top of page

古い天窓の選択:交換か撤去か?メンテナンスから施工までの詳細ガイド





天窓の維持における詳細なメンテナンスとして、窓枠のコーキング材の補充や劣化チェック、水切り部品の劣化や損傷に対する交換、そして天窓の周辺部の清掃や葉やごみの除去などが主要な作業となります。





天窓(トップライト)は、家の中に直接空の風や光を取り込むことができる設計上の特長として、新築時にはその明るさや開放感を十分に味わっていたでしょう。

しかしながら、使い始めてからの経過時間とともに、一部のユーザーは天窓の持つデメリットに気づき始めることがあります。

  1. 天窓からの雨漏り:経年劣化やシーリングの不具合で、雨水が内部に侵入する場合があります。

  2. 温度の変化:天窓の断熱性能によっては、夏場は日差しによる熱が蓄積しやすく、冬場は冷えやすいという問題が発生します。

  3. 雨音の問題:特に大きな雨粒が直接天窓に当たると、音が大きく響くことがあります。

  4. 過度な日差し:夏場の直射日光は、部屋の中を眩しくするだけでなく、室内の温度を大幅に上げる要因ともなります。

  5. エアコンの効率問題:天窓の存在で室温が安定しづらく、結果としてエアコンの効きが悪くなることがある。

  6. 結露:冬季、特に窓の断熱性が低い場合、内部の湿気と外部の冷気が接触することで結露が生じやすくなります。

  7. 開閉のトラブル:機構の故障や経年劣化により、開閉がスムーズに行えなくなることがある。

  8. 視界の問題:天窓が汚れたり、曇りやすくなると、外の風景を楽しむことが難しくなり、最初の期待とは異なる結果になることも。

これらの問題点は、天窓の設計や選択、設置場所やメンテナンス方法によっても変わることがあります。適切な知識とケアが必要です。


 

「天窓を設置した当初の魅力が薄れ、今はもう不要だと感じる」、「早めに取り除きたい」という考えを持つ方が少なくありません。事実として、当社への問い合わせの中にも、「天窓からの雨漏りに悩まされている」などの声が絶えず寄せられます。その上、天窓の修復や取替えといった作業の依頼も急増しています。

特に、多くのお客様から耳にするのは、「新築時には天窓のメリットを感じていたものの、時間の経過とともにメンテナンスの手間やトラブルが増えた」という内容です。

では、果たして天窓が持つデメリットは実際にそんなにも多いのでしょうか。そして、使用して長い年月が流れ、天窓が老朽化してきた場合、どのようなメンテナンスが必要になるのでしょうか。

今回の記事では、天窓の特性や利点、それに対するデメリット、そして長く使用してきた天窓のケアやメンテナンス方法について、より詳しく深掘りしてご紹介します。

皆さまが天窓を持つお家での生活をより快適に過ごすためのヒントや情報を提供できればと考えています。


目 次

■天窓が住まいでの悩みの原因となる理由は?

■使用年数が経った天窓の潜在的な問題点

■天窓に起因する雨の侵入の背景

■天窓を通じた急な雨漏り!緊急時の対処法を知っておこう

■建築年数に応じた天窓の典型的な老朽化の特徴

■天窓の更新または取り外し?各選択の利点と欠点を考察

■なぜ天窓を選ぶべきかの魅力的な理由

■天窓の施工中、効率的な足場の利用で経費を節約する方法

■天窓が自然災害で損傷した場合、火災保険が適用可能です

■日本ベルックスの天窓の種類と特長を探る

■天窓の取替えの具体的な事例を披露します



■天窓が住まいでの悩みの原因となる理由は?


天窓は多くの住宅で採光や通風、景観を楽しむために設置されますが、時として悩みの種となることもあります。以下は、天窓が住まいの中で問題を引き起こす可能性のある理由です:

  1. 経年劣化:時間の経過とともに、シーリングやガスケットの劣化が進むことがあります。これにより雨漏りや結露、断熱性能の低下などの問題が起こることがあります。

  2. 断熱性能:古いタイプの天窓や安価なものは、断熱性が不十分であることが多い。これが原因で、夏は暑く、冬は寒く感じることがあります。

  3. メンテナンス不足:定期的な清掃やメンテナンスを怠ると、ガラスが汚れやすくなったり、開閉機構が故障しやすくなることがあります。

  4. 位置や方向:天窓の位置や設置の方向によっては、直射日光が強すぎたり、雨音が大きく響くなどの問題が生じることがあります。

  5. 構造上の問題:一部の天窓は、屋根の構造上、雨水の排水が十分でないことがあり、これが雨漏りの原因となることも。

  6. UV劣化:天窓のガラスがUVカット機能を持っていない場合、室内の家具や床材が日焼けしやすくなることがあります。

これらの問題点は、天窓の選択や設置方法、メンテナンスの頻度と方法によって、大きく影響を受けることがあります。



■使用年数が経った天窓の潜在的な問題点


使用年数が経過した天窓は、以下のような潜在的な問題を抱えることが一般的です:

