top of page

その外壁塗装ちょっと待った!必見!プロが教える外壁塗装の見積書と選び方!足立区のサンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス)




築10年・・・15年気が付けば外壁もそろそろくたびれて来る頃。

外壁塗装をと思っても、いざとなるとまず気がかりなのが費用。

家を建ててから外壁の塗り替えなんてそう何度もあるものじゃないですからね。


だからこそ費用はどれ位かかるんだろうって心配ですよね。

何処の業者に依頼したらいいのかも見当もつかないし。

仮に業者が見つかったとして、それが相場の価格なのかどうか分からない。


相場を理解する為にも複数の業者に相見積もりを依頼したりしますよね。

今回は相見積もり必要性と目的

相見積もり依頼する時のポイントも含めてお話していきますね。



目 次




例えば買い物をするとして、どの商品がより安く良い物かを吟味しますよね。

それと同じで何軒かの業者に見積もりを依頼する事は悪い事ではありません。

むしろ必要な事です。

基本的に外壁塗装の相見積りも他社と比較するという点でこれらと同じことと言えます。 インターネットを見てみると、さまざまなサイトが外壁塗装では相見積りを取って、複数の業者を比較・検討しましょうと掲載しているくらいです。




外壁塗装には結構な費用がかかります。

思ってた色と違った」からといって塗り替えるなんて事はしませんよね。

もっと長持ちすると聞いていたのに・・・というのも後悔ですよね。 それと相見積りを単に安い業者を探す為だけに行う。

値引き目的の交渉材料の相見積もりだとしたら・・・。

価格にばかり気が向いてしまい元の目的を忘れてしまいます。


大切なのは信頼できる外壁塗装の業者を選ぶ事。

費用の金額ばかりに問われないでください。

外壁塗装が必要な年月はそうは何度もありません。





相見積もりを依頼すること自体ためらってしまうと言うあなた。

例えばスーパーに行って同じ品物が隣の八百屋の方が新鮮で安ければどうします?

私なら隣の八百屋で安くて新鮮な野菜を買いますよ。


それと同じ事なんです。

相見積もりと、とことん向き合って一番信頼できると思う業者にして下さい。

気まずさや遠慮なんて考えなくていいんです。


野菜では無く高価な外壁塗装なんですから。

どうか信頼の出来る業者に依頼してください。

そうしないと納得のいく外壁塗装は出来ますん。


相見積もりは業者を傷つけるものではないんです。

知り合いだからとか、紹介してもらったからとかそんな事思わなくてもいいんです。

高価な費用の掛かる事ですからね。


しっかり納得いくまで吟味する為に相見積もりがあるんですから。

それは業者側も納得の上ですからね。

あなたはあなたの家の外壁塗装を成功させる事を考えて下さい。



 外壁塗装を業者に伝えたい具体的な内容


 外壁塗装は勿論ですが、あなたの家の為に行うものすよね。

 見積りはあなたの家の希望を実現する為の材料や工事箇所、費用についてまとめた物。    

 あくまでも提案書ですからね。


 まずはあなた自身が業者に希望を伝える事です。

 あなたの希望を実現する為に業者はいるんですから。

 では見積り依頼時に業者に伝えたい内容についてお話しますね






① どんな色にする?


 新築当時の色にするのか、それともイメージを変えて色を変えるかを考えてみて下さい。

 新築当時と同じにするのと違うイメージの色にするのとでは業者の対応も変わります。

 例えば全く違う印象であれば、事前にカラーシミュレーションが必要なケースもあります。


 業者に万全な準備が出来る様、情報を伝えて下さい。

 家族で良く話し合って下さい。

 そして希望の色はしっかり伝えましょう







② 外壁塗装には何を重要視する?


外壁塗装は数年で塗り直すものではありませんからね。

耐用年数は重要になってきます。

耐久年数が長い塗料は価格も高くなりがちです。


他にも低汚染性や断熱などの機能性を持つ塗料も数多くあります。

これまでの生活で困っていた事や、解消したい悩み等外壁塗装で解決出来る事もあるんですよ。せっかく費用をかけて行う外壁塗装ですからね。


ただ色を塗るだけにとどまらないでください。

どういった事を重要視するかを業者に相談してみてください

信頼できる業者ならば、とことん相談しても大丈夫です。







③正確な家の築年数は何年?


 あなたの家だけではなく、どんな家でも各部位によって傷み具合が違います

 見にくい所や分かりづらい所は、家が建てられてからの経過年数で分かる方法だってあるんで 

 すよ。

 

 信頼できる優良業者ならば正確な築年数を伝える事をお勧めします。

 そうすればしっかり点検をしてくれます。

 その結果工事が必要な個所があれば報告をしてくれます。





 


④ 家の図面はありますか?


