top of page

足立区佐野でゼロ勾配の玄関庇からの雨漏り、勾配をつけた屋根カバー工法で解決!


目 次



■工事のきっかけを伺いました

足立区佐野のお客様より、雨漏りについてのご相談をいただきました。


玄関庇からの雨漏り、とのことです。


すぐに点検に伺いました。

雨漏りの原因は、玄関庇の勾配がないため、雨が排水されずに、屋根の真ん中に溜まってしまったことによるものでした。


雨漏りしない玄関庇にするため、スムーズに排水されるよう勾配をつける屋根カバー工事をご提案いたしました。


今回の工事の基本情報
  • 施工内容:屋根カバー工法 

  • 施工期間:2日間 

  • 築年数:30年




■点検で玄関庇の状態を確認

点検での玄関庇の様子。


点検に伺った当日は、雨が降っていました。

そのおかげで、雨漏りの様子をしっかりと確認することが出来ました。


軒天の真ん中に、雨染みが見られます。

そして雨水が滴っていました


また軒先の鉄部には、錆びが発生していました。

塗膜の剥がれも見られます。


錆びの状態から、かなり前から雨漏りが発生していたものと思われます。

ハシゴを使って上り、玄関屋根の状態を確認します。


勾配の無い屋根で、排水がされていないことが判明しました。


屋根材には板金が使用されていましたが、大きな板金を2枚つないでいる施工でした。

屋根の中央部分でつながれていたのですが、このつなぎ目から雨漏りしているようです。

経年による劣化でつなぎ目がくぼんでしまい、そこに雨水が溜まってしまったのです。


また板金に錆びも発生しており、腐食による穴が空いている箇所もありました。

これも雨漏りの一因でしょう。





■工事開始:勾配をつけた下地を設置

既存の屋根に、勾配を付けていきます。


勾配をつけるために、

6センチの角材壁際に固定

3センチの角材屋根の中央部に固定


角材の上に、あらたな下地として、パネルを取り付けます。



■防水紙「タディスセルフ」を敷設

防水紙を敷設している様子。


使用した防水紙は、田島ルーフィングの「タディスセルフ」です。

遅延接着型で、貼った直後なら、貼り直しできるのが特徴です。


粘着性なので、タッカーなどで固定する必要がなく、作業効率も上がります。

屋根の工事に良く使われる、人気の防水紙です。



■ガルバリウム鋼板製の屋根材を取り付け

屋根材を取り付けていきます。


使用したのは、ガルバリウム鋼板製の屋根材です。

軽量で耐久性に優れ、錆びに強いので長持ちしますよ。


壁際には排水管やエアコンダクトが取り付けられているので、隙間ができないように慎重に作業していきます。





■工事が完了しました

軒天の塗装をおこない、雨染み跡も消え、きれいな仕上がりです。


勾配をつけたことで、雨水が溜まることなく、長持ちする屋根になりました。


お客様には

「雨漏りの原因が、勾配の無いことだったとはぜんぜん知りませんでした。

これで、雨漏りの心配もなくなりました。」

と、ご満足いただけました。



サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス)の屋根プロ110番では、玄関屋根の工事も承ります。

雨漏りを発見したら、まずはお問い合わせください。

すぐに点検に伺い、お客様のお家の状態に最適な雨漏り修理工事をご提案いたします。





必見!プロが教える外壁塗装の見積書の見方と選び方!


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Comments


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png