遮熱と断熱2つの効果で、省エネ+過ごしやすさを実現!エスケー化研「サーモシャット工法」


株式会社三誠ホームサービスのヌリプロ110番で取り扱っている塗料のご紹介。


今回は、エスケー化研の「サーモシャット工法」です。

省エネに役立つ、外壁の遮熱・断熱工法です。


「サーモシャット工法」5つの特徴


熱を反射し家を守る、遮熱性

サーモシャットの上塗材は、熱線反射機能があります。

多彩な色相で、太陽光による建物への温度の上昇を抑えます。


夏の強い日差しからも建物を守ることで、エアコン代の負担も軽減されますよ。



熱気や冷気から家を守る、断熱性

サーモシャットの中塗材は、特殊バルーンを配合することにより、超軽量・低熱伝導性に優れた塗材です。


抜群の断熱効果を発揮することで、夏は涼しく、冬は暖かい、室内の過ごしやすさを実現します。


高耐久で、塗膜が長持ち

サーモシャット上塗材は、アクリルシリコン樹脂系です。


シロキサン結合により、強靭な塗膜を作り出します。

強靭な塗膜は、紫外線にも強く低汚染性なので、遮熱性も長持ちします。


ひび割れを予防

微弾性塗膜は、下地にひび割れが発生したときも雨水が入り込むのを防ぎます。


防カビ効果で、衛生的

特殊な技術により、優れた防カビ・防藻性を発揮します。


カビだけでなく、藻類などの微生物に付着を防ぎ、外壁を衛生的に長く保ちます。



「サーモシャット工法」スペックインフォメーション


■メーカー名

エスケー化研


■商品名

サーモシャット工法


■カラー

各色


■容量

サーモシャットシーラー:15kg

サーモシャットベースコート:10kg

サーモシャット上塗材:16kg


■適用下地

コンクリート・セメントモルタル・スレート板・各種ボード・各種旧塗膜など


■用途

一般外壁


標準的な塗り替えスペック

■塗装回数

サーモシャットシーラー:1回塗り

サーモシャットベースコート:2回塗り

サーモシャット上塗材:2回塗り


■塗装面積

サーモシャットシーラー:100~150㎡/缶

サーモシャットベースコート:6~8㎡/缶

サーモシャット上塗材:45~53㎡/缶


■塗り重ね乾燥時間(気温23℃)

サーモシャットベースコート:5時間以上

サーモシャット上塗材:2時間以上

※上記は標準数値であり、形状や気候条件などによって異なります。


■施工方法

吹付・ローラー


■希釈剤

清水


■希釈率

サーモシャットベースコート:0~5%希釈

サーモシャット上塗材:0~20%希釈



[無料]外壁・屋根塗装・屋根リフォーム見積もり 100枚の点検写真!



「外壁塗装、屋根塗装、屋根リフォーム、我が家は実際いくらくらいかかるのかな?」


「そろそろとは思うけど、外壁・屋根塗装、屋根リフォームってどこに頼んだらいいの?」 とお悩みではありませんか?


そんな方は一度、塗装専門店や板金工事専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。 今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。


株式会社三誠ホームサービスでのお見積作成は、

50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断+写真付き点検報告書を進呈!

・我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書!

・塗料プランは3パターン以上もらえて比較検討できる専門用語もスタッフが分かりやすく解説!

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​株式会社三誠ホームサービス 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。