 外壁の面積を正確に知る事が出来るので家の図面は重要なんです。

 業者の方も計測する手間が省けますから、とても助かるんです。

 家の増築部分がある場合はそれも加え伝えくださいね。





こんな所を押さえておけばあなたの家の外壁塗装工事もスムーズに行くと思いますよ。

次にお話したいのが相見積もりの決まり事・・・マナーについてです。




相見積もりを行うことで相場や価格を知ることができますよね。

信頼できる業者を見つける事は勿論ですが、それだけでは無いんです。

業者を比較・検討しながら、利点をうまく活用していく事です。


そうする事が外壁塗装を成功させる事にもつながります

相見積もりを比較だけにとどまらず、積極的に良い所も活かしてください。

その為の3つのポイントを押さえておきましょう。






優良業者であれば、あなたが納得出来る価格で外壁塗装を提供する自信を持ってます。

相見積もりになれば、競争心理が働きます。

その結果、金額やサービスがよくなる可能性は大です。


不当な値引き交渉には注意が必要です。

サービスの低下にもつながりかねません。

しかしながら、相見積りと伝える事はいけない事ではありません。








他の業者からの見積もりを待つ事で、各社の見積りを精査・検討する時間が持てる

中には、営業に焦るあまり契約を急いでしまう業者もいます。

勿論早い決断は着工を早めるメリットにはなりますが・・・。


じっくり検討したいあなたにとっては、逆にプレッシャーになってしまかも。

そんな時は他の業者にも見積もりを依頼している事を伝いて下さいといいと思いますよ。

相見積りには、こう言ったいい面があるです。






あなた自身で業者の見積りを比較する事って難しいかもですよね。 各業者違うカラーをもっていますから。

それぞれ提案等も違ってくるでしょうし。


相見積もりを一言で比較すると言っても・・・。

材料の違いとか良し悪しの判断なんて事は容易に出来る物でもありませんよね。

それを緩和する方法として、あなた自身の希望を業者に伝える事があります。


希望に加えて予算感も伝えるといいでしょう。

そうすれば同じ条件で見積もりをしてもらう事が出来ます。

分かり安くなるのでお勧めです。


例えば業者にあなたの家の状態を考えた際のプラスにプレスして提案を入れてもらうとかね。

そうする事で同じ条件での価格や使用する材料の違いが分かります。

各社の提案内容の比較などもできますから一石二鳥です。




所で業者が作成した見積もりは、他の業者に見せてもいいの?

それは法律的にはあなたが他の業者に見せる事は問題ありません。

倫理やモラル、商道徳的から言えば・・・NGです。


見せる事によって、競争による適正な相場が形成されなくなってしまう。

それはあなた自身の為にならない可能性もあります。

見積もりには他の業者には知られたくない情報も含まれている訳ですからね。




見積もりには業者のノウハウだったり、塗料や人件費等々。

他の業者には知られたくない企業秘密ってヤツがある訳です。

それをライバルとなる業者に教えてしまうとなると・・・。


教えられた業者も同じ事をされるのでは・・・という業者同士に不信感が生まれちゃいます。

各業者にとって、制作した図面・完成後のイメージ図・カラーシミュレーション等々。

これって各業者の物ですからね。


ライバルには見られたくないですよね。

ですけどね、他の業者の価格を伝えて値引きや塗料のグレーアップの交渉する。

これは一般的な事なんで何ら問題はありませんよ。


例えば「A社と同じ位の価格になりませんか?」「その代わりĀ社より良い塗料をお願いしたい」みたいな感じです。

こんな感じで、さまざまな交渉をするのもいいと思いますよ。


いずれにしてもデリケートな部分でもあります。

業者独自の情報には触れない・・・程度の問題という事ですね。

他の業者の情報を開示する場合は気をつけないとですね



相見積り・・・業者の選び方・探し方が分からない…どうする?





そもそも相見積もりをしてもらう業者の選び方や探し方って分かります?

よくあるのが複数の業者から見積りを取れば、優良業者が見つかる。

それは大きな勘違いですからね。 外壁塗装は10年またはそれ以上に一度です。

塗り替えたら、次回は10年後かそれ以上になる訳ですから失敗は避けたいですよね。

だからこその相見積もりなんです。


さて、相見積もりをどの業者に依頼するかですよね。

信頼できる業者を選ぶ・・・そもそも外壁塗装はスーパーで野菜を買うのとは訳が違う。

どんな業者をどう探す?

