top of page

足立区花畑にて築20年の屋根と外壁塗装工事をパーフェクトトップND-155で施工



目次



お客様が屋根と外壁塗装工事を弊社に依頼した理由


今回は、足立区花畑にお住まいのお客様です。


築年数は今年で20年になります。


以前に外壁のメンテナンスをしたことがありますが、屋根は一度もケアをしていないとのことです。


一度もメンテナンスをしていないので、屋根の状態がとても気になるご様子でした。


もし屋根が傷んでいるようなら、屋根修理をしたいとのことです。


屋根の塗装では足場を組む必要があり、足場を組むのであれば外壁塗装も一緒にしたいとのことで、屋根だけでなく外壁も一緒に点検し、塗装工事をすることとなりました。



屋根と外壁塗装工事の施工前と施工後の写真です



屋根と外壁塗装工事内容


今回の工事内容は、外壁塗装と屋根塗装、サイディングの張り替えです。


工事をするのは、築20年経過したお宅です。


塗装では「パーフェクトトップND-155」、「ファインパーフェクトベストダークグレー」を使用しました。


施工期間は21日で、保証年数は10年です。





点検時の様子です

上の写真は屋根を点検したときの様子です。


今回のお宅では屋根に化粧スレートを使用しています。


この屋根材は撥水性や防水性のないセメントベースなので、定期的な塗装メンテナンスが必要です。


塗料の性能は、環境によって違いがありますが、7年から10年程度で劣化してしまいます。


今回のお宅では20年も経過しているとのことで、写真でも見てわかる通り表面の塗膜はかなり劣化しています。


ただスレートそのものは大きな変形がないため、見た目ほど悪い状態ではありません。


上の写真は外壁の点検をしたときの様子です。


こちらのお宅では窯業サイディングが使われています。


屋根とは違い外壁は一度メンテナンスをしているので、とてもきれいな外観です。


藻やコケ、カビなどの発生はないのですが、目地に充填されているコーキングが劣化しています。


点検時に撮った写真を確認していただき、工事のご提案をさせていただきました。


屋根は塗装工事、外壁はシーリングの打ち替えと塗装工事をおこなうことになりました。



屋根と外壁塗装工事の様子をご紹介

塗装作業では、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗ります。


まずは高圧洗浄によって壁に付着した汚れを落とします。


「ファイン浸透シーラ透明」を使って下塗りをおこないました。


下塗りは、上塗り塗料とスレートとの密着性を高めるためにとても重要な作業です。


下塗り作業が終わったら、雨水や水蒸気の逃げ道を作るためにタスペーサーを設置します。


下塗り塗料がしっかりと乾燥したら、次は仕上げ塗料を塗っていきます。


仕上げ塗料として使用したのは「ファインパーフェクトベスト」です。


この製品には、ラジカル制御技術が採用されています。


この技術によって紫外線による劣化を防いでくれるので、耐久性や耐候性に優れています。


仕上げ塗装は中塗りと上塗りの2回です。


1回塗るたびにしっかりと乾燥させることで、厚みのある塗膜へと仕上がります。


ローラーを使って丁寧に隅々まで塗り終えれば、屋根の塗装工事は終了です。


屋根塗装では、1回塗るたびに乾燥させてから次の作業をしましたが、これはとても重要なポイントです。


十分に乾燥しないうちに2度目の塗装をしてしまうと、メーカーが謳っているような塗料の機能性は発揮されません。


塗料が本来持っている機能を発揮させるためには、適切な方法で塗装をする必要があります。






次にとりかかったのが、外壁の塗装作業です。


外壁塗装をする前に、まず外壁の補修作業です。


既存のシーリングを撤去して、目地の両脇にマスキングテープを貼ります。


シーリングと外壁との密着性を高めるためにプライマーを塗ってから新しいシーリング材を充填します。


補修作業が終わればいよいよ外壁塗装をしていきます。


下塗りには「パーフェクトサーフ」、中塗りや上塗りには「パーフェクトトップ」を使いました。


どちらも日本ペイントから販売されている製品です。


少し毛が長めのローラーを使って丁寧に下塗りをしていきます。


細かな部分は刷毛を使って丁寧に塗りました。


下塗りが終われば、仕上げ用の塗料を使って中塗りと上塗りをしていきます。


屋根塗装のときと同様に、1回塗ったらしっかりと乾燥させることで、塗膜に厚みを付けることができます。


外壁だけでなく付帯部分も塗装します。


下地を整えるケレン作業を終えた後、ローラーを使って丁寧に塗ります。


この部分も2回塗りです。


すべての作業が終われば、複数のスタッフで最終確認をします。


塗り残しがないか、色ムラがないかなどをチェックして、不備があればすべて補修をします。


最後にはお客様に最終確認をしていただき、ご納得していただければ工事は終わりです。



サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス)のヌリプロ110番では、無料での点検やお見積の作成をしております。


また、弊社では外壁塗装や屋根塗装、屋根の葺き替えや塀の塗装など、さまざまな施工に対応しております。


今のお宅で気になることがある、施工方法について詳しく知りたいなど、お気軽にご相談ください。


住宅のプロが丁寧なご説明・ご提案をいたします。





必見!プロが教える外壁塗装の見積書の見方と選び方!



LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。


Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。