top of page

家の美観を長期間保つための外壁塗装の色選びガイド:後悔しない選択をするための重要なポイントと実践的アドバイス、家族での意見共有から環境との調和を考慮した色の選定まで


この包括的なガイドでは、外壁塗装の色選びにおける重要なポイントを詳細に解説しています。家族との意見共有、周囲の環境との調和、汚れや退色に強い色の選び方、全体の美観を考慮した配色のバランスに至るまで、後悔のない色選びを実現するための実践的アドバイスを提供します。さらに、実際の塗装事例を参考にしながら、あなたの家に最適な色の選定プロセスをサポートします。美しい外観を長く保ちたい方のための必読の内容です

外壁塗装を選ぶ際、好みの色を選ぶだけではなく、様々な要素を考慮する必要があります。家族からは「赤色がいい」「緑色がいい」という意見も出ているかもしれませんが、一度塗装すると頻繁に変更は難しく、周囲の目も気になるところです。失敗を避けるために、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?

外壁塗装の色選びには、多くの方が悩まれるものです。個人の好みだけで選んでしまうと、予期せぬ失敗につながることもあります。そこで、色選びの際に留意すべきポイントをいくつか紹介します。



【著者情報】  サンセイペイント最高技術責任者  関 裕一  東京都足立区出身 戸建住宅劣化診断士・ドローンパイロット  18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。  塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

【著者情報】

サンセイペイント最高技術責任者
関 裕一

東京都足立区出身 戸建住宅劣化診断士・ドローンパイロット

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。




色選びの重要性

色選びは外壁塗装プロジェクトの成功に不可欠です。適切な色を選ぶことで、家の外観を大きく向上させ、長期間にわたってその美しさを保持することができます。


色見本帳の利用

塗料メーカーが提供する色見本帳は、色選びの出発点となります。これらの見本帳は豊富な色の選択肢を提供し、理想の色合いを見つけるための一歩を踏み出す手助けとなります。


小さなサンプルの落とし穴

しかし、色見本帳の小さなサンプルから色を選ぶことにはリスクが伴います。小さなサンプルでは、実際に大きな面積に塗装したときの色の見え方や感じ方を正確に予測することが難しいです。


事前準備の重要性


ポイントの理解

色選びにおいては、事前にいくつかの重要なポイントを理解しておくことが重要です。これには、色の心理効果、周囲の環境や光の影響、または色の経年変化などが含まれます。


イメージの固定

選ぶ色についての明確なイメージを持つことは、後悔のない選択をするために不可欠です。これには、家のスタイルや周囲の風景との調和、さらには家族の好みやライフスタイルも考慮に入れる必要があります。


色選びのための実践的アプローチ


シミュレーションツールの利用

現代のテクノロジーは色選びを容易にします。オンラインのカラーシミュレーションツールやアプリを利用して、異なる色が家の外観にどのように映えるかを試すことができます。


専門家の意見を求める

色選びに迷ったときは、専門家の意見を求めるのも一つの方法です。プロの視点から、色の選択が周囲の環境にどのように影響するか、または特定の色が家の特徴をどのように引き立てるかについてのアドバイスを得る

ことができます。


まとめ

外壁塗装の色選びは、慎重に行うべき重要なプロセスです。塗料メーカーの色見本帳を利用しつつ、小さなサンプルの限界を認識し、事前の準備と計画を通じて、家全体のイメージに合う理想の色を選ぶことが、後悔のない結果につながります。


面積効果の理解

面積効果とは、同じ色でも塗装される面積の大きさによって、視覚的な印象が変わる現象を指します。この効果を理解することは、外壁塗装において適切な色選びをする上で非常に重要です。


面積効果の原理


視覚的な変化

小さなサンプルで選んだ色が、実際に大きな外壁に塗装されたとき、より明るく、または鮮やかに見えることがあります。これは、人の目が広い面積に対して色を異なって認識するためです。


色の鮮やかさ

特に明るい色や鮮やかな色は、大きな面積に塗るとその効果が強調され、予想よりもはるかに強い印象を与えることがあります。逆に、暗い色はより濃厚に、深みがあるように見えることがあります。


