top of page

ひび割れや劣化の進んだ外壁は塗装よりもカバー工法や張り替えを!ツタ放置は外壁を傷めるデメリット大。



1級外壁・屋根調査士の関です。


T.R様からのご依頼で外壁と屋根の現地調査に参りました!



ご依頼内容


正面外壁をカバー工法


右面外壁を塗装


屋根塗装


ベランダ防水

 

「値段は安いほうが良いけど、良い提案をしてほしい」

「既に決まっている内装リフォームに合わせて屋根外壁もリフォームを進めたい」

 

以上のご要望を踏まえ、点検とお見積をいたします。




カバー工法とは?

古い外壁の上に新しい外壁を重ね張りする。経年劣化が激しい外壁におすすめの方法です。


外観
東京都中央区月島 延床面積83平米 25.11坪



外壁塗装の現状


築40年の中古物件、3階建ての一軒家。

10年以上前に一度施工されています。

外壁の材質はモルタルです。




ひび割れとツタ


点検していくと、複数のひび割れやツタ、苔、藻がみられます。

外壁リフォームにあたり、撤去します。


ツタとひび割れ
壁に這うツタ


■ツタを放置するデメリット

 

 根を張ったり壁のつなぎ目に食い込んだりして外壁を傷める


 モルタル材にダメージを与えて剥がすことがある

 

 雨水が乾きにくくなって藻や苔、害虫を発生させる

                                      など。





張り替えのススメ


外壁内部にまで腐食が進んでいる場合は塗装やカバー工法ではなく張り替えが最適です





コーキングのひび割れ


経年劣化で割れが深くなっているので、打ち替えが必要です。

コーキングのひび割れ




ベランダの防水加工


苔が生えてしまっておりますので、この機会に掃除させていただき、防水加工できればと思います。

ベランダの苔





現地調査を終えて


築40年ということもあり、外壁の損傷が多く見られました。


お客様は塗装やカバーだけでなく張替えのご検討もされているので

状態に合ったリフォームプランを専門的な視点からご提案できればと思っております!


お客様は相見積りをされる中で

「不透明な業界のため真摯に対応してくれる優良業者を探している」

話していらっしゃっいました


丁寧な説明と分かりやすいお見積りをこころがけ、少しでも安心し、納得の形でお任せ頂けるよう、サンセイホーム一同尽力してまいります。





 




担当者より


担当者

今回の調査をさせていただいた関です。


塗装業に従事して18年になります。

ただ直向きに知識と経験を積み重ねて

「お客様にとって良い工事とは?」を研究しながら

邁進してきました。


今ではあらゆるお客様のお困り事に対応できる自信があります。建物診断から施工まで是非私にお任せください!



Comments


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png
bottom of page