屋根塗装をするなら遮熱塗料で冷房効果向上!!遮熱塗料を使うメリットとデメリットを徹底分析!




業者に遮熱塗料を勧められ、効果やメリット・デメリットなどを調べました。



遮断塗料は、塗装工事で使用されることがとても多くあります。


自宅に合う塗料なのか、判断が必要です。


この記事では、遮熱塗料とはどんな塗料があり、効果やメリット・デメリットを分かりやすく解説していきます。


そして、プロがおすすめする塗料と遮熱塗料に関するQ&Aもご紹介。



遮熱塗料を検討している方は、参考にして頂きた




1章 遮熱塗料とは 

遮熱塗料とは、太陽光を効率よく反射して、建材の温度上昇を抑える塗料のことです。


建材の温度が下がることで、建物内部に伝わる熱も軽減され、涼しくなります。


遮熱塗料は、屋根用と外壁用があります。


太陽光を強く浴びるので、屋根に使用されることが多いです。



また、遮熱効果のない費用と比較して、費用の差は少ないです。


費用面を考慮し、選ぶことが多い人気の塗料です。


遮断塗料は、夏の暑さの悩みに適しています。



2章 遮熱塗料の効果

遮熱塗料の効果は、屋根の表面温度を低下させ、それに伴い室内の温度も低下させます。


以下は、日本ペイントの「サーモアイ」という遮熱塗料の実験結果です。




遮熱塗料を塗装することで、屋根の表面温度が10.5℃削減し、室内温度も3℃低下しました。


特に夏場は、屋根の温度も上昇しやすいので、効果を感じやすくなります。



3章 遮熱塗料のメリット・デメリット

遮熱塗料は、良い面だけでなく、注意点もあります。


後悔しない塗料の選択をするために、どちらも把握しておきましょう。



3-1 〇 夏の暑さが軽減


遮熱塗料の最大のメリットは、暑さが軽減されることです。



屋根の表面温度が下がるので、室内に伝わる熱もおさえられます。


夏の暑さの悩みに、ぴったりの塗料です。


3-2 〇 節電・省エネ

遮熱塗料で暑さが軽減されると、冷房の温度設定が上がり(又は使用頻度が下がり)節電・省エネに繋がります。


設定温度を1℃上げると、電気代が約13%削減効果があります。



また、冷房は使用時にCO2の排出が多いです。


使用頻度が減ることで、地球温暖化防止にも繋がります。


3-3 〇 熱による劣化防止



遮熱塗料での塗装は、熱による劣化を防ぐことが出来ます。



建材は、日射熱でも劣化します。


表面温度が下がると、劣化速度を遅らせることが可能です。



3-4 × 効果が分かりにくい場合もある

遮熱塗料は、効果が分かりにくい場合もあります。



効果が分かりにくいのは、日当たりが悪い家や、断熱機能が優れている家です。


日当たりの悪いお家は、太陽の熱で室内の温度が暑くなりにくいです。



また、屋根・外壁に断熱材が入っている家も含みます。


家の構造的に熱が伝わりにくいので、遮熱塗料の効果は分かりにくいです。



効果が分かりやすいのは「断熱機能がない工場」「プレハブ」「日当たりが良い家」などです。




「夏の暑さ」や「冬の寒さ」にお困り・お悩みの方は、断熱リフォームをおすすめします。




塗装工事の目的は、あくまでも表面の防水効果を高めることです。



断熱や遮熱を目的にした工事をしたい方は、別のリフォームを行いましょう。


例を挙げると、断熱材を入れることや遮熱フィルムを貼ることなどです。


3-5 × 色が限定



遮熱塗料は、選べる色が限定される場合があります。



メーカーは、遮熱効果が出やすい色を限定して製造する場合があります。


もしくは、塗料の成分の関係で、作れない色がある場合もあります。



塗料を選ぶ前に、色のバリエーションも確認しましょう。


4章 おすすめの遮熱塗料3選

遮熱塗料の中でも特に「おすすめの3つの種類」をご紹介します。


それぞれの特徴を見て、ご自宅に合ったものを選びましょう。


4-1 抜群の遮熱性が魅力!RSルーフ2液F



まず初めにご紹介するのが、関西ペイントの「RSルーフ2液F」です。



フッ素樹脂の塗料で、耐候性に優れています。


また、遮熱性も高く、表面温度が最大20℃低減するなどの効果が期待できます。


この塗料はリフォームサミット店でのみ取り扱いが出来ない塗料です。