面積効果を考慮した色選び


サンプルの活用方法

色を選ぶ際には、サンプルをただ見るだけでなく、その色が大面積に適用された際の見え方を想像することが重要です。このために、可能であれば、実際に近い大きさの塗料見本や模擬壁面を使用して色を確認すると良いでしょう。


色選びのアプローチ

実際に塗装された際の見た目を考慮して、一回り薄い色、または落ち着いた色を選択するのが賢明な方法です。これにより、完成した外壁が予想以上に鮮やかになりすぎるリスクを避けることができます。


実践的な対策


カラーシミュレーションの利用

最新のカラーシミュレーションツールを使用して、大面積に塗装された際の色の見え方を事前に確認することが有効です。多くの塗装業者や塗料メーカーがこのようなシミュレーションサービスを提供しています。


専門家との相談

色選びで不安がある場合は、専門家やデザイナーに相談するのも一つの手です。彼らは面積効果を含め、色が持つさまざまな特性を理解しており、実際の家の環境やライティングに最適な色の提案をしてくれます。


まとめ

面積効果を理解し、それを踏まえた色選びを行うことで、外壁塗装において望んだ通りの結果を得ることが可能になります。予期しない色の変化に驚かされることなく、理想的な家の外観を実現させるために、これらのポイントをしっかりと考慮しましょう。


光の影響と色の見え方

光は色の見え方に大きな影響を与えます。同じ色でも、照明の条件によって全く異なって見えることがあります。外壁塗装において適切な色を選択するためには、光の影響を理解し、考慮することが不可欠です。


光源による色の変化


室内光と自然光

室内で使用される人工光(蛍光灯やLEDなど)と、屋外の自然光では色の見え方が異なります。人工光の下では、色が異なって見えることがあり、特に蛍光灯は冷たい光を放ち、色をより青みがかったものとして見せることがあります。


日中の光の変化

日の出から日没までの時間帯によっても、自然光の色温度は変化します。朝や夕方の柔らかな光は、色を暖かく見せることがありますが、正午近くの直射日光は色をより鮮やかに、または強く見せることがあります。


天候の影響


晴れた日と曇りの日

晴れた日の強い日差しは、色をより明るく、鮮やかに見せますが、曇りの日や雨の日は柔らかな光で色がやや暗く、または薄く見えることがあります。そのため、天候の異なる条件下で色を確認することが重要です。


実践的な対策


異なる時間帯での確認

外壁塗装の色を選ぶ際には、可能な限り異なる時間帯に色見本を屋外で確認することをお勧めします。これにより、日中の光の変化を考慮した上で、より現実的な色の選択が可能になります。


シミュレーションツールの活用

一部のカラーシミュレーションツールでは、異なる光の条件下での色の見え方をシミュレートする機能が提供されています。このようなツールを活用することで、光の影響を考慮した色選びが容易になります。


専門家との相談

色選びに不安がある場合は、経験豊富な専門家やデザイナーに相談すると良いでしょう。彼らは、光の影響を踏まえた色の提案をしてくれることが多く、適切な選択につながります。


まとめ

外壁塗装における色選びでは、光の影響を考慮することが極めて重要です。室内と屋外での色の見え方の違い、日中の光の変化、そして天候による影響を理解し、これらを考慮した上で色を選択することが、満足のいく外壁塗装につながります。


艶の有無と外壁の見え方

外壁塗装における塗料の艶は、家の外観に大きな影響を及ぼします。艶のレベルは、塗料が光をどの程度反射するかによって異なり、これが外壁の質感や印象を決定づける重要な要素です。


