top of page

最先端を行く水性塗料の全貌と選択の秘訣!環境にやさしい外壁塗装のための究極ガイド~溶剤系塗料との比較から見えるメリット・デメリットとは?


この記事では、外壁塗装における水性塗料と溶剤系塗料の選択について詳しく解説します。環境や健康への配慮、製品の多様性、特定条件下での溶剤系塗料の利点など、最適な塗料選びのための重要な情報を提供します。外壁の材質や状態、求める性能や仕上がり、予算に基づいて、あなたのプロジェクトに最適な塗料を選びましょう。


水性塗料とは:外壁塗装の環境に優しい選択

環境への配慮

水性塗料は、環境保護と人体への影響を最小限に抑えることを目的として開発されました。これは、塗料の成分として水を主要な溶剤として使用することにより、有害な揮発性有機化合物(VOC)の排出量を大幅に削減することができるためです。VOCは、大気汚染やオゾン層の破壊、さらにはシックハウス症候群の原因ともなるため、これらの排出を減らすことは非常に重要です。



【著者情報】  サンセイペイント最高技術責任者  関 裕一  東京都足立区出身 戸建住宅劣化診断士・ドローンパイロット  18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。  塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

【著者情報】

サンセイペイント最高技術責任者
関 裕一

東京都足立区出身 戸建住宅劣化診断士・ドローンパイロット

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。




作業環境の改善

水性塗料の使用は、塗装作業中の作業環境を大きく改善します。従来の溶剤系塗料に比べて、塗装時の臭いが少ないため、塗装作業者だけでなく、周囲の住民にとっても快適な環境を提供します。これにより、塗装作業のストレスを減少させ、より良い作業条件を実現します。


耐候性と機能性の向上

水性塗料の技術開発は目覚ましく、現在では耐候性や機能性においても溶剤系塗料に劣らない製品が多数市場に出回っています。特に、遮熱性、防サビ性、防藻・防カビ性など、外壁塗装に求められる機能を高いレベルで実現しています。これらの性能は、建物の長期的な保護に寄与し、メンテナンスコストの削減にも繋がります。


製品の多様性

水性塗料の市場拡大に伴い、様々なニーズに応えるための製品開発が進んでいます。現在では、幅広い色彩や仕上がりの質感、特定の機能を持つ製品など、多種多様な水性塗料が提供されています。これにより、消費者はより多くの選択肢の中から、自分の求める仕様に最適な塗料を選ぶことが可能になりました。


まとめ:水性塗料の採用が進む理由

水性塗料の普及は、その環境への優しさ、作業環境の改善、高い耐候性と機能性、そして製品の多様性によって支えられています。これらの特徴は、水性塗料を外壁塗装の新標準として確立させ、今後もその需要は増え続けることが予想されます。環境と人の健康を守りながら、建物を美しく保護する水性塗料の選択は、持続可能な社会を目指す上で非常に重要な一歩と言えるでしょう。


溶剤系塗料の特性と適用条件


溶剤系塗料の基本特性

溶剤系塗料は、その名の通り、溶剤を主成分として使用する塗料です。これにより、塗料内の顔料や樹脂が均一に溶解し、塗装面に均一な塗膜を形成します。溶剤系塗料は乾燥するときに溶剤が蒸発し、塗膜が硬化します。このプロセスは、塗装された表面に強固な結合を提供し、耐久性や密着性が非常に高い塗膜を形成することができます。


特定条件下での選択肢としての溶剤系塗料


金属製外壁への適用

金属製の外壁や金属サイディングには、溶剤系塗料が特に推奨されます。金属表面には、水性塗料よりも溶剤系塗料の方が密着しやすく、耐候性や耐久性を高めるために必要な強固な結合を実現します。特に、金属表面の特性を考慮した溶剤系の下塗り塗料は、中塗りや上塗りの塗料の密着を助け、長期にわたる保護を提供します。


