top of page

足立区弘道で外壁のクラックからの雨漏り!コーキング補修と外壁塗装で解決


目 次



■工事のきっかけを伺いました

足立区弘道のお客様より、雨漏りについてのご相談をいただきました。


お家の中に雨漏りがしているとのことで、すぐに点検に伺いました。


外壁にクラックが発生しており、この部分からの雨漏りが考えられます。


今回は、雨漏り箇所のクラックの補修と塗装工事で、雨漏りを解決しました。


今回の工事の基本情報
  • 施工内容:外壁補修工事・外壁塗装工事 

  • 使用材料:パーフェクトトップ 

  • 施工期間:14日間 

  • 築年数:40年




■外壁の点検で、雨漏り箇所を特定

点検の様子。


外壁にクラックが発生しており、この箇所から雨漏りしていると考えられます。


またシーリングも劣化しており、破断も見られました。


雨漏りしているのは外壁の1面だけでしたが、全体的に劣化しているので、外壁全体の塗装工事をご提案いたしました。



■工事開始:足場の架設

足場の設置の様子。


ホコリや塗料の飛散などを防ぐための、メッシュシートも取り付けます。


そして、これから2週間の工事になりますので、工事の前に、近隣の住宅へのご挨拶をさせていただきました。

その際に、工事の内容も説明いたします。





■高圧洗浄で汚れを洗い落とします

高圧洗浄で、外壁の汚れを洗い落とします。


今回は外壁からの雨漏りのため、あまり強力に洗浄していません。

洗浄時に、クラック部分に水を流し、雨漏り箇所の特定をしています。


【右の画像】今回使用した塗料です。



■外壁のクラック部分をコーキング補修

塗装の前に、クラックしている部分の補修工事をおこないます。


ひび割れている箇所に、コーキング材を充填しました。


洗浄時に特定したクラック部分にも、しっかりとコーキングをしているので、雨漏りは解消です。





■パーフェクトトップで外壁塗装

サッシ周りなど塗装をおこなわない部分に、ていねいに養生を施し、いよいよ塗装です。


下塗り→中塗り→上塗りと、塗っていきます。


下塗りはマスチック工法を採用しています。

1度塗りで厚膜に仕上がり、耐久性も高くなります。


凸凹のある模様に仕上げるのは、テクニックが必要です。

マスチック工法は、職人技ともいえるでしょう。


【右の画像】下塗りが完了した様子。

中塗りと上塗りの様子。


使用したのは、日本ペイントの「パーフェクトトップ」です。

ラジカル制御技術で、紫外線による劣化を抑える効果があります。


塗料によって、耐用年数や効果も違ってくるので、塗料選びはとても大切。

パーフェクトトップは耐久性に優れたラジカル塗料で、最近人気のハイグレードな塗料です。





■門塀、付帯部分の塗装

門塀の塗装の様子。


門塀の色褪せが見られましたので、こちらも塗装しています。


雨樋など、付帯部分の塗装もおこないました。

塗装終了後、最後の確認をおこないます。


特にサッシ周りなど塗り残しがないか、はみ出しがないかをチェックしています。


■工事が完了しました。

最後に足場を解体して、今回の工事は全て完了です。


お客様からは「外壁もきれいになり、雨漏りの不安も解消できてよかったです。」とのうれしいお言葉をいただきました。


雨漏りが起こったら、まずはサンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス)のヌリプロ110番にお問い合わせください。

すぐに点検にお伺いし、雨漏りの原因を特定、最適な工事をご提案いたします。





必見!プロが教える外壁塗装の見積書の見方と選び方!



LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Comments


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png