艶の種類と特徴


艶あり

  • 光沢があり、表面が滑らかで反射率が高い

  • 清掃がしやすく、汚れが付きにくいが、表面の不均一などが目立ちやすい。

  • 豊かな色彩と深みを与え、高級感を演出する効果がある。


半艶

  • 光沢はあるが、艶ありほどではない

  • 汚れは付きにくいが、艶ありほどの反射はなく、見た目にやや落ち着きがある。

  • 外壁の細かい不備を目立たせず、艶ありと艶消しの中間のバランスが特徴。


艶消し

  • 光沢がなく、反射率が低い

  • 自然な見た目で、外壁の不均一や傷が目立ちにくい。

  • 汚れが付きやすいが、表面のテクスチャが豊かで温かみのある印象を与える。


艶と光の関係


光の反射率

  • 艶の有無は、塗料が光をどれだけ反射するかに大きく依存します。艶ありは光を多く反射し、艶消しは反射を抑えるため、見た目の印象が大きく異なります。


外観への影響

  • 光の反射により、艶ありの塗料は明るく鮮やかに、艶消しの塗料は柔らかく落ち着いた印象を外壁に与えます。


艶選びのポイント


環境との調和

  • 塗装する家の周囲の環境や、家のスタイルに合わせて艶の種類を選ぶことが重要です。自然豊かな環境には艶消しが、都市部やモダンな建築には艶ありが適している場合があります。


実用性とメンテナンス

  • 艶ありは清掃がしやすく、印象を明るく保つことができますが、傷が目立ちやすいため、メンテナンスが必要です。艶消しは汚れが目立ちにくく、自然な見た目が魅力ですが、汚れた際のお手入れが難しい場合があります。


まとめ

外壁塗装において艶の有無を選ぶ際には、外観への影響を考慮する必要があります。艶あり、半艶、艶消しのそれぞれの特性を理解し、家のスタイルや環境、メンテナンスのしやすさを考慮して、最適な選択を行うことが望まれます。


周囲の景観との調和の重要性

外壁塗装において色選びをする際、自宅の美観だけでなく、周囲の景観や風情との調和を考慮することは極めて重要です。地域の特色や自然環境と調和する色を選ぶことで、美しい街並みを保ちつつ、家自体の魅力を引き立てることができます。


地域の特色との調和


地域色の理解

  • 地域によっては、歴史的、文化的背景から特定の色彩が好まれることがあります。このような地域色を理解し、尊重することが大切です。


自然環境との一体感

  • 海や山、緑豊かな公園など、周囲の自然環境と調和する色選びをすることで、風景に溶け込む住まいを実現できます。


目立ちすぎる色のリスク


環境への影響

  • 過度に鮮やかで目立つ色は、周囲の景観に対して違和感を与え、地域の美観を損なう可能性があります。


社会的受容性

  • 地域コミュニティ内で受け入れられる色の範囲を超えると、近隣住民との関係に影響を及ぼすことも考えられます。


色選びのヒント


歴史的建造物の参考

  • 地域にある歴史的建造物や伝統的な建築から色のヒントを得ることができます。これらはその地域に適した色の良い例です。


自然色の活用

  • 周囲の自然からインスピレーションを得ることも有効です。季節によって変わる自然の色は、地域に馴染む外壁色の素晴らしいガイドラインとなります。


まとめ

外壁塗装の色選びでは、個人の好みだけでなく、地域の景観や風情との調和を重視することが重要です。目立ちすぎる色を避け、地域の特色や自然環境に合わせた色を選ぶことで、調和のとれた美しい住環境を実現できます。このようにして選ばれた色は、周囲からの受容性が高く、長期にわたってその美しさを保つことができるでしょう。


汚れや退色への対策

外壁塗装の色選びにおいては、単に色の美しさだけでなく、その色が長期間にわたってどのように変化するか、特に汚れや退色に対する耐性も重要な考慮事項です。適切な色選びにより、メンテナンスの手間を減らし、美観を長持ちさせることができます。


汚れが目立ちやすい色


暗い色と明るい色

  • 暗い色はほこりや小さな汚れが目立ちやすく、明るい色は泥水や大気汚染による汚れが顕著に見える傾向があります。


白色と黒色

  • 白色は最も汚れが目立ちやすい色の一つで、特に都市部やほこりの多い地域では顕著です。一方、黒色も細かいほこりや水アカが目立ちやすいです。


退色しやすい色


赤や青などの鮮やかな色

  • 鮮やかな色は日光の紫外線による影響を受けやすく、時間とともに色あせしやすい傾向があります。特に赤色は最も退色しやすい色の一つとされています。


耐久性の低い顔料

  • 色に使用される顔料の種類によっても、退色の度合いは異なります。耐候性の低い顔料を使用した色は、より速く退色する可能性があります。


汚れにくい色と退色しにくい色


中間色の有効性

  • グレー、ベージュ、淡いブラウンなどの中間色は、汚れが目立ちにくく、都市部や自然環境のどちらにもよく馴染みます。また、これらの色は日光による退色が比較的少ない傾向にあります。