この塗料を使用できる=安心して任せられる業者として、業者選びにも役立てていただけます。


※リフォームサミット店とは

関西ペイントが支援する研修を受けた塗装業者のみが認定されます。


「お客様に高品質な施工サービスを提供したい」というメーカーの想いで作られた取り組みです。


4-2 +断熱効果で快適!キルコ



次にご紹介するのが、シンマテリアルワンの「キルコ」です。



キルコは遮熱性だけでなく、断熱性にも優れています。


夏の暑さだけでなく、冬の寒さにお悩みの方にピッタリの塗料です。


また水性塗料のため、塗料の臭いが少ないです。


4-3 様々な場所で使える!サーモアイ



最後にご紹介するのが、日本ペイントの「サーモアイシリーズ」です。



サーモアイシリーズは、屋根や外壁だけでなく、屋上やベランダ、路面にも施工が出来ます。


5章 遮熱塗料に関するQ&A

遮熱塗料に関するQ&Aをまとめました。


塗料選びで疑問に思ったことなどを、チェックしていきましょう。

5-1 遮熱塗装をすれば補助金がもらえる?




A、遮熱塗装が補助金(助成金)の対象になる地域と、ならない地域もあります。



また、使用する塗料は関係なく、塗装工事自体に補助金が出る自治体もあります。



神奈川県で塗装工事に補助金が出る地域は「座間市・三浦市・葉山町」などです。


使用する塗料を限定していません。(※令和3年7月時点)



遮熱塗装によって補助金が受け取れるかは、お住まいの自治体に確認してみましょう。



5-2 選ぶ色によって効果の差はある?




A、実感できるほどの差はありませんが、淡い色の方が反射率が高くなります。


屋根や外壁も黒に近い色を選ぶと、表面温度が暑くなりやすいです。


サーモアイの色見本(日射率)



左側の数値が反射率です。


効果を最大限に得るのには、白に近い淡い色をおすすめします。

5-3 冬の寒さが心配



A、遮熱塗料を塗ったことで、冬場寒くなることはありません。


夏場は、太陽から多量の熱エネルギーを受けるので、その分室内に熱が伝わります。



それに対して冬は、少しの熱エネルギーしか受けず、建材が熱を帯びることもありません。


そのため、その熱エネルギーが室内の温度に与える影響は少なく、遮熱塗料によって寒くなることはありません。


まとめ


遮熱塗料とは、太陽光を効率よく反射して、建材の温度上昇を抑える塗料です。

実際に、遮熱塗料を塗った屋根と塗らない屋根では、約20℃の温度差が出た実験結果もあります。

暑さが軽減されると、節電・省エネ、屋根自体の劣化を遅らせることにも繋がるので、利点も多いです。


ただし、場合によっては効果を感じにくいことや、選べる色が限定する点は、あらかじめ注意しておきましょう。

また、おすすめの遮熱塗料は以下の3点です。


・関西ペイント「RSルーフ2液」

・シンマテリアルワン「キルコ」

・日本ペイント「サーモアイ」


それぞれ特徴がありますので、ご要望に合ったものを選んでみてください。





[無料]外壁・屋根塗装・屋根リフォーム見積もり 100枚の点検写真!



「外壁塗装、屋根塗装、屋根リフォーム、我が家は実際いくらくらいかかるのかな?」


「そろそろとは思うけど、外壁・屋根塗装、屋根リフォームってどこに頼んだらいいの?」 とお悩みではありませんか?


そんな方は一度、塗装専門店や板金工事専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。 今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。


株式会社三誠ホームサービスでのお見積作成は、

50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断+写真付き点検報告書を進呈!

・我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書!

・塗料プランは3パターン以上もらえて比較検討できる専門用語もスタッフが分かりやすく解説!

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​株式会社三誠ホームサービス 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。