top of page

外壁を彩る革新: 多彩模様塗料の選び方、施工事例、おすすめ製品ガイド


外壁塗装を次のレベルへと引き上げる「多彩模様塗料」の魅力を深掘り。理想の外壁を実現するための選び方、プロが選ぶおすすめ製品、そして成功事例の紹介を通じて、建物に独自性と美しさをもたらす方法をご紹介します。

多彩模様塗料についての詳細解説

多彩模様塗料は、外壁や内装の塗装に革新をもたらす特殊な塗料です。従来の単色塗料と異なり、多彩な色彩と質感を持ち、建物に独特の表情を与えます。この解説では、多彩模様塗料の定義、成分、特徴、利点、および適用例について詳しく説明します。



【著者情報】  サンセイペイント最高技術責任者  関 裕一  東京都足立区出身 戸建住宅劣化診断士・ドローンパイロット  18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。  塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

【著者情報】

サンセイペイント最高技術責任者
関 裕一

東京都足立区出身 戸建住宅劣化診断士・ドローンパイロット

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。





多彩模様塗料とは

多彩模様塗料は、複数の色や素材を組み合わせた塗料で、使用することで壁面に天然石やその他自然素材を模したり、幾何学的な模様や抽象的なデザインを表現することが可能です。特別な技術で製造され、様々な塗膜チップや有色骨材、ゲル状の粒などが混合されています。


主な成分と構造


塗膜チップ

多彩模様塗料における主要な彩りを提供する成分。様々な色や形の小さなチップが塗料に混ぜられ、乾燥後の塗装面に多様な色彩と質感をもたらします。

有色骨材

天然石や金属、ガラスなどの微細な粒子。これらは塗料に混入され、特定の質感や光沢、そして立体感を塗装面に付与します。

ゲル状の粒

塗料に混ざるゲル状の粒子は、塗装後に独特の凹凸や模様を形成し、触感や光の反射によってさらに多様な表情を生み出します。


多彩模様塗料の特徴


多様な表現が可能

多彩模様塗料は、単一の色や質感にとどまらず、組み合わせによって無限の表現が可能です。自然の素材を模倣したものから、現代的な抽象的なデザインまで、幅広いニーズに応えます。

独特の質感と立体感

成分の特性により、塗装面は単に色が変わるだけでなく、触感や光の反射によって独特の質感と立体感を実現します。これにより、視覚的な魅力が増します。

利点と適用例

利点

  • 独自性のあるデザインが可能

  • 天然素材のような質感を低コストで再現

  • 建物の価値を高める美観を提供

適用例

  • レストランやカフェの特徴ある壁面

  • 住宅の外壁で高級感を出す

  • 公共施設や商業施設のアクセント壁

まとめ

多彩模様塗料は、その多様な成分と構造により、従来の塗料では実現できない豊かな表現力を持っています。独自性と美観を追求する建築プロジェクトにおいて、重要な役割を果たすことが期待されます。


多彩模様塗料の施工事例と仕上がりの印象に関する詳細解説

多彩模様塗料を使用した施工事例は、その独特の質感と色彩で、建物に個性と美しさを加えます。ここでは、施工事例とそれぞれの仕上がりの印象について、具体的な例を挙げながら詳しく解説します。


施工事例1: モダンな住宅外壁

特徴

この事例では、グレー系の多彩模様塗料を使用し、自然光の下で石のような質感が浮かび上がる外壁を実現しています。細かい黒と白のチップが混ざり合い、モダンで洗練された印象を与えます。

仕上がりの印象

  • 高級感と現代的な雰囲気

  • 自然素材を思わせる独特の質感

  • 光の変化による表情の変化


施工事例2: カフェのアクセント壁

特徴

カフェの内装に、暖色系の多彩模様塗料をアクセント壁として採用。温かみのある色合いと、不規則な模様が、居心地の良い空間を演出しています。

仕上がりの印象

  • 暖かくて落ち着いた雰囲気

  • 親しみやすい印象

  • 独特のデザインが空間にアクセントを加える


施工事例3: 商業施設のファサード

特徴

商業施設のファサードに、ブルーとホワイトの多彩模様塗料を使用。海を連想させる爽やかな色彩が、施設の特徴を際立たせています。

仕上がりの印象

  • 明るく爽やかな雰囲気

  • 空間に開放感を与える

  • 訪れる人に清涼感を提供


施工事例4: オフィスビルのエントランス

特徴

オフィスビルのエントランスに、黒と金色の多彩模様塗料を採用。金色のチップがアクセントとなり、格式高い印象をエントランスにもたらしています。

仕上がりの印象

  • 威厳と高級感を演出

  • ユニークでありながら落ち着いたデザイン

  • 訪問者に強烈な第一印象を与える


まとめ

多彩模様塗料を使用した施工事例は、その仕上がりの印象によって、建物の用途やデザインコンセプトに大きく貢献します。モダンからカジュアル、高級感あふれるデザインまで、多彩模様塗料は幅広いニーズに応えることができるため、建築やインテリアデザインの分野で高い評価を受けています。