  1. 雨漏り:ゴムやシーリング材の劣化により、天窓の接合部から水が侵入する可能性があります。

  2. 断熱・気密性の低下:経年劣化により、天窓の断熱材や気密材が劣化し、外部の冷暖を強く感じるようになることがある。

  3. 動作不良:開閉機構が故障し、天窓がうまく開閉しなくなることがあります。

  4. ガラスの曇りや汚れ:ガラスの間にホコリや汚れが入り込みやすく、また経年によるガラスの曇りも生じる可能性がある。

  5. UV劣化:古いタイプの天窓は、UVカット機能が不十分で、室内の日焼けや色あせの原因となることがあります。

  6. 結露:断熱性の低下や通気性の問題から、天窓に結露が発生しやすくなる場合がある。

  7. 音の問題:雨音や外部の騒音が室内に響きやすくなることも。

  8. 構造的な弱点:時間の経過とともに、天窓の枠やガラス自体の強度が低下し、突然の破損や損傷のリスクが高まることがある。

これらの問題は、天窓の定期的なメンテナンスや点検を通じて早期に発見・対処することで、重大なトラブルを未然に防ぐことが可能です。



■天窓に起因する雨の侵入の背景


天窓からの雨の侵入が起こる背景や原因は多岐にわたります。以下に、天窓に関連する雨の侵入の主な背景を挙げます:

  1. シーリング材の劣化:天窓の取り付け部分に使用されるシーリング材や防水テープが経年劣化すると、その部分から雨水が侵入するリスクが高まります。

  2. 取り付けミス:建築時や天窓の取り替え時に、取り付けが不適切に行われていると雨水が浸入しやすくなります。

  3. 排水不良:屋根の排水設計が不適切であると、雨水が天窓周辺に溜まり、侵入しやすくなることがあります。

  4. ガラスの割れやひび:天窓のガラスが割れたり、ひびが入ったりすると、そこから雨水が侵入する可能性があります。

  5. フレームの歪み:天窓のフレームが歪んでいると、密閉性が損なわれ、雨水の侵入の原因となることがある。

  6. 開閉機構の不具合:天窓が完全に閉じない、または開閉の動作が不安定な場合、雨の侵入を招きます。

  7. 経年劣化:素材の変質や経時変化により、天窓全体の性能が低下し、雨水の侵入リスクが増加することがある。

これらの背景は、天窓の定期的なメンテナンスや点検、必要に応じた修理や交換を行うことで、防ぐことができます。特に梅雨時や台風のシーズンなど、降雨が予想される時期には、前もって天窓のチェックや予防策を講じることが重要です。



■天窓を通じた急な雨漏り!緊急時の対処法を知っておこう


天窓からの急な雨漏りは、住まいの中での水害や家財の損害を招くことがあります。緊急時に迅速に対処することで、被害を最小限に抑えることができます。以下に、天窓からの雨漏りが発生した際の対処法をいくつか示します:

  1. 水の流れを制御:バケツや容器を用意して、雨漏りしている部分の下に置いて水を受け止めるようにしましょう。

  2. 家具や家電を移動:雨漏りの下に家具や家電がある場合は、迅速に安全な場所に移動させて水害を避けるようにしましょう。

  3. タオルや雑巾を利用:雨漏りの周辺が濡れている場合は、タオルや雑巾で水を拭き取ることで、床や壁への被害を抑えることができます。

  4. 天窓を確認:安全を確保した上で、天窓の状態を確認しましょう。もし、天窓が開いている場合は、できるだけ閉じて雨の侵入を防ぐようにします。

  5. 外部の排水状態を確認:屋根の排水が滞っている場合、それが雨漏りの原因となることがあります。安全な状況下で、屋根の排水状態を確認し、問題があれば対処します。

  6. 専門家に連絡:状況を一時的に安定させたら、天窓の専門家や建築業者に連絡をし、修理や対策を依頼することを検討しましょう。

  7. 保険の確認:住宅の火災保険や特定の保険がある場合、雨漏りの被害が補償の対象となることもあります。保険の内容を確認し、必要に応じて保険会社に連絡を取るようにしましょう。

