【必見】屋根塗装の見積もり、5つのチェックポイントとは?業者別見積もり例も詳しく解説!


いざ屋根塗装をしようと見積もりを取ってみたけれど、

「書いてある内容がよくわからない…」

「この価格は安いのかな?高いのかな?」

とお悩みではありませんか?


屋根塗装は、屋根の素材にもよりますが、10年に一度行うのが目安です。

何度も行う工事ではないですし、費用もかかりますから、できるなら安く、信頼できる業者に依頼したいですよね。


ひとつの見積もりだけでは判断しにくいから…と、複数の業者から見積もりを取る方も多いです。


しかし、ただ価格が安いからといって依頼をしてしまうのは危険です。

そこで今回は、費用だけでなく、見積もり書のどこをチェックすればいいのか、比べればいいのか解説していきます。


屋根塗装は専門店だけでなく、ハウスメーカーやリフォーム会社も行っていますので、各業者の見積もりについても、具体的な見積もり例を見ていきます。


また、優良業者か見極めるために、見積もり以外の比較ポイントも紹介します。

より良い業者を選べるよう、ぜひ参考にしてください。




1. 要チェック!屋根塗装の見積もりで確認するべき5つのポイント

屋根塗装の見積もりを取ったときに、チェックするべき5つのポイントを解説していきます。


複数の業者から見積もりを取ると、勿論金額はバラバラです。

「ここが一番安い!」と、費用だけを見て選んでしまいそうですが、見積もりが安すぎる業者は、工事の質が低い可能性もあります。

雑な塗装は、数年で剥がれてしまうため再度塗装が必要になり、結局高くついてしまうということも…

そのような事態にならないように、チェックポイントを見ていきましょう。


①単価が適切かどうか

まずはじめに、項目ごとの単価が相場価格かどうかチェックしましょう。


以下が、屋根塗装工事の各工程・塗料の単価相場です。

単価が高い場合は、下請け・孫請けの職人に依頼をしているか、単純に悪徳業者のぼったくりである可能性もあります。


逆に単価が安すぎても注意が必要です。

3回塗りのはずが実は2回塗り、塗料を薄めて使っているという危険があります。


単価が相場価格より極端に高い・安い場合は必ず確認しておきましょう。


②数量の明記がされているか

各工程ごとに数量が適切に記載され、計算されているかチェックしましょう。


住宅の坪数だけでは正確な屋根の面積を出すことはできませんが、業者によっては、点検をせずに坪数でおおよその面積を計算し、見積もりを出すこともあります。


また、見積もりに「屋根塗装工事 一式 〇〇円」といった記載がある場合は注意が必要です。

「一式」の中にどのような工程が含まれるのか不明瞭なので、この工事をやってくれると思ってたのに!と、後々トラブルの元になる可能性もあります。


点検でしっかり面積を測ってもらい、細かい数量まで提示されているかどうか、見積もりを確認しましょう。


③必要な工程がすべて記載されているか

屋根塗装工事に必要な工程が明記されているか確認しましょう。


以下の表のように、屋根の材質によって必要な項目は変わります。

見積もりに記載されていない工程はやってもらえない、もしくは別途料金がかかる場合もあるので、

ご自宅で修繕したい・気になる部分があれば、業者に確認してみましょう。


業者によって項目の分け方も異なりますので、細かく記載されている見積もりを選ぶのがおすすめです。


④使用する塗料が明記されているか

屋根塗装で主に使用される塗料は4種類ありますが、その中でも機能・性質は様々なものがあります。

見積もりに、具体的な塗料名が記載されているかどうかチェックしましょう。


「水性シリコン」「油性シリコン」「メーカー名+水性シリコン」

塗装の項目にこのような記載しかない場合は、注意が必要です。

「関西ペイント」「水谷ペイント」といった大手メーカーの名前が入っていても、個別の商品名が書かれていない場合は、どの塗料を使うのか特定できません。


具体的な塗料名がわからないまま依頼をしてしまうと、見積もりより本当は安い塗料を使われてしまった…ということになりかねません。


商品名が書かれている場合には、インターネットで検索するのがおすすめです。

各メーカーのページで商品についてチェックできるほか、メジャーな塗料はクチコミも多く書かれていますので、一度調べてみることをおすすめします。


⑤保証期間は何年か

塗装後、トラブルが起こった場合に備えて、保証期間もしっかりと確認しましょう。

保証期間内であれば、施工不良が原因で塗膜が剥がれてしまった、といったときに、無償で塗り直しをしてもらうことができます。

(※天候や災害による劣化の場合は、保証対象外となります。

細かい保証内容は業者ごとに異なりますので、あわせてチェックしておきましょう。)


