  • 品質の影響: 塗装工事の品質は、選択した業者によって大きく左右されます。

  • 選定基準: 経験、実績、口コミ、見積もりの明確さなどを基準に、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

  • 相見積もり: 複数の業者から見積もりを取ることで、サービスと価格の比較が可能になります。


業者選びについての詳細解説


外壁塗装を成功させるためには、信頼できる塗装業者の選定が非常に重要です。

適切な業者を選ぶことで、質の高い塗装が保証され、塗料の性能を最大限に引き出すことができます。


業者選びのポイント:


  1. 実績と経験: 長年にわたり多くの塗装プロジェクトを成功させてきた業者は、技術力が高く、信頼できる指標となります。

  2. 専門知識: 特定の塗料や塗装技術に関する専門知識を持つ業者を選ぶことが重要です。

  3. 見積もりの透明性: 明確で詳細な見積もりを提供する業者を選びましょう。

  4. コミュニケーション: プロジェクトの成功には、業者との良好なコミュニケーションが不可欠です。

  5. アフターサービス: 塗装後のフォローアップや保証を提供する業者を選ぶことで、将来的な問題にも対応してもらえます。


業者選びの注意点:


  • 複数の見積もりの比較: 複数の業者から見積もりを取り、サービスと価格を比較します。

  • 資格と認証: 塗装業者やその従業員が適切な資格や認証を持っているかを確認します。

  • 契約書の確認: 契約を結ぶ前に、契約書の内容をよく理解し、すべての条件に同意することが重要です。


信頼できる塗装業者の選定は、塗装プロジェクトの成功を左右する重要なステップです。

業者選びの際は、これらのポイントを念頭に置き、長期的な視点で最適なパートナーを選択することが重要です。



まとめ


まとめ


外壁塗料の選定から業者の選択に至るまで、建物の外観を保護し維持するプロセスは、多岐にわたる検討事項を含みます。

耐久性、性能、価格、色の選択、そして最終的には実施する塗装業者の選定にいたるまで、各段階では異なる要素が重要視されます。

耐久性の高い塗料を選ぶことで長期間にわたって外壁を保護でき、性能に優れた塗料は特定の気候条件や環境要因に対する耐性を提供します。

価格の面では、初期投資だけでなく、長期的な維持管理コストを考慮することが賢明です。

色選びにおいては、建物の美観に加えて、エネルギー効率や環境との調和を考慮する必要があります。

業者選びは、これら全ての要素を統合する最終段階であり、プロジェクトの成功を左右する決定的な要因となります。

経験豊富で信頼できる業者は、高品質な仕上がりを保証し、適切な塗料の選定から塗装工程の実施、そしてアフターサービスに至るまで、顧客のニーズに応えるサービスを提供します。

従って、外壁塗装を検討する際には、単にコストや見た目だけでなく、塗料の技術的な側面と業者の質にも注目することが求められます。

総合的に考慮すれば、外壁塗装は単に外観を美しく保つためだけのものではなく、建物を長期にわたって保護し、その機能性を維持するための戦略的な投資です。このプロセスを通じて、建物の価値を高め、居住者の快適性を向上させることが可能になります。

したがって、外壁塗装を成功させるためには、適切な塗料の選定から信頼できる業者の選択に至るまで、綿密な計画と慎重な判断が不可欠です。

これらの要素を総合的に考慮することで、建物の美観と機能性を長期にわたって維持し、最終的には建物の寿命を延ばすことに寄与することができるでしょう。