top of page

足立区綾瀬、日本ペイントのパーフェクトトップで外壁塗装工事。全工程をご紹介致します!


工事のきっかけはお客様からのご相談のお電話


足立区綾瀬にお住まいのお客様から「外壁に雨だれの様な汚れが目立つので綺麗にしたい」というご相談を頂きました。

築22年のこちらのお住まいは、過去に1度塗装工事を施工しています。



塗装工事の利点は?


お住まいの美観を綺麗に整えることはもちろんですが、撥水性を取り戻す為に塗装工事を行います。


塗装工事の後暫くの間は、塗膜の表面に撥水性があるので、雨が降っても雨水を弾きます。しかし年月を経ると表面が劣化し撥水性が弱くなるので雨水をとどめることになります。


すると濡れた状態が続く壁面、特に北側の外壁は乾きにくい為に、汚れやコケなどが付着しやすくなるのです。


塗装施工をすることにより、本来の耐久性と撥水性を取り戻し、お住まいを長持ちさせることに繋がります。今回使用した塗料は、日本ペイントのパーフェクトトップです。耐久性が高いのが特徴です。


目 次


ビフォー、アフター

施工前は、2色の塗料を使用し外壁中央部の幕板から上と下に塗り分けていました。


今回の施工では、お客様のご要望を取り入れた結果、薄い色味のベージュの塗料だけで塗装施工を行いました。


幕板と破風板を濃い目の色味の塗料で塗装致しましたので、それがアクセントとなり、いい雰囲気に仕上がりました。


主剤塗料のパーフェクトトップを塗装した外壁は、塗膜の表面に耐久性と撥水性があります。これはお住まいを長持ちさせることに繋がります。



現地調査に伺いました



早速お客様のお宅に伺い、外壁の様子を見せて頂きました。


すると雨に流されたような黒ずんだ汚れが目立っていました。最初の塗装工事の塗膜表面は、かなり劣化が進んでいるようです。


更に、外壁の中間部分にある幕板には汚れが付着し、部分的に破損が見られました。


このまま放置しておくと、幕板の建材が雨水を吸い込んで、劣化が進み破損する可能性があります。


汚れが付着した外観を綺麗に整え、撥水性を取り戻し、汚れが付着しにくい状態にする為に、外壁塗装工事を行うことに致しました。




足場仮設から工事はスタートします


塗装工事は先ず、足場の仮設から始めます。そして、メッシュシートで周りを覆います。


作業を安全に進めるために足場仮設は必須です。


メッシュシートは外壁を高圧洗浄する際に、塗料や汚れの飛散を防ぎます。


もし足場を架けていない施工現場を見かけた場合は、高圧洗浄を行っていない可能性がありますので、注意が必要です。



高圧洗浄で古い汚れを洗い流します

塗料で塗る前に、高圧洗浄の工程になります。


高圧で噴出した水の圧力で、長い年月の間に付着した汚れを綺麗に取り除きます。先ずは高い所から順に洗浄していきます。


汚れが残っている状態のまま塗装施工をすると、塗料がしっかりと密着しないので、重要な作業です。


高圧洗浄した部分は、汚れがどんどん落ちて、みるみるうちに綺麗になります。なんとなく「塗装しなくても、これでいいかも」と思いがちですが、この時に汚れと同時に、表面の古い塗膜も剥がれてしまいます。高圧洗浄を行った後は必ず塗装工事を行う必要があります。



外壁塗装の下塗り工程


高圧洗浄を経て、綺麗になったところに塗装工程を行います。


塗装工程には、下塗りと中塗り、更に上塗りと3工程があります。先ずは主剤塗料で塗装する前に、下地材の塗料で下塗りを施します。


この作業は塗装面を保護し、主剤塗料の密着性を高めるためには、必要な工程です。もし下塗りがしっかりと行われていない場合は、塗装工事の後、年月を経ると塗膜が浮いたり剥がれたりする可能性があります。


主剤塗料を塗った後では隠れて見えない部分の工程ですが、しっかりとした施工をする必要があります。


下地材は白色なので、この工程を経ると一旦、白一色に変わります。この後の作業でどの様に変わるのか、仕上がりがとても楽しみです。



こちらの塗料を使って施工します


仕上げの塗料では、日本ペイントのパーフェクトトップ、ND-371を使用することになりました。塗料に必要な耐久性が充分に備わっているのが特徴です。


外壁塗料の塗膜が劣化する原因は、紫外線と顔料の酸化チタンによるものです。紫外線を吸収した酸化チタンは、ラジカルという物質を出します。このラジカルが、塗膜を劣化させる原因です。


パーフェクトトップは、ラジカル制御を促す優れた塗料です。さらに、価格もリーズナブルなのが人気の要因です。




中塗りと上塗り作業


下塗りを終えて、外壁が一旦真っ白になったところに、主剤塗料のパーフェクトトップで中塗りと上塗りの2回の塗装工程を行います。


施工前は、外壁の中央部分の幕板の上と下を2色に塗り分けていましたが、今回は1色です。美しいベージュの色味で隅々まで丁寧に塗装していきました。





中塗りの工程を経て、上塗りという仕上げ塗装をします。2工程の塗装を施すことで、外壁の耐久性が高まり、更に色味に重厚感が増します。こうして、みごとな艶感のある外壁に仕上がりました。



付帯部分の塗装

3工程の塗装を終了した後に、工事は付帯部分の塗装に移ります。


屋根は少し前に吹き替え工事を終えていましたので、今回は塗装施工をしませんが、お住まいに付いている各所の部分に塗装施工をさせて頂きました。


塗れる物には、全て塗装を掛けるのです。お住まいを長く持たせる為には、外壁塗装と同様に重要な作業です。屋根の側面部分の破風板や雨樋を吊っている鼻隠し、お住まいの1階と2階を分けている幕板にも塗装施工をします。


外壁は比較的薄めの色味、ベージュ1色を使用して塗装を致しました。幕板や破風板を濃い色味で塗装を掛けることで良いアクセントになりました。



さらに、軒下の裏側部分、軒天の塗装工事を行います。

金属製の換気口も共に塗装を掛けます。軒天は湿気対策を考えなければならない部分です。


日が当たりにくく風が巻き込んで汚れが付着しやすい箇所なので、通気性のある軒天専用の塗料を使用させて頂きました。


鉄部にも塗装を掛けます。

サッシが取り付けてあるシャッターも、ボックス部分が金属製ですので塗装を掛けます。


外壁以外にも、塗装できる部分は全て行います。この作業は、お住まいを長持ちさせることに繋がります。勿論、建物全体の外観も綺麗に整えることができました。




外壁塗装工事が完了


足場を解体し、これで全行程が終了しました。


パーフェクトトップで塗装した外壁は、充分な艶感がでて綺麗に蘇りました。施工前の、雨だれの黒ずみ汚れが目立っていた外壁が嘘の様です。


お客様にも、イメージ通りに仕上がったと大変喜んでいただけました。


サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス)では、工事に施工保証をお付けしております。しっかりとした工事を行っているからこそ何年も施工保証を付けることが出来るのです。


皆様、どうぞお気軽にご相談下さい。



必見!プロが教える外壁塗装の見積書の見方と選び方!


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Comentarios


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png