劣化した外壁の修復

著しい劣化症状を示す外壁に対しても、溶剤系塗料が有効です。チョーキング(塗膜の粉化)、塗膜の剥がれや膨れなどの劣化症状が進行した場合、溶剤系塗料による下塗りは、表面を安定させ、新たな塗膜がしっかりと密着する基盤を作り出します。この強化された基盤は、外壁をさらなる損傷から守り、修復作業の成功を支えます。


溶剤系塗料の選択時の注意点

溶剤系塗料の使用には、その強力な化学的特性による健康への影響や環境への負荷が伴います。そのため、塗装作業を行う際には適切な換気や保護具の使用が必須となります。また、溶剤系塗料は火災のリスクを高める可能性があるため、取り扱いには特に注意が必要です。


まとめ:溶剤系塗料の適切な使用

溶剤系塗料は、その優れた耐久性と密着性により、金属製外壁や劣化した外壁の修復に特に適しています。しかし、健康や環境への影響を考慮し、安全な作業環境の確保と適切な取り扱いが求められます。特定の条件下での適切な選択として、溶剤系塗料は今後も重要な役割を担い続けるでしょう。


水性塗料と溶剤系塗料の徹底比較

水性塗料と溶剤系塗料は、外壁塗装において一般的に使用される二つの主要な塗料タイプです。それぞれの特性を理解することは、適切な塗料選択において重要です。


ニオイの違い


水性塗料

水性塗料は、溶剤として水を主成分としているため、塗装作業中のニオイが非常に少ないのが特徴です。室内での使用や密閉された空間での塗装作業に適しており、塗装後の空間を早く利用したい場合に有利です。


溶剤系塗料

一方、溶剤系塗料は化学溶剤を使用しており、塗装時に強いニオイが発生します。このニオイは作業環境に影響を与えるため、十分な換気が必要となります。長期間にわたってニオイが残ることもあるため、屋外での使用が推奨されます。


VOC排出量の差


水性塗料

水性塗料の最大の利点の一つは、揮発性有機化合物(VOC)の排出量が少ないことです。これにより、塗装作業が環境に与える影響が減少し、塗装作業者や周囲の人々の健康リスクも低減します。


溶剤系塗料

溶剤系塗料は、VOC排出量が高い傾向にあります。このため、環境への影響や健康への潜在的リスクが高まるため、使用時には適切な安全対策が必要となります。


耐候性の比較


水性塗料

最新の水性塗料は、耐候性に関して大きな改善が見られ、溶剤系塗料と同程度の耐候性を持つ製品が増えています。これにより、外壁塗装での使用適用範囲が広がりました。


溶剤系塗料

従来から高い耐候性を持つとされている溶剤系塗料は、過酷な気候条件下でも優れた保護性能を発揮します。しかし、水性塗料の技術進歩により、その優位性は徐々に縮小しています。


機能性の違い


水性塗料

水性塗料でも、遮熱性、防サビ性、防藻・防カビ性など、高機能な製品が開発されています。これにより、特定の機能を必要とする塗装プロジェクトにも対応可能です。


溶剤系塗料

溶剤系塗料も同様に、高い機能性を持つ製品が存在します。特に、厳しい環境条件下での使用や特殊な要件を満たす必要がある場合に、その性能を発揮します。


価格の違い


水性塗料

水性塗料は、一般的に溶剤系塗料に比べて価格が低い傾向にあります。これは、製造コストや環境対策のコストが異なるためです。


溶剤系塗料

溶剤系塗料は、製品によってはやや高価な場合があります。その高価格は、耐久性や特定の機能性を求める場合に正当化されることがあります。


まとめ

水性塗料と溶剤系塗料は、それぞれ独自の利点と適用範囲を持っています。プロジェクトの特性、環境への配慮、作業条件、およびコストを考慮して、最適な塗料を選択することが重要です。


外壁塗装に関するよくある疑問とその回答

外壁塗装を検討する際、多くの方が持つ疑問に対して、正確な情報を提供します。


水性塗料で塗装した外壁の耐水性


疑問:水性塗料で塗装した外壁は水に弱いのでは?

