屋根塗装には油性がおすすめ!水性との違いは?おすすめ屋根用塗料も紹介!



塗料は、「水性塗料」と「油性塗料」の2つのタイプに分けられます。


複数の業者に相談してみても、いろいろな塗料を紹介されて、結局どれがいいのかわからない!と悩んでしまっていませんか?


屋根は直接太陽光や雨風の影響を受け、常に住宅を保護してくれています。

大切な屋根ですから、塗装には適切な塗料を選びたいですよね。


結論から言うと、油性のほうが紫外線に強いので、屋根塗装には油性塗料がおすすめです。


しかし、絶対に油性がいい!水性ではだめ!というわけではありません。

一昔前までは、油性のほうが耐久性があり屋根塗装向きと言われていましたが、現在では、水性塗料の性能も格段に上がってきています。耐久性以外の特徴・機能も考慮して、水性塗料をおすすめする場合もあります。


水性・油性それぞれにメリット・デメリットがありますので、どちらがいいか、しっかり見極める必要があります。


そこで今回は、

・水性・油性の特徴と比較

・水性・油性それぞれのおすすめ塗料


について紹介していきます。


業者におすすめの塗料を案内されたとき、ご自身で後悔しない判断ができるように、基本的な知識を身につけていきましょう!



1 屋根塗装は「油性塗料」がおすすめ

屋根塗装には、水性塗料よりも油性塗料がおすすめです。

一般的に、油性のほうが建物を保護する役割を持つ「塗膜」が強く、紫外線から屋根をしっかり保護してくれます。


【水性塗料と油性塗料の比較】

油性塗料は引火性があるため管理には注意が必要ですが、水性よりも塗料の密着性が強く、耐久性が高いという特徴があります。


そのため、直射日光を受ける屋根や、塩害で塗料が剥がれやすい海沿いにある住宅には

油性塗料をおすすめしています。


ただ、油性は希釈剤にシンナー(有機溶剤)を使用しています。

施工時にはシンナーのにおいがしますので、苦手な方は窓を閉め切る、もしくは外出をするといった対策が必要です。

また、シンナーなどの有機溶剤は大気汚染の原因になるため、環境面への影響も心配されますが、最近では弱いシンナーの油性塗料も開発が進められています。


においに敏感、環境への影響が気になる、という方は水性塗料がおすすめです。



2 シンナーが気になる方は「水性塗料」

水を使って塗料を薄めたものが水性塗料です。

シンナーのにおいで気分が悪くなってしまう、アレルギーがあるといった方には、水性塗料がおすすめです。


油性に比べて耐久性能が低いのでは?と思われるかもしれませんが、最近は水性塗料の性能も上がっています。


環境保護の観点から水性塗料の促進が進んでおり、各塗料メーカーも高性能の水性塗料を開発しています。

確かに以前は、水性塗料は油性塗料に劣ると言われてきましたが、同等の耐久性能を持つ水性塗料が増え、屋根塗装にも水性塗料が使われるようになりました。


シンナーが苦手、環境に配慮した塗装をしたい、という方は耐久性の高い水性塗料を選んでくださいね。



3 プロがおすすめする屋根用塗料

水性にするか油性にするか決まっても、数ある塗料の中からひとつを選ぶのは大変です。

そこで、プロがおすすめする塗料を水性・油性それぞれご紹介していきます。


いずれも大手メーカーの塗料です。

塗料の種類が多すぎて選べない!性能の違いがよく分からない!と塗料選びでお困りの方は、ぜひ屋根塗装の参考にしてください。


1 【油性塗料】RSルーフ2液F


最初におすすめするのは、大手老舗メーカー関西ペイントのフッ素塗料「RSルーフ2液F」です。

赤外線を効率よく反射する特殊な顔料を配合しており、遮熱性が高いのが特徴です。

一般の塗料より最大-20℃、屋根の温度上昇を抑えることができます。


結果、室内の暑さも和らげることができるので、エアコンの節電対策にも適しています。

エアコンの使用が減るとCO2の削減にも繋がりますので、環境にも優しい塗料です。


日当たりのいい住宅や、夏場二階が暑く室内温度を下げたい、という方におすすめです。


また、こちらの塗料は関西ペイントの認定を受けた業者しか使用できません。

この塗料を使える=大手メーカーに認められているということなので、信頼性が高いといえます。

技術力・品質が高いかどうか、見極めるひとつの目安にもなりますよ。


2 【油性塗料】セラスタールーフ


続いて紹介するのは、ジャパンカーボライン社の無機塗料「セラスタールーフ」です。


アメリカに本社を構えるカーボライン社は、重防食の分野で世界的にも有名な大手メーカーです。

高い防腐性と防カビ性を持つ重防食塗料は、橋や鉄塔、高速道路などの構造物を保護するために使用されます。

カーボライン社は、各国の原子力発電所やフランスのエッフェル塔、アメリカの自由の女神のほか、

日本でも東京国際フォーラム、中部国際空港など数多くの施工実績があります。


ただ、フッ素よりもグレードが高い無機塗料なので価格は高めです。

その分高品質ですので、耐久性能にこだわりたい、長持ちさせたいという方におすすめです。


3 【水性塗料】ルーフピアニ


水性塗料でおすすめしたいのは、高品質な屋根用塗料で有名な水谷ペイントの「ルーフピアニ」です。


水性でありながら、水谷ペイントが開発した業界初のナノテクノロジーにより、油性と同等の強い塗膜を実現した塗料です。

強い耐候性・耐久性を持ち、屋根を長期間保護します。


シンナーは苦手、でも耐久性にもこだわりたい、という方におすすめです。



さいごに

屋根塗装には、耐久性が高い油性塗料がおすすめです。

しかし、シンナーのにおいが気になる、環境面も考慮したい、という方は水性塗料を選んでも問題ありません。

現在では、塗料の開発が進み、水性でも十分高性能で屋根塗装に使用しても問題ない塗料が多数あります。


屋根塗装におすすめの塗料は、以下の3つです。

・【油性塗料】RSルーフ2液F

・【油性塗料】セラスタールーフ

・【水性塗料】ルーフピアニ


水性・油性ともにメリット・デメリットがあり、どちらがいい!と一概に言い切ることはできません。

お住まいの環境や、今後のメンテナンス頻度などを考えながら、ご自宅に合った塗料を選びましょう。


お読みいただきありがとうございました。




[無料]外壁・屋根塗装・屋根リフォーム見積もり 100枚の点検写真!



「外壁塗装、屋根塗装、屋根リフォーム、我が家は実際いくらくらいかかるのかな?」


「そろそろとは思うけど、外壁・屋根塗装、屋根リフォームってどこに頼んだらいいの?」 とお悩みではありませんか?


そんな方は一度、塗装専門店や板金工事専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。 今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。


株式会社三誠ホームサービスでのお見積作成は、

50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断+写真付き点検報告書を進呈!

・我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書!

・塗料プランは3パターン以上もらえて比較検討できる専門用語もスタッフが分かりやすく解説!

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​株式会社三誠ホームサービス 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。