多彩模様塗料で外壁塗装を検討する前に知っておくべき3つのポイント

外壁を多彩模様塗料で塗装することを検討する際には、その特性や施工方法、コストなど、いくつかの重要なポイントを事前に理解しておく必要があります。ここでは、外壁塗装を成功させるための3つのキーポイントを詳しく解説します。


1. 多彩模様塗料の特性を理解する

独特の質感と仕上がり

多彩模様塗料は、従来の単色塗料とは異なり、様々な色や質感を持ち合わせています。これらの特性が、建物に独特の外観を与えるため、どのような質感や模様が期待できるのかを事前に理解しておくことが重要です。

色の選定と組み合わせ

使用する塗料の色や、それらの組み合わせによって、大きく印象が変わります。目的とする外観や建物のスタイルに合わせた色選びを慎重に行う必要があります。

2. 施工方法の選定

吹き付け塗装とローラー塗装

多彩模様塗料の塗装には、主に吹き付け塗装とローラー塗装の二つの方法があります。吹き付け塗装はより均一で細かい模様を生み出すことができる一方、ローラー塗装は手軽に施工できる利点があります。塗装する面積や仕上がりの質感に応じて、適切な施工方法を選定することが大切です。

専門業者による施工

多彩模様塗料の施工は専門的な技術を要するため、経験豊富な専門業者に依頼することが望ましいです。塗料の性質を最大限に活かすためにも、施工実績を確認し、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

3. コストの検討

初期コストと維持コスト

多彩模様塗料は、一般的な塗料に比べて初期コストが高くなる傾向があります。しかし、耐久性やメンテナンスの容易さを考慮すると、長期的にはコストパフォーマンスが良い場合もあります。初期投資と維持管理のコストを総合的に検討し、予算に合った選択を行うことが必要です。

価値の向上

多彩模様塗料を使用することで、建物の美観が向上し、それによって不動産としての価値が高まる可能性もあります。塗装を通じて建物の魅力を最大限に引き出し、長期的な価値を考慮した上での投資と捉えることも一つのアプローチです。

まとめ

多彩模様塗料での外壁塗装を成功させるためには、塗料の特性や施工方法、そしてコストについての十分な理解が必要です。これらのポイントを踏まえた上で計画を進めることで、建物に付加価値をもたらし、長期にわたってその美しさを保つことが可能になります。


外壁塗装のプロが選ぶ、おすすめの多彩模様塗料5選

外壁塗装をする際、多彩模様塗料はその独特の質感と美しさで人気があります。ここでは、外壁塗装のプロが推薦するおすすめの多彩模様塗料5選を紹介し、それぞれの特徴や適用例について解説します。

1. アステックペイントのグラナートSP

特徴

アステックペイントのグラナートSPは、耐久性と防水性に優れた多彩模様塗料です。石のような自然な質感を実現し、外壁に深みと高級感をもたらします。

適用例

高級住宅の外壁や、自然素材を用いたデザインが好まれる商業施設のファサードに最適です。

2. 日本ペイントの水性ペリアートUV

特徴

日本ペイントの水性ペリアートUVは、UVカット機能を持ち、色あせしにくいのが特徴です。豊富なカラーバリエーションで、明るくポップな外観を演出します。

適用例

カフェや小売店など、若い世代をターゲットとした施設の外壁塗装に適しています。

3. 関西ペイントの水性ゾラコートEX

特徴

関西ペイントの水性ゾラコートEXは、優れた耐候性を誇り、長期間にわたって美しい外観を保持します。環境にやさしい水性塗料で、施工性も良好です。

適用例

公共施設やオフィスビルなど、多くの人が訪れる建物の外壁塗装に最適です。

4. 菊水化学工業のパステルフレーバー

特徴

菊水化学工業のパステルフレーバーは、優れた防カビ・防藻性能を持ち、特に湿気が多い地域での使用に適しています。柔らかなパステルカラーが特徴で、温かみのある外観を作り出します。

適用例

保育園や学校、病院など、柔らかく温かい雰囲気を求める施設の外壁に適しています。

5. ダイフレックスのダイヤカレイド

特徴

ダイフレックスのダイヤカレイドは、特殊な技術によりダイヤモンドのような輝きを持つ塗料です。日中は太陽光に反射して輝き、夜は照明によって異なる表情を見せます。

適用例

高級感を出したい商業施設や、夜間のライトアップを考慮した建築物の外壁に最適です。

まとめ

これらの多彩模様塗料は、それぞれ独特の特性と魅力を持っており、外壁塗装において幅広い選択肢を提供します。建物の用途やデザインコンセプトに合わせて、適切な塗料を選ぶことが重要です。専門家と相談しながら、建物に最適な塗料を選定しましょう。


