top of page

屋根瓦修理の完全ガイド:方法、費用、業者選びの要点を総合解説





「家の屋根瓦が壊れていますよ」と通りすがりの業者に指摘されたことで、屋根瓦の修理方法について調べているのではないでしょうか。屋根瓦の損傷や老朽化の程度によって、適切な修理方法は異なります。この記事では、屋根の状態に合わせた適切な修理手法を詳しく説明し、屋根の寿命を延ばす方法をご案内します。また、修理費用の相場と、信頼できる業者の選び方についても解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。


目次:

1. 5つの典型的な症状別屋根瓦の修理方法

2. 屋根瓦の修理にかかる費用の概算

3. 信頼できる業者の選び方に関する3つの重要ポイント


屋根瓦の修理方法には、以下の5つの症状別に異なるアプローチがあります。


・割れた瓦はコーキング材で補修または部分交換。

・漆喰が割れたり崩れたりした場合は、漆喰を補修。

・釘が浮き上がっている場合は、再び釘打ちまたは新しい釘への交換。

・棟瓦がずれている場合は、棟瓦を一度取り除き再度積み直し。

・色あせた場合は、屋根の塗り直し。


さらに、屋根の修理にかかる費用は、作業の範囲や必要な材料、労働コストによって大きく変わります。安全のため、高所での作業には足場の設置が不可欠で、足場の設置費用も考慮する必要があります。さらに、火災保険が適用されるケースもありますので、保険会社に確認することも重要です。


最後に、信頼できる業者を選ぶ際の3つのポイントを紹介します。まず、屋根の状態を丁寧に点検する業者を選びましょう。次に、幅広い工事の実績がある業者を選び、最後に、近くにある業者を選ぶことが望ましいです。


屋根修理のDIYは大変危険であるため、専門の業者に依頼することを強く推奨します。屋根瓦の修理方法から業者選びのポイントまで、この記事がお役に立てれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Comentários


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png
bottom of page