チラシやホームページで、「長期〇〇年保証!」といった記載を目にするかと思いますが、長ければ安心!というわけではありません。


冷蔵庫やテレビといった10年使える家電製品に、大手家電メーカーの多くは1年保証をつけています。

それと同様に、10年の耐久性がある塗料に、10年の保証はつきません。

使用する塗料の耐用年数=保証年数となっている、塗料に関係なく保証期間を設けている、といった業者には気を付けましょう。


塗料の種類ごとの、平均的な保証年数は以下の通りです。

さらに、業者の保証だけでなく、塗料メーカーによるメーカー保証がつく場合もあります。

メーカー保証がついているということは、その業者がメーカーから認められているという証でもありますので、信頼性が高いといえるでしょう。




2. 【業者別】見積もり例の比較

ここからは、ハウスメーカー・格安リフォーム会社・地元の塗装専門店の屋根塗装の見積もり例を見ていきます。


すべて2階建て30坪スレート屋根・屋根面積60㎡の施工を想定した見積もりとなっています。


①ハウスメーカー

最初に、ハウスメーカーの見積もり例をチェックしていきます。

見積もりによると、工事の総額は959,200円と高めです。


ハウスメーカーは、塗装工事は下請け・孫請け会社に委託している会社が多く、中間マージンが発生する分、工事費が高くなりやすい傾向があります。


上記の見積もり例では、

・足場、飛散防止ネット 350㎡は30坪の住宅には大きすぎる

・足場、養生などの単価が高い

といったことが挙げられます。

見積もりに「中間マージン代」と記載することは当然できませんので、数量や単価を引き上げているのがわかります。


また、この見積もり例では、塗料名が明記されていません。

グレードの低い塗料を使われる可能性もありますので、具体的な塗料の商品名を確認し、記載してもらうようにすると安心です。


②格安リフォーム会社

続いて、格安リフォーム会社の見積もり例を見ていきます。

見積もり総額は336,000円です。

さきほどのハウスメーカーと比べると、「安い!」と喜んでしまいそうですが、細かい内容のチェックは必須です。


こちらの見積もり例では、塗料の項目が危険なポイントです。

・塗装の回数(下塗り・中塗り・上塗り)の記載がない

・塗料名の記載がない


これでは、本来3回塗りのはずが1、2回で計算されていたり、耐久度の低い塗料を使用される可能性があります。


また、特別値引きとして高額な割引がされているのも注意が必要です。

一見お得に見えますが、わざと高額な見積もりから多く値引きして安く見せている、という危険もあります。

30万を超えるような理由のない高額値引きには気を付けましょう。


③地元の塗装専門店

最後に、地元の塗装専門店の見積もり例を紹介します。

知人に紹介された・ご近所で工事をしていたから、と見積もりを取る方も多いのではないでしょうか。

見積もり総額は493,900円です。

こちらの見積もりは、工事の内容が細かく記載されています。


特に、タスペーサー(縁切り)や棟板金釘打ちコーキングという作業は、スレート屋根の屋根塗装を行う際に必ず必要な工程です。

この工程を怠ると、折角塗装をしても数年で屋根のトラブルを引き起こす可能性もあります。

記載がない場合は、工事に含まれているかどうか必ず確認し、明記してもらうようにしましょう。


また、項目が下塗り・中塗り・上塗りに分かれており、3回塗りであること、各工程で使う塗料名もしっかりと書かれています。




3. 見積もり以外のチェックポイント

ここまでは見積もりのポイントを見てきました。

ここからは、費用や工程以外の、業者を選ぶ際のチェックポイントを3つ紹介します。

相見積もりを取ったときは、ぜひ参考にしてください。


①豊富な施工実績

業者の施工実績は必ず確認しましょう。

昔から地元密着で営業している塗装店であれば、1,000件以上の実績を持っています。

しかし、ハウスメーカーや、新規事業として塗装をはじめた会社はまだまだ施工実績が少なく、塗装の技術力が低い・知識が浅い可能性もあります。


実績が多い=塗装の経験値が高いという証です。

自社のホームページに施工実績を掲載している業者が多いので、依頼前に一度確認し、実績数や内容を比較してみてください。