多彩模様塗料以外のユニークな外壁塗装方法

外壁塗装には、多彩模様塗料以外にもさまざまなユニークな塗装方法が存在します。これらの方法は、建物に個性的な外観を与えるだけでなく、機能性を高める効果も期待できます。以下に、そのような塗装方法のいくつかを詳しく解説します。

1. 意匠性塗料の使用

特徴

意匠性塗料とは、特殊な加工が施された塗料で、外壁に独特の質感や模様を作り出すことができます。例えば、砂のような質感や、光沢のあるメタリックな仕上がりなど、多様な効果が得られます。

適用例

デザイン性を重視した商業施設や、モダンな住宅の外壁に適しています。特に、アクセント壁として一部分に使用することで、建物全体の印象を大きく変えることが可能です。

2. サイディングボードの活用

特徴

サイディングボードは、外壁材の一種で、塗装の必要がない場合もあります。しかし、特殊な塗装を施すことで、木目調や石目調など、自然素材のような外観を実現できます。

適用例

自然との調和を図りたい住宅や、耐久性とメンテナンスの容易さを求める公共施設などに適しています。

3. ステンシル塗装

特徴

ステンシル塗装は、カットされたテンプレート(ステンシル)を使って、壁面に模様やロゴ、イラストなどを描く方法です。この技術を用いることで、外壁にオリジナリティあふれるデザインを施すことができます。

適用例

店舗のブランディングや、施設の案内表示、住宅の装飾など、目的に応じて幅広く利用できます。

4. フォトカタリティック塗料

特徴

フォトカタリティック塗料は、太陽光の作用を利用して、汚れを分解し、空気を浄化する機能を持つ塗料です。外壁塗装にこの塗料を使用することで、自己清浄機能を持たせることができます。

適用例

環境負荷を考慮したビルや、美観を長期間保ちたい住宅などに適しています。

5. 熱反射塗料

特徴

熱反射塗料は、太陽光の熱を反射させることで、建物内部の温度上昇を抑える効果があります。エネルギー効率の良い建物を目指す際に有効な塗装方法です。

適用例

高温多湿の地域にある住宅や、冷房費用の削減を図りたいオフィスビルなどに適しています。

まとめ

多彩模様塗料以外にも、建物の外観を美しく、また機能的にするための様々な塗装方法が存在します。これらの方法を適切に選択し活用することで、建物の価値を高め、より良い居住環境や商業空間を実現することが可能です。


多彩模様塗料を活用した外壁塗装の実現に向けた総まとめ

多彩模様塗料を使用することで、外壁に自然素材に匹敵する質感や見た目を与え、建物全体の印象を大きく変えることができます。本記事で触れた施工事例、選び方のポイント、おすすめの製品を踏まえ、理想の外壁塗装を実現するための具体的なアプローチを詳しく解説します。


理想の外壁塗装を計画する

目的とスタイルの明確化

  • 建物の特性と目的を考慮: 居住用途の建物か、商業施設かによって、外壁塗装の目的は大きく異なります。デザイン性を重視するか、機能性(例えば、自浄作用や熱反射性)を優先するかを明確にしましょう。

  • スタイルの選定: モダン、トラディショナル、ナチュラルなど、建物に求めるスタイルを定めます。これが、色や質感の選択の基準となります。


施工事例から学ぶ

成功事例の分析

  • 事例の参照: 実際に多彩模様塗料を用いた成功事例を参考にし、どのような色や模様が使われているか、どのような効果が得られているかを分析します。

  • 応用の考え方: 自身のプロジェクトに事例をどう応用できるかを考え、具体的なアイデアを形成します。


多彩模様塗料の選び方

製品選定のポイント

  • 質感と色: 建物のスタイルや外壁の素材に合う質感、色を選びます。サンプルやカタログ、実際の施工事例を参考にして決定しましょう。

  • 耐久性と機能性: 耐候性、防カビ性、自浄機能など、製品の持つ機能性も重要な選定基準です。


おすすめ製品の活用

プロ推薦の製品

  • 製品の特徴: アステックペイントのグラナートSPや日本ペイントの水性ペリアートUVなど、各製品の特徴を理解します。

  • 適用事例: 推薦される製品がどのような建物や環境で使用されているかを確認し、自身のプロジェクトに適用可能かを検討します。


まとめ

多彩模様塗料を用いた外壁塗装は、建物に独自性と美しさをもたらします。この記事で紹介した施工事例、選び方のポイント、おすすめ製品を参考にしながら、計画的にプロジェクトを進めることが重要です。理想の外壁を実現するためには、目的とスタイルの明確化から始め、適切な製品選定、正確な施工方法の選択に至るまで、慎重に検討しましょう。

Comments


LP-02.webp
TOP-04.jpg