  

相見積もりと言ってもまず業者が分からない。

そんな方も多いかと思います。

せっかくの外壁塗装ですから優良業者に依頼したいでものですよね。



でも初めて外壁塗装をお願いするとなるとですよ。

どうやって業者を選んだらいいのか・・・分からないですよね。

地元に長く住んでいる方に評判の良い業者を教えてもらうとか。


近隣の外壁塗装を経験したことのある方に評判を聞くとか。

他には・・・インターネットで検索してみるのもいいですよね。

 

 

インターネットで検索する場合、業者のホームページを見ますよね。

その際、見積りを頼むとしたら、次の事に注意してみるといいでしょう。

これまでの外壁塗装や屋根塗装の施工実績はどれ位あるか。


実績と言うのは業者の大きな財産ですからね。

これはあなたに対して絶好のアピールポイントです。

それに加え実際の外壁塗装の依頼者の声の掲載がるか無いか。


もう一つの見所は、外壁塗装や屋根塗装に対して具体的な保証内容の掲載がされているか。

ポイントとしてこんな感じで見てみるといいと思いますよ。

そうなればより信頼度も安心感も増すという物です。

 



外壁塗装であなたは家をイメージチェンジしたい。

あなたが思っていた通りの外壁塗装が実現するか・・・心配なのは当然の事。

どんな業界や業種でもですけど。


日々いい仕事をしようと励んでします。

その為の勉強も欠かしません。

そう言った点に拘った業者選びをする事であなたの家の外壁塗装は完璧!





 チェック1

カラーシュミレーションは行ってる?




外壁塗装後の不満や失敗で多いのがですね。

完成時の色が依頼者の色のイメージと違う事。

それって結構ショックだったりしますよね。


そんな事を回避する為にこんな事が出来るんです。

あなたの家の画像を加工し完成後の塗り替えのイメージを作成する。

これがカラーシュミレーションです。


カラーシュミレーションが出来れば、完成後のショックは大幅に軽減出来ますよね。

塗り替え後を先に体験する事が出来るのは大きな利点ですね。

これで色選びや塗り替え後の後悔は減りますよね。



チェック2

専門業者である塗装や塗料についての知識は?







リフォームには外壁塗装だけではありません。

他にも、トイレ・キッチン等の水廻りや、窓や玄関・外構等々様々あります。

当然ながらそれらの専門業者がある訳ですよね。


それぞれの仕事には経験や知識が不可欠です。

例えばですよ、PCのホームぺージで塗装事例50件って業者をみたとします。

もう一方で○○・・・数える位の塗装事例。


残念ながら、技術や知識・経験他にもあらゆる部分で差が出るのは当然。

見積もり依頼の際はこんな所も押さえておくのもいいでしょう。



チェック3

養生と下地処理の工程を大切にしてる?




外壁塗装だけでなく塗装で大切なのは養生と下地処理って知ってました?

養生と言うのは塗料を塗らない所をビニール等で汚さない様覆う事です。

塗料を塗らない部分と塗った部分の境目のライン。


このラインを綺麗に出すためには絶対に手を抜けない工程なんです。

下地処理とは塗料を密着させる為に行う工程の事です。

この工程で仕上がりと寿命が決まってくるんですよ


また下地処理という点では、塗装前のコーキング作業も大切です。

近年、多く使用されているのが窯業系サイディングやモルタル壁です。

亀裂や板同士に出来る継ぎ目。


それに対して塗装前のコーキング作業と言うのは塗膜の長持ちに繋がりますから重要です。

施工事例等については下地処理や養生についての紹介がしっかりしている所、

そんな業者信用度大です。


チェック4

業者の無料点検は信頼できる業者か否かの判断材料になる!


依頼したい業者が決まり、問合せ後業者による無料点検が行われます。

あなたの家の無料点検の様子を想像してみて下さい。

そして次の様なケースを考えてみてください。

 

写真A・Bの業者からあなたなら、どちらの業者に依頼したいと思います?

言うまでもありませんよね。

Aの様な業者ならば安心して依頼できますよね。






時間が長いから良い、短いからどうも・・・って事ではないですよ。

敷地や家の大きさにもよりますけどね。

要はしっかり点検すると思った以上の時間がかかるって事です。


そんな大事な点検です。

是非あなたの在宅時に来てもらいましょう。

点検には必ず立ち会う事をお勧めします。


外壁塗装に関する最初の仕事ぶりです。

あなたの目で点検や調査の仕事ぶりや取り組み方。

点検ぶりを見ていてください信頼できる業者か否か見分ける事ができる筈。



業者側から言えば家の点検は日常業務です。

そんな日常業務ならば点検の仕事ぶりはですよ。

そのまま外壁塗装などに反映されると考えらあれますよね。


相見積もりはどれ位の業者にお願いしたらいい?