回答:

水性塗料で塗装された外壁は、乾燥後には優れた防水性能を発揮します。塗料が完全に乾燥すると、塗膜が形成され、外壁を水や湿気から保護します。そのため、水性塗料を使用したからといって、外壁が水に弱くなるわけではありません。実際、適切に施工された水性塗料は、長期間にわたり外壁を守ることができます。


冬場の外壁塗装における塗料の選択


疑問:冬場の外壁塗装はどのような塗料を選ぶべきか?

回答:

冬場は気温が低く、湿度が高い場合が多いため、塗料の乾燥時間が通常よりも長くなります。このため、乾燥時間が短い溶剤系塗料が、最短の工事期間を実現するために推奨されることがあります。しかし、水性塗料であっても冬場の塗装は可能です。現代の水性塗料は改良が進み、低温でも比較的早く乾燥する製品もあります。品質面に問題がない限り、プロジェクトのスケジュールや環境条件を考慮して、最適な塗料を選択することが大切です。


まとめ

水性塗料を使用した外壁塗装は、適切に施工されれば耐水性に優れ、長期間にわたって建物を保護します。また、冬場の塗装では、塗料の種類によって工事期間が影響を受ける可能性がありますが、品質に関しては問題ありません。どの塗料を選択するかは、プロジェクトの要件と条件を総合的に判断することが重要です。


外壁塗装における塗料選択の総まとめ

外壁塗装を成功させるためには、使用する塗料を慎重に選択することが重要です。ここでは、外壁塗装においてなぜ水性塗料を基本的な選択肢として推奨し、どのような状況で溶剤系塗料を検討すべきかについて、詳しく解説します。


水性塗料の推奨理由


環境および健康への配慮

水性塗料は、VOC(揮発性有機化合物)の排出量が少ないため、環境への影響が小さいです。また、塗装作業中の有害な臭いが少なく、作業者や周囲の人々の健康リスクを低減します。これらの理由から、環境保護と人の健康を考慮する場合、水性塗料が推奨されます。


製品の多様性

水性塗料の技術は近年大きく進歩しており、耐候性や機能性(遮熱性、防サビ性、防藻・防カビ性など)に優れた製品が多く開発されています。さらに、豊富な色彩や質感のオプションが提供されているため、デザインの自由度が高まります。


溶剤系塗料の選択を検討すべき状況


特定の外壁材質や状態

金属製の外壁や劣化が著しい外壁には、溶剤系塗料が適している場合があります。溶剤系塗料は、優れた耐候性と密着性を提供し、特に厳しい環境や特殊な表面に対して長期的な保護を実現します。


性能や仕上がりの要件

溶剤系塗料は、特定の性能(例えば、極端な耐久性や特殊な化学抵抗性)や特定の仕上がり(例えば、非常に滑らかな表面)を求める場合に適していることがあります。これらの塗料は、水性塗料では得られない特定の利点を提供することができます。


予算の考慮

溶剤系塗料は一般的に価格が高い傾向にありますが、その耐久性により長期的なコストパフォーマンスが高い場合があります。プロジェクトの予算と、塗装の目的や期待される寿命を総合的に評価し、コスト効率の良い選択をすることが重要です。


最適な塗料の選び方

外壁の材質や状態、求める性能や仕上がり、予算を総合的に考慮し、プロジェクトに最適な塗料を選択することが重要です。水性塗料と溶剤系塗料のそれぞれの利点と制限を理解し、塗装の目的に最も合った塗料を選ぶことで、外壁塗装を長持ちさせ、美しい仕上がりを実現できます。必要に応じて、専門家の意見を求めることも有効なアプローチです。

Comments


LP-02.webp
TOP-04.jpg