  8. 写真を撮る:被害状況や雨漏りの原因となった部分の写真を撮影しておくと、後々の保険請求や修理の際に役立ちます。

急な雨漏りは焦りやパニックを感じることもありますが、冷静に対処することで被害を最小限に抑えることができます。定期的な天窓のメンテナンスや点検を行い、事前にリスクを低減することも大切です。


■建築年数に応じた天窓の典型的な老朽化の特徴


建築年数に応じて、天窓の老朽化の特徴は異なることがあります。以下に、建築年数に応じた天窓の典型的な老朽化の特徴を示します:

  1. 5年以内

    • 微細な傷:日常の使用や、気象条件による微細な傷が現れることがあります。

    • シーリングの初期劣化:取り付け部のシーリングやコーキング材が乾燥し、劣化の初期段階を迎える場合がある。


  1. 5-10年

    • ガラスのくもり:二重ガラスの天窓では、密閉性が失われることによる結露やガラス内のくもりが見られることがある。

    • シーリングの劣化:さらなるシーリング材の劣化が進行し、小さな隙間や亀裂が出現することがあります。


  1. 10-20年

    • フレームの変形:長期間の気象条件の影響で、フレームの変形や歪みが生じることがある。

    • ガラスの変質:紫外線や外部要因により、ガラスの変質や変色が進行することがあります。

    • 開閉機構の不具合:天窓の開閉機構がスムーズに動作しない、または動作しない場合が増える。


  1. 20年以上

    • 大きな亀裂や割れ:ガラスやフレームに大きな亀裂や割れが生じることがある。

    • 完全なシーリングの劣化:シーリング材が完全に劣化し、雨漏りのリスクが大きくなる。

    • 材質の老朽化:フレームの材質が劣化し、劣化に伴う変色や腐食が進行することがある。


これらの老朽化の特徴は、天窓の材質やメンテナンス状況、気候や使用状態などの多様な要因に影響されるため、一概には言えません。しかし、これらの特徴を参考に、定期的な点検やメンテナンスを行うことで、天窓の長寿命化や被害の予防に役立てることができます。


■天窓の更新または取り外し?各選択の利点と欠点を考察


天窓を更新(交換)するか、取り外すかという選択は、住まいのニーズ、コスト、長期的な計画に基づいて行うべきです。以下に、各選択の利点と欠点を考察します:

天窓の更新(交換)

利点:

  1. 明るさの維持:天窓は自然光を部屋に取り入れる役割があります。新しい天窓を設置することで、部屋は明るく、開放感が保たれます。

  2. エネルギー効率:最新の天窓は、熱の損失や夏の暑さの侵入を防ぐための高度な技術や材料が使用されています。これにより、冷暖房のコストを削減することができます。

  3. 最新の機能:自動開閉機構や遮光機能、結露防止などの最新の機能を持つモデルを選ぶことができます。

欠点:

  1. コスト:天窓の交換は、取り外しや修理と比べてコストが高くなる可能性があります。

  2. 工事の大掛かりさ:取り外しや修理に比べて、交換工事はより大掛かりで時間がかかる場合があります。

天窓の取り外し

利点:

  1. 長期的なメンテナンスの削減:天窓がなくなれば、将来的な修理や交換の必要がなくなります。

  2. シンプルな天井:天窓を取り外してシンプルな天井にすることで、部屋のデザインが統一されます。

欠点:

  1. 自然光の減少:天窓を取り外すことで部屋から自然光が失われ、照明に頼る必要が増える可能性があります。

  2. コスト:天窓の取り外しと、その後の天井修復のコストがかかります。

  3. 部屋の感じが変わる:天窓がなくなることで部屋の雰囲気や感じが大きく変わる可能性があります。

最終的な選択は、現在の天窓の状態、住まいの要件、予算などの要因に基づいて行うべきです。適切な判断のためには、専門家の意見を求めることも考慮すべきです。



■なぜ天窓を選ぶべきかの魅力的な理由


天窓は多くの住宅や商業施設で採用されており、その理由にはいくつかの魅力的な点が挙げられます。以下に、天窓を選ぶべき魅力的な理由を詳しく解説します:

  1. 自然光の導入:天窓は天井から自然光を取り入れることができ、部屋を明るくして開放的な雰囲気を作り出します。これにより、照明に頼る時間が減少し、電気代の節約にも繋がります。