ってな事聞かれた事があるんですがメリット・デメリットがあります。

相見積もりのデメリットとして言うならば、依頼業者が多過ぎない事です。


多過ぎてしまうと、どの業者に依頼したらいいか、分からなくなっちゃいます。

その結果・・・結論を出せなくなってしまう。

そんな話を伺った事があります。

業者の数が多ければ見積もりの比較・検討にも時間がかかりますよね。

選ぶのにも大変な事になります。

ですから・・・そうですね、相見積もりの依頼には3社程度がいいでしょうかね。


それ位なら、リスクも少なく済むかと思いますよ。 相見積もりを取り過ぎてしまった失敗例もありますからね。

希望以上の提案をしてきた業者を見逃してしまったと言う事です。


どうか相見積もりの依頼のし過ぎにはご注意を!



ここでインターネットでの相見積もり依頼の場合。

信頼できる業者を探す注意点。

それと相見積もり一括サイトの実態についてお話ししましょう。


 

インターネットで「外壁塗装」を検索しますよね。

すると外壁塗装地元の優良業者をご紹介!といった広告が目に飛び込んできます。

あなたが外壁塗装の相見積もりを検討しているとします。


サイトでは、複数の業者を紹介してくれる気満々でとても魅力的です。

でも・・・実態は?

見積もり一括サイトについて私も相談を受けた事がありますけどね。

 

まずはじめに言いますが相見積もりサイトを活用すること自体。

費用も掛かからないし指先だけの作業です。

複数の業者から見積りが入手できる。


その点では、外壁塗装の大体の費用が分かりますから便利と言えます。

他社で見積り中であっても、改めて相見積もりサイトに依頼できますからお手軽です。

見積りを依頼したからと言って、契約しなくてはならないという事はありません…当然ですが。

相見積もりサイトと言うのはですね。

サイトを運営する会社が、業者との間に入ります。

そして交渉とか・・・断り等も行ってくれます。


そう言う点ではかなり便利ですよね。

便利なんですが大事な事。

それは本来の相見積もりの目的の「信頼できる業者選び」という点です。





       相見積もりサイトの問合せから見積りまでの流れ】



相見積り一括サイトではあなたの電話番号や家の地域・延べ床面積等々を記入し登録します。

すると、サイトの担当者から連絡がある訳です。

担当者とのやり取り後、サイト側で現地調査・見積り依頼をする業者の選抜をします。

その結果選抜された業者から連絡が来ると言う流れですね。



これらサイト運営社と業者のやり取りや、相見積もりサイトという特性。

それをを考えた時、いくつか不安点があります





まず問合せをすると今後の担当者者がつきます。

この担当者こそが、ファーストステップです。

見積りを依頼する業者を選別する重要な役割を担います。

外壁塗装を成功させるかどうかのキーマンと言っても過言ではありません。




依頼者から築年数・周囲の環境、使用されている外壁材等々。

色々な聞き取りや話し合いをするんですが、依頼者の住まいの状態ってそれぞれですよね。

あなたの家に来てくれてる訳ではないし。

工事の希望もまた、さまざまでしょうし。

依頼者と業者を繋ぐ媒介者である担当者。

このキーマン的存在の担当者が依頼人をどこまで理解できるか。


依頼者の家の状態を詳細に把握し、それを正確に業者に伝える事ができるか。

正しい業者選定ができるかがネックになってきます。

何だか・・・怖さすら感じてしまいます。  

サイトによっては担当者がリフォームの資格を持っている会社もあるでしょう。

でもね、資格を持っている・・・現場を知っているのとは違いますからね。

工事の希望や要望は依頼主の数だけある訳ですし。







外壁塗装にかかる費用。

これは誰にでも言えますけど、安ければ安い程いいですよね。

相見積もりをしたらこんなに安くなりました。


こんな相見積もりサイトって目を引きますよね。

でも・・・どうかあなたは巻き込まれないで下さいね。

安い事はいい事ですが、それがあなたにとって不利になる事も。





相見積もりサイトに問合せると大体3社~4社程でしょうか。

業者の紹介してくらます。

お互いの業者同士の価格競争勃発です。


どの業者も金額面においても比較対象になりますからね。

勿論金額だけが安くなるのは願っても無い事です。

でも考えてみて下さい。


例えば10万単位での値下げの場合。

それだけの塗装工事しか出来ないと言う事になりませんか?

どの業者も利益の無い仕事はしませんからね。


塗料のグレードが下がったり、3回塗りの所を2回にしたり・・・。

それこそがあなたにとって、不利な事ですよね。

外壁塗装の失敗にもつながり兼ねません。



外壁塗装で厄介な事。

それは、塗り替え直後の家が見違えるほど綺麗になる事。

そう・・・何の問題もない様に見えてしまう事。  

自社施工の業者ならば自ら施工保証をつける所が大半。

こう言った業者は、手抜きは考えにくいです。

でも中には保証をつけない会社とか下請けに流すだけの営業会社等もある訳です。


そんな業者も相見積もりサイトには存在します。 勿論全てとは言いません。

しかしながら、相見積もりによる必要以上の価格競争と言うのはですね。

そう言った可能性をはらんでいる事を知っておいて下さい。