top of page

屋根からの落雪を防ぐ雪止め金具、瓦屋根への後付け工事をおこないました 足立区加平


目 次



■工事のきっかけを伺いました

足立区加平のお客様より、雪止め金具の取り付けのご依頼をいただきました。


雪が降った時に、落雪で事故が起こらないように取り付けたい、とのことです。


今回は、瓦屋根への雪止め金具の取り付け工事をご紹介します。


今回の工事の基本情報
  • 施工内容:雪止め金具設置工事 

  • 施工期間:2日間 

  • 築年数:35年




■雪止め金具取付位置の瓦を取り外します

雪止め金具を取り付ける位置を決め、その上段の瓦を取り外しておきます。

外した瓦の跡の下側に、雪止め金具を取り付けます。





■雪止め金具をビス釘で固定します

雪止め金具は、瓦1枚につき、1個取り付けています。


横一列に取り付けていきます。

雪止め金具を、ビス釘でしっかりと固定します。



雪止め金具を取り付けるメリットとは?

豪雪地帯ではなくても、大雪が降ることはあります。


屋根の上の大量の雪が、車や歩行者の上に落ちて、事故になってしまったら大変です。

隣家との間隔が狭いと、落雪で重大な事故を招く危険性も高まります。


そういった、万が一の事故を防ぐためにも、雪止め金具の設置は有効でしょう。


雪止め金具は、降り積もった雪が、屋根から落ちないように止めておく金具です。


新築時に付いていなくても、後から取り付けることもできますよ



もし、雪止め金具が無いどうなる?

屋根の温度が高くなり、積もっていた雪が溶け始めると、水分を含んだ重い雪が一気に落ちてくる危険があります。


雪止め金具があることで、雪を屋根にとどめ、雪が一気に落ちるのを防ぎます。

その間に、徐々に雪が溶けていきます。



■瓦を元に戻します

取り外していた瓦を、元に戻しました。


上と下の瓦で、雪止め金具を挟み込むようにしています。


これでしっかりと雪止め金具が固定されて、雪がとどまり、ゆっくりと溶けていくという、雪止め金具の最大限の効果を発揮します。





■他の屋根面にも雪止め金具を取り付けます

他の屋根面も同様に、雪止め金具を取り付けました。

こちらの屋根面は、雪止め瓦で施工されていました。


雪止め瓦は、落雪を防止する取っ手の付いた瓦です。

お客様のご希望で、この瓦の先端部分にも雪止め金具を取り付けました。



大雪が降ることはあまりない地域でも、雪止め金具を取り付けるお家は増えています。

既存の屋根に、後から取り付けることも可能です。


落雪で事故が起こったら大変なので、雪止め金具の取り付けをおすすめします。


サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス)の屋根プロ110番では、雪止め金具の後付け工事も承っていますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。





必見!プロが教える外壁塗装の見積書の見方と選び方!



LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Comments


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png