高耐久性の塗料の選択

  • 汚れに強い塗料や、退色しにくい特性を持つ塗料を選ぶことで、色の持続性を高めることができます。低汚染塗料や耐候性の高い塗料を選択しましょう。


まとめ

外壁塗装における色選びでは、美観だけでなく、汚れや退色に対する耐性も重要な要素です。適切な色と塗料の選択により、長期間にわたって美しい外観を維持し、メンテナンスの手間を減らすことが可能になります。中間色の選択や、高耐久性の塗料を使用することが、効果的な対策となります。


外壁塗装における全体の調和

外壁塗装を計画する際には、建物全体の美観と調和を考慮した配色選びが不可欠です。外壁だけではなく、屋根や付帯部分(窓枠、ドア、雨樋など)との色のバランスをとることで、統一感のある魅力的な外観を実現できます。


建物全体のコンセプトと配色


コンセプトの明確化

  • 建物全体のコンセプトやイメージを最初に明確にします。これは、モダン、トラディショナル、ナチュラル、ポップなど、建物が持つ特性や所有者の好みに基づくことが多いです。


配色計画の策定

  • 全体のコンセプトに基づき、外壁、屋根、付帯部分の配色計画を策定します。この段階で、色の組み合わせが全体のバランスに合っているか検討します。


色のバランスと調和


主色、副色、アクセント色

  • 外壁を主色、屋根を副色、付帯部分をアクセント色とすることで、色彩のバランスを取ります。この際、色の明度や彩度も考慮に入れ、全体が調和するようにします。


色の関係性

  • 色相環を参考にして、色の関係性(補色関係、類似色関係など)を考慮し、互いに引き立て合う色選びをします。この過程で、建物が持つ特徴や周囲の環境との調和も重要視します。


実践的な配色のヒント


シミュレーションツールの活用

  • カラーシミュレーションツールを利用して、事前に様々な配色案を試し、最適な組み合わせを見つけ出します。


専門家との相談

  • 色選びに迷った場合は、建築家やデザイナー、塗装専門家と相談することをお勧めします。彼らはプロフェッショナルな視点から、建物の魅力を最大限に引き出す配色案を提案してくれます。


まとめ

外壁塗装における色選びでは、建物全体の調和を考えた配色が重要になります。全体のコンセプトに合わせて、外壁、屋根、付帯部分のバランスの取れた配色を選ぶことで、統一感のある美しい外観を実現できます。このプロセスでは、色の関係性を理解し、実践的なツールや専門家の意見を活用することが効果的です。


カラーシミュレーションの活用

カラーシミュレーションは、外壁塗装プロジェクトの計画段階で非常に有効なツールです。この技術を活用することで、塗装作業を行う前に、さまざまな色や配色の組み合わせが実際の建物にどのように見えるかを確認できます。これにより、最終的な色選びの精度を高めることが可能になります。


カラーシミュレーションのメリット


具体的なイメージの確認

  • 実際に塗装する前に、異なる色や配色が建物にどのように映えるかをビジュアルで確認できます。これにより、予想外の結果になるリスクを減らすことができます。


多様な配色の試行

  • 様々な色や配色を簡単に試すことができ、比較検討することで、最適な選択肢を見つけ出すことが容易になります。


意思決定のサポート

  • 色選びにおける意思決定プロセスを支援し、家族やプロジェクト関係者とのコミュニケーションを円滑にします。


カラーシミュレーションの活用方法


オンラインツールの利用

  • 多くの塗料メーカーや塗装業者が、オンラインでカラーシミュレーションツールを提供しています。これらのツールを利用して、手軽に色のシミュレーションを行うことができます。


専門ソフトウェアの活用

  • より高度なシミュレーションが必要な場合は、専門のソフトウェアを使用することも一つの選択肢です。これにより、光の当たり方や周囲の環境を考慮したシミュレーションが可能になります。


専門家との連携

  • シミュレーションの結果をもとに、デザイナーや建築家などの専門家と相談し、アドバイスを受けることが重要です。専門家の知見を取り入れることで、より良い色選びが可能になります。