  2. 空間の拡張感:天窓があると、天井が高く感じられることが多いです。特に狭いスペースでも、天窓の存在により部屋が広く感じられることがあります。

  3. エネルギー効率の向上:最新の天窓は、断熱性能や遮光性能が向上しており、冷暖房の効率を上げることができます。これにより、エネルギーコストの削減に繋がります。

  4. 健康と快適性:自然光は人々の心身の健康に良い影響を与えます。日光浴は体内時計の調整やビタミンDの生成にも役立ちます。また、より自然な環境を感じることができ、リラックスや集中力の向上にも寄与します。

  5. 換気と空気の質:開閉可能な天窓は、部屋の換気を助けます。これにより、新鮮な空気が取り込まれ、室内の湿度や臭いの管理にも役立ちます。

  6. 景観との一体感:天窓を通じて、空、雲、星、木々などの自然の景観を楽しむことができます。これにより、自宅でありながらアウトドアの感覚を味わうことができます。

  7. デザインのアクセント:天窓は、住宅や施設のデザインのアクセントとしても機能します。独自の形状や配置を選ぶことで、個性的な空間を演出することができます。

天窓を導入する際には、適切な設計や配置、遮光や断熱性能などの性能を考慮することが大切です。これにより、天窓の魅力を最大限に引き出すことができます。


■天窓の施工中、効率的な足場の利用で経費を節約する方法


天窓の施工において、足場の設置は必要不可欠なものとなります。しかし、適切な足場の計画と効率的な利用により、工事経費の節約を図ることが可能です。以下に、足場を効率的に利用して経費を節約する方法を紹介します:

  1. 複数の工事を一度に行う:天窓の取り付けや交換と同時に、屋根の点検や修理、外壁の塗装など、他の作業も計画することで、足場設置のコストを一度で済ませることができます。

  2. 正確な計測と計画:事前に正確な足場の計測と配置の計画を立てることで、無駄な材料の購入や余分な労力を避けることができます。

  3. 短期間での施工を目指す:効率的な作業スケジュールを組むことで、足場のレンタル期間を短縮することができます。これにより、レンタル費用を節約することが可能となります。

  4. 再利用可能な足場材料を選択:一時的に使用する足場材料を再利用可能なものにすることで、将来の工事時に再度使用することができます。

  5. 経験豊富な業者を選ぶ:足場の設置や取り外しに熟練した業者を選ぶことで、作業効率が向上し、不必要なコストの発生を抑制することができます。

  6. 地域の業者を利用する:地域内の業者を利用することで、遠方からの輸送コストや時間のロスを削減することができます。

  7. 安全対策を徹底する:事故やトラブルを未然に防ぐための安全対策を徹底することで、追加の費用や作業の遅延を避けることができます。

最後に、コストを節約するためだけに安易な足場の選択や設置を避けることが重要です。安全性を確保しつつ、効率的な計画を立てることで、経費の節約と品質の両立を図ることが可能となります。


■天窓が自然災害で損傷した場合、火災保険が適用可能です

天窓が自然災害での損傷により、その機能や美観が損なわれた場合、多くの火災保険はその修理や交換の費用をカバーすることが可能です。以下に、この点に関しての詳細を紹介します:

  1. 保険の内容確認:火災保険にはさまざまなプランや内容が存在します。天窓の損傷に対する補償の有無や内容を事前に確認しておくことが重要です。

  2. 自然災害との関連:風雨、台風、地震などの自然災害による直接の損傷が補償対象となる場合が多いです。ただし、老朽化やメンテナンス不足による損傷は、補償の対象外となることがあります。

  3. 補償の手続き:損傷が発生した場合、速やかに保険会社に連絡し、適切な手続きを進める必要があります。具体的な手続きや必要な書類は、保険会社や契約内容によって異なります。

  4. 専門家の意見を取り入れる:天窓の損傷状況や修理の必要性を確認するため、専門家や業者の意見を取り入れることが推奨されます。これにより、適切な補償額を受け取るための根拠を得ることができます。

  5. 定期的な点検・メンテナンス:天窓の定期的な点検やメンテナンスを行うことで、老朽化や劣化を早期に発見し、適切な対策を講じることが可能です。これにより、自然災害時の損傷リスクを低減することができます。

最後に、火災保険の補償を受けるためには、天窓の状態や損傷の原因、発生状況を正確に報告することが必要です。不正確な報告や虚偽の情報提供は、補償を受けることができないだけでなく、契約の無効や罰金の対象となる可能性がありますので、注意が必要です。


