top of page

スレート屋根の耐用年数を最大限に伸ばす!実践的メンテナンス術

スタイリッシュなデザインと耐久性の高さで近年ニーズが高まっているストレート屋根。

とは言え、いずれメンテナンスが必要になるもの。

そこで、スレート屋根の耐用年数を最大限に伸ばし、効率的かつコストを抑えたメンテナンスを行う方法を知っておきたいですよね。

今回は、足立区周辺にお住まいで、スレート屋根のメンテナンスに関心がある方に、ストレート屋根の耐用年数とメンテナンス方法をご紹介します。


□スレート屋根の寿命と早見えするサイン

スレート屋根はその耐久性で知られていますが、約30年がその寿命の目安とされています。

しかし、この寿命は適切なメンテナンスを行うことで、さらに延ばせるのです。

以下に、スレート屋根の寿命とその延ばし方について解説します。


1.スレート屋根の基本寿命

スレート屋根の平均寿命は約30年と言われています。

色あせや塗膜の剥がれ、カビの発生はメンテナンスや葺き替えを検討すべき早いサインです。

特に、2004年以前の製品ではアスベストが含まれている可能性があり、取り扱いには特に注意が必要です。


2.メンテナンスの重要性

スレート屋根は、約5年ごとの定期点検が推奨されています。

薄い屋根材であるため、飛来物による衝撃や塗膜の剥がれが原因で、雨水が侵入しやすくなり、屋根の反りやひび割れを引き起こす可能性があります。




□スレート屋根を長持ちさせるメンテナンス法

スレート屋根の寿命を延ばす鍵は、定期的な点検と適切なメンテナンスにあります。

以下に、スレート屋根のメンテナンスのポイントを具体的に紹介します。


1.コケやカビの除去

コケやカビは屋根の劣化を早めるため、発見次第、速やかに除去することが推奨されます。

特に、コケは根を張ることでスレート屋根にひび割れを引き起こすおそれがあります。

凍害によるダメージを防ぐためにも、高圧洗浄やバイオ洗浄を専門会社に依頼することが重要です。


2.くぎの抜けや瓦ずれの補修

経年劣化によりくぎが抜けると、瓦がずれて雨漏りの原因になります。

くぎの打ち直しや瓦の補修を行うことで、被害を広げずに済みます。


3.ひび割れや欠けの補修

スレート瓦のひび割れや欠けを放置すると、雨水が浸透し、屋根の寿命を短縮します。

ひび割れ箇所にはコーキングを打ち、欠けている部分は葺き替えることで、雨漏りを防ぎます。


4.屋根塗装の実施

定期的な塗装はスレート屋根の寿命を延ばします。

10年に一度の塗装と点検を心がけ、特に棟板金のサビや劣化もチェックしましょう。

専門会社による施工が、屋根の寿命を大きく左右します。




□まとめ

スレート屋根の寿命は、適切なメンテナンスと定期的な点検によって大幅に延ばせます。

そのため、色あせや塗膜の剥がれ、カビの発生はメンテナンスのサインとして認識し、早期の対応を心がけましょう。

本記事を参考にして、スレート屋根のメンテナンスを通じて、より快適で安全な住環境を維持してください。

足立区周辺で、ストレート屋根に関する疑問や不安がある方は、当社までお気軽にご相談ください。

コメント


LP-02.webp
TOP-04.jpg