まとめ

カラーシミュレーションは、外壁塗装における色選びを効果的にサポートするツールです。この技術を活用することで、塗装後のイメージを具体的に把握し、最終的な配色の決定に大きな自信を持つことができます。オンラインツールや専門ソフトウェアを活用し、必要に応じて専門家の意見を取り入れることで、理想的な外壁の完成に近づけるでしょう。


クリア塗装の概要

クリア塗装は、建物の外壁やその他の表面を保護しながら、既存のデザインや色をそのままに保つ方法です。透明な塗料を使用することで、素材本来の見た目を変えることなく、耐候性や耐久性を向上させます。


クリア塗装のメリット


デザインの保持

  • クリア塗装は、外壁の色や質感、パターンを変更せずにそのまま保護します。これにより、建物の外観を変えることなく、美しさを長期間保つことができます。


保護機能

  • 透明な塗料には、UVカット機能や防水性、防汚性など、外壁を様々な外的要因から保護する効果があります。これにより、建物の耐久性が向上します。


環境への適応

  • どんな外壁素材や色にも対応可能で、特に自然素材の美しさを保ちたい場合や、色褪せや汚れを防ぎたい場合に効果的です。


クリア塗装の適用範囲


既存の塗装面

  • 既に塗装されている外壁にクリア塗装を施すことで、色あせや塗装剥がれを防ぎ、既存の塗装を長持ちさせることができます。


自然素材の外壁

  • 木材や石材などの自然素材の外壁にクリア塗装を施すことで、素材本来の風合いを保ちつつ、耐候性を高めることが可能です。


クリア塗装の施工方法


下地処理

  • クリア塗装を施す前に、外壁の汚れや古い塗料を除去し、滑らかな下地を作り出す必要があります。これにより、塗装の密着性と仕上がりの美しさが向上します。


塗装作業

  • クリア塗装は、一般的な塗装作業と同様に、ローラーやスプレーなどを用いて施工します。塗料の種類や塗装する表面の特性により、適切な塗装方法を選択します。


乾燥時間

  • 塗装後は、完全に乾燥するまで十分な時間を確保する必要があります。乾燥時間は、塗料の種類や気象条件によって異なります。


まとめ

クリア塗装は、建物の外観を維持しながら保護する効果的な方法です。既存のデザインや素材の美しさをそのままに、耐候性や耐久性を高めることができます。適切な下地処理と施工方法により、クリア塗装は長期にわたって建物を保護する信頼性の高い選択肢となり得ます。


外壁塗装の色選びの重要性

外壁塗装は家の外観を大きく左右し、長期間にわたってその印象を定めます。適切な色選びは、美観だけでなく、家の価値を高める要素ともなり得るため、慎重な検討が必要です。


家族での話し合い


意見の共有

  • 色選びの過程では、家族全員の意見を共有し、各々の好みや期待を尊重することが大切です。これにより、全員が納得する選択ができます。


コンセプトの確立

  • 家族での話し合いを通じて、家全体のコンセプトやイメージを明確にします。これは、色選びの方向性を定める上で重要な基盤となります。


塗装事例の活用


事例の収集

  • 実際に施工された外壁塗装の事例を集め、それらを参考にすることで、色や配色の具体的なイメージを持つことができます。


メリットとデメリットの理解

  • 事例を通じて、特定の色や塗料が持つメリットやデメリットを事前に理解することが可能です。また、実際の見え方や経年変化についての情報も得られます。


色選びのポイント


環境との調和

  • 周囲の環境や地域の景観に合わせた色選びを心がけることで、調和のとれた外観を実現できます。


汚れや退色への考慮

  • 汚れにくさや退色のしにくさを考慮して色を選ぶことで、長期間にわたって美しい外観を維持できます。


全体のバランス

  • 外壁だけでなく、屋根や付帯部分との色のバランスを考慮し、全体の調和を意識した色選びをします。


まとめ

外壁塗装の色選びは、家の外観に長期的な影響を与える重要な決定です。家族でじっくりと話し合い、意見を共有すること、実際の塗装事例を参考にすることが、後悔のない色選びにつながります。また、環境との調和、汚れや退色への耐性、そして全体のバランスを考慮することも、美しい外観を長く保つために不可欠です。適切な準備と検討を重ね、理想的な外壁の色を見つけましょう。

Comments


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png