②スタッフの対応はいいか

屋根塗装は、少なくとも1週間程度の日数がかかります。

毎日、スタッフや職人さんに会うことになりますから、点検・見積もりの時点でスタッフさんの対応もチェックしておきましょう。


契約前の時点で遅刻・連絡不足など何らかの問題があるスタッフは、契約をした後、さらに態度が悪くなる可能性がありますので、避けたほうがいいでしょう。


③サービスの充実度

屋根塗装の正しい工程は決まっていますが、附随するサービスは業者によって様々です。


・写真や動画を撮ってくれるかどうか

・施工後、無料点検などのアフターフォローがあるか

・色のイメージを確認できるカラーシュミレーション

・ドローンでの点検サービス


など、このサービスがあれば安心して塗装を任せられる!と思えるサービスを行っている業者を選びましょう。




4. 足立区・川口市の塗装工事なら三誠ホームサービスにおまかせください!

屋根塗装・外壁塗装をご検討中の方は、ぜひ三誠ホームサービスにご相談ください。

足立区・川口市を中心に、地元密着で塗装工事を承っております。


2,000件以上の豊富な施工実績を持つ塗装職人が、ご自宅を守るための最適なご提案・高い技術力での施工をさせていただきます。


三誠ホームサービスは、高所のため点検しにくい屋根についても、無料で点検いたします。

点検時には50~100枚の写真を撮影し、点検報告書としてお客様にお渡ししております。


屋根の劣化やトラブルは、塗装で解決ができるもの、リフォームが必要になるものなど、様々です。

総合リフォーム会社として、お住まい全体を確認したうえで、住宅のプロの目線から最適な対処方法をご提案いたします。


また、三誠ホームサービスでは、ドローンによる屋根点検サービスも行っております。

三階建ての住宅や急勾配の屋根など、今まで点検ができなかった屋根も細部まで点検が可能です。

「他社にお願いしたら点検できないと言われてしまった…」という方でも、ぜひご相談ください。


「屋根塗装の見積もりを取ったけれど、どこに依頼するか決めかねている…」

「屋根塗装を考えているけれど、どこに見積もりを依頼しようかな…」

とお悩みの方は、ぜひ一度三誠ホームサービスにお問い合わせください。




5. さいごに

今回は、屋根の見積もりで確認・比較すべきポイントを5つ紹介しました。


①単価が適切かどうか

②数量の明記がされているか

③必要な工程がすべて記載されているか

④使用する塗料が明記されているか

⑤保証期間は何年か


業者によって、見積書の書き方や項目の分け方は異なりますので、不明点は必ず業者に確認するなど、細かくチェックしましょう。


また、見積書の内容だけでなく、施工実績、スタッフの対応、各サービスも重要です。

自分の希望に合った、優良業者を選べるようにしましょう!


最後までお読みいただきありがとうございました。




[無料]外壁・屋根塗装・屋根リフォーム見積もり 100枚の点検写真!



「外壁塗装、屋根塗装、屋根リフォーム、我が家は実際いくらくらいかかるのかな?」


「そろそろとは思うけど、外壁・屋根塗装、屋根リフォームってどこに頼んだらいいの?」 とお悩みではありませんか?


そんな方は一度、塗装専門店や板金工事専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。 今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。


株式会社三誠ホームサービスでのお見積作成は、

50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断+写真付き点検報告書を進呈!

・我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書!

・塗料プランは3パターン以上もらえて比較検討できる専門用語もスタッフが分かりやすく解説!

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​株式会社三誠ホームサービス 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。