■日本ベルックスの天窓の種類と特長を探る


「ベルックス」とは、国際的に有名な天窓メーカーで、高品質な製品を多く提供しています。特に日本においても、その高い機能性やデザインで多くの住宅や施設に採用されています。以下に、日本ベルックスの天窓の主な種類とその特長を概観します。(※正確なラインナップや詳細は、ベルックスの公式サイトやカタログ等で最新情報をご参照ください。)

  1. 回転窓

    • 特長: 中心部分で回転することができ、開閉が容易。

    • 利点: 高い位置に取り付けても、手軽に開け閉めができる。清掃も容易に行える。


  1. 上ひげ窓

    • 特長: 上部を基準に外向きに開くスタイル。

    • 利点: 雨の日でも窓を開けることが可能。通風効果が高い。


  1. 固定窓

    • 特長: 開閉しない窓で、光の取り入れに特化。

    • 利点: 窓自体の構造がシンプルで、隙間が少なく断熱性能が高い。


  1. 電動・リモコン窓

    • 特長: 電動で開閉することができ、リモコンでの操作が可能。

    • 利点: 高所に取り付けても操作が簡単。タイマーやセンサーとの連動も。


  1. エネルギー効率型窓

    • 特長: 高い断熱性能や遮熱性を持つ。

    • 利点: 省エネ効果が高く、季節を問わず快適な室内環境を維持。


  1. 安全・防犯型窓

    • 特長: 頑丈なガラスやフレームを使用し、セキュリティを高めている。

    • 利点: 万が一の際の安全性を向上させ、侵入を防ぐ。


ベルックスの天窓は、上記の基本タイプをベースに、さまざまなオプションや特化機能を組み合わせてカスタマイズすることができます。また、長年の技術蓄積と研究開発により、耐久性や機能性、デザイン性のすべてにおいて高い評価を受けています。


■天窓の取替えの具体的な事例を披露します


S夫妻の場合:

S夫妻は、築20年の一軒家に住んでいます。リビングの天窓からの自然な光が大好きでしたが、最近、天窓周辺の結露や雨漏りが気になり始めました。

交換前の問題点:

  • 雨の日に少量の雨漏りが見られる

  • 冬場に天窓の内側に結露が発生

  • 古くなったガラスの透明度が低下し、見える景色が曇って見える

解決策: S夫妻は、サンセイホームに相談。耐久性と断熱性に優れた最新の天窓に交換することを決意しました。

交換後の結果:

  • 雨漏りや結露の問題が解消された

  • 透明度が高い新しいガラスにより、外の景色がクリアに見えるようになった

  • 断熱性が向上し、室内の温度変動が緩やかになり、冷暖房の効率もアップ


T一家の場合:

T一家は、古いアパートから新しい一軒家へ引っ越してきた際、天窓の存在に驚きました。初めは明るさを楽しんでいましたが、夏になると部屋が過度に暑くなる問題に直面しました。

交換前の問題点:

  • 日差しの直射により部屋が過度に暑くなる

  • エアコンの冷気が天窓から逃げるため、効率が悪い

解決策: 遮熱性・断熱性に優れた天窓に交換することを決定。

交換後の結果:

  • 遮熱機能が向上し、夏の過度な暑さが緩和された

  • エアコンの効きが良くなり、電気代の節約につながった

K夫妻の場合:

K夫妻の住む家は、海沿いの風光明媚な場所に位置しています。しかし、強い風や塩害により、天窓のガラスが曇ってきてしまいました。

交換前の問題点:

  • ガラスが白く曇って、外の景色が見づらくなる

  • 塩害によるガラスの劣化

解決策: 塩害に強い特殊なガラスとフレームを持つ天窓に交換。

交換後の結果:

  • クリアな景色が楽しめるようになった

  • ガラスの長持ちとメンテナンスの軽減

Tシングルマザーの場合:

Tさんはシングルマザーとして2人の子供と一緒に暮らしています。築30年の賃貸アパートに住んでおり、天窓からの雨漏りが悩みでした。

交換前の問題点:

  • 雨の日に天窓からの雨漏りが発生

  • 修理を繰り返しても問題が繰り返し発生

解決策: 大家さんによって完全に新しい天窓に取り替えることを選択。

交換後の結果:

  • 雨漏りの問題が完全に解消

  • 室内の湿度の低下と健康面での安心感を得られた

これらの事例から、天窓の取替えがもたらす効果やその必要性を理解していただけることと思います。


天窓についてお困りのことがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

屋根や外壁のリフォームなどお家のことならなんでも、おまかせください。



必見!プロが教える外壁塗装の見積書の見方と選び方!



LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。