スレート屋根の塗料、どう選ぶ?塗料選びのポイント解説&プロ推薦の塗料3選



スレート屋根にはどの塗料がいいの?

我が家に合った塗料はどれ?


と、塗料選びでお悩みのあなた。


スレート屋根は日本で最も普及率が高く、塗料もたくさんの種類があります。

どれがいいのか、迷ってしまいますよね。


そこで、この記事では

・スレート屋根の塗料の選び方

・プロが選ぶおすすめ塗料

について解説していきます。


また、高性能な塗料でも、適切な工事をしなければ効果が発揮されません。

そこで、塗装工事を成功させるための3つのポイントもあわせて紹介していきます。


大切なご自宅の屋根に合った塗料を選んで、お家を永く守っていきましょう。



1 スレート屋根の塗料選びのポイント

スレート用の塗料を選ぶ際は、

①グレード

②水性・油性

③特殊機能

の3点に注目しましょう。

それぞれどういったものなのかを知ることで、ご自宅の状態に合った塗料を選ぶことができます。

今後についてご家族と相談したり、ご自身のライフプランなどを総合的に考えながら、塗料を決めていきましょう。


①「グレード」 価格と耐用年数


塗料には「グレード」というものがあり、屋根塗装ではウレタン・シリコン・フッ素・無機の4種類が主に使用されています。

※アクリル塗料は耐久年数が低く塗り替えに適さないため、ほとんど使われることはありません。


グレード別におおよその耐久年数があり、長持ちする塗料ほど高くなります。

どのくらい長持ちさせたいか、予算はどのくらいかを考えて、塗料を選ぶ必要があります。


「金額を抑えたいから、安い塗料がいい」もしくは「とにかく長持ちさせたいから、高くてもいい」と考えてしまいそうになりますが、大切なのは

「ご自身のライフサイクルを考慮して塗料を選ぶ」

ということです。


塗料の耐用年数が過ぎたら、屋根の保護のため再度塗装が必要になります。

ですので、次の塗装工事はいつだったら都合がいいのか?と考えることが重要です。


【塗料選びの例】

このように、お子様の進学・老後の住まいなど、ライフイベントや将来の生活プランを考えて、どのくらい耐用年数があればいいかを決めるのがおすすめです。



②「水性・油性」 シンナーが苦手な方は注意

塗料は、グレード別に分かれていて、そこからさらに「水性」と「油性」に分けられます。


そもそも塗料には「顔料」「合成樹脂」といった固体が使用されており、それらを塗りやすいように液体に溶かして使用しています。

このとき、水で薄めるのが水性塗料、シンナーで薄めるのが油性塗料です。


基本的に油性塗料のほうが紫外線に強く、耐久性も高いため屋根塗装には油性塗料がおすすめです。

屋根は外壁と比べても直接紫外線や雨風の影響を受けやすく、強い塗装の保護が必要となるからです。


ただ、油性塗料はシンナーを使用するため、施工中はシンナーのにおいがします。

シンナーのにおいが苦手、気分が悪くなりやすい、といった方は水性塗料を選びましょう。


一昔前までは、「水性は耐久性が低く、屋根には不向き」と言われており、屋根塗装にはほとんど油性塗料が使用されていました。


しかし最近では環境保護の観点から水性塗料が推奨され、塗料メーカーも耐久性のある水性塗料を多く開発しています。

油性と同等の耐久性を持ち、屋根塗装に使用できる水性塗料も増えています。

ですので、油性じゃないとだめ、水性は屋根塗装には使えない、というわけではありません。


シンナーのにおいは大丈夫か、施工中のにおいが心配ではないか…といったことも、ご家族と相談するといいですよ。


【 CHECK!】「外壁は水性・屋根は油性」の組み合わせが人気です

窓より高い位置にある屋根は、塗装の際に油性塗料を使用しても、外壁塗装よりシンナー臭は気にならない方が多いです。

最近は、外壁は水性・屋根は油性の塗料を使用する方が増えています。

ただ、においですぐに気分が悪くなってしまったり、シンナーにアレルギーのある方は、無理せずに

屋根も水性を選ぶのがおすすめです。


③「特殊機能」 ご自宅のお悩みを解決できるかも?

スレート用塗料の中には、特別な性能を持つものがあります。

立地や環境によっても、家のお悩みは様々です。

以下のような機能を持った塗料で、お困りごとが解決できるかもしれませんので、検討してみるといいでしょう。


・遮熱塗料

太陽光を反射する効果のある塗料です。

屋根の温度が上がるのを防ぎ、室内の温度上昇も2~3度抑制する効果が期待できます。

夏場はエアコンを効率的に使用することができるため、節電やエコにも繋がります。

おすすめ:日当たりがいい立地・2階の暑さ対策をしたい方


・断熱塗料

熱伝導を抑制し、室内の温度変化を抑えてくれる効果があります。

冬場の室内の温度低下を抑えてくれるので、結露の抑制・暖房の効率的な使用が期待できます。

遮熱効果もあるものが多く、同時に暑さを抑えることも可能です。

おすすめ:冬の寒さを抑えたい・寒冷地にお住まいの方


・低汚染塗料

汚れにくく、汚れがついても雨で洗い流してくれる機能を持った塗料です。

水と馴染み、汚れとは馴染みにくい「親水性」、太陽光によって汚れを分解する「光触媒」といった

性質のものがあります。

おすすめ:排ガスや土埃が多い立地・砂や火山灰などで汚れる可能性がある・汚れが目立ちやすい白系に塗りたい方


・防カビ・防藻塗料

カビやコケ・藻が繁殖しにくくする効果を持つ塗料です。

外観を美しく保つことができ、お住まいが原因で起こるシックハウス症候群の予防、建物の劣化を遅らせることも期待できます。

おすすめ:日当たりが悪い、日陰の立地・湿気が多い環境


「夏場とにかく暑く、室温が上がるのを抑えたい」「近くに工場があるので、外壁や屋根が汚れやすい」など、お住まいの場所や周辺の環境によってお悩みは様々です。

塗料