top of page

足立区西伊興で瓦屋根からの雨漏りをスーパーガルテクト葺き替え施工で解決!


目 次



■工事のきっかけを伺いました

足立区西伊興のお客様より、雨漏りについてのご相談をいただきました。

2階の部屋で雨漏りしているとのことです。


早速点検に伺い、調査をしたところ、防水紙に穴が空いており、屋根からの雨漏りであることがわかりました。


屋根の劣化が進んでおり、地震でずれてしまった棟瓦の歪みも見られます。


築40年の瓦屋根で防水紙が損傷していますので、屋根の葺き替えをご提案いたしました。


今回は、軽量で耐久性が高く地震にも強い、スーパーガルテクトの葺き替え工事をご紹介します。


今回の工事の基本情報
  • 施工内容:屋根葺き替え工事 

  • 使用材料:スーパーガルテクト 

  • 施工期間:15日間 

  • 築年数:40年





■点検で雨漏りの原因を特定します

お客様のお家の屋根は、瓦屋根でした。


今回の葺き替えでは、重い瓦屋根から軽量な金属屋根にすることで、地震への対策も万全となります。

雨漏りしている箇所の瓦を取り外してみると、防水紙に穴が空いていました。

この箇所が、雨漏りの原因です。


瓦屋根は取り外しが簡単なので、点検の際にもすぐに確認できるのが利点です。

一方、スレート屋根は釘やビスで固定しますので、取り外しにくく雨漏りの原因の特定も難しくなります。

棟瓦の様子。


棟瓦がずれていますね。

地震によるものと思われます。


瓦屋根は再利用することもできますが、お客様は軽い屋根にしたいというご希望でしたので、ガルバリウム鋼板素材の金属屋根への葺き替えをおすすめしました。





■工事開始:瓦屋根を撤去します

まずは、既存の屋根材の撤去です。


屋根材を一旦取り外してしまうと、雨から守れなくなってしまいます。

ですので、屋根材の撤去、野地板・防水紙の取り付けまで一日で完了させなければなりません。


雨が降ってしまうと作業できないので、天気予報の確認は必須ですね。



■野地板を取り付け、防水紙を敷きます

ご覧のように、こちらの住宅は屋根面が多い屋根となっています。


でっぱりやくぼみ部分が多ければ、その分雨漏りが発生する危険性が高くなります。

この屋根には、細い面もありました。


そのまま施工することもできますが、多面を少なくすることで、雨漏りのリスクを避けることにもつながります。


今回は、垂木で高さを出し、野地板を取り付けることで、7面から5面の屋根に変更しました。

野地板の設置後、防水紙を敷いていきます。


使用した防水紙は、改質アスファルトルーフィングです。

アスファルトに、ゴムや樹脂などを添加した防水紙です。

耐久性が高く、耐用年数も通常のアスファルトルーフィングより長くなります。



■スーパーガルテクトで葺き替えます

いよいよ、新たな屋根材での葺き替えです。


使用したのは、アイジー工業の「スーパーガルテクト」です。

ガルバリウム鋼板を使用した超軽量金属屋根材で、断熱性・遮熱性に優れています。

錆びにくいのも特徴です。


耐用年数も30年以上と長く、塗装15年・赤さび20年・穴あき25年の長期保証も付いています。


カラーは元の屋根の色と同系の、Sシェイドブルーをお選びいただきました。





最後に、棟板金を設置して工事は完了です。


棟板金は金属屋根のてっぺん部分で、瓦屋根では棟瓦といいます。


貫板を取り付け、ビスで固定します。

貫板には木材を使用することが多いですが、木材は腐食しやすいということもあり、樹脂製の貫板がおすすめです。


釘ではなくビスで固定することで、抜けたりサビの心配もありません。



■工事が完了しました

すべての工事が完了しました。


今回の工事は、雨が降り続いたこともあり、施工期間が長くなってしまいました。


しかし、防水紙の敷設が済んでいれば、雨が続いても雨漏りすることはありませんのでご安心くださいませ。


瓦屋根は重いので、地震や強風による瓦の落下の危険もあります。

軽い金属屋根にすることで、耐震性もアップし、安心して住み続けることができるでしょう。



「雨漏りしている」

「瓦屋根の耐震性が不安」

そんなときは、瓦屋根から金属屋根への葺き替え工事の施工実績も多い、屋根プロ110番の雨漏り駆けつけ隊におまかせください。

どんなことでも、まずはお気軽にお問い合わせくださいね。





必見!プロが教える外壁塗装の見積書の見方と選び方!



LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

LP-02.webp
TOP-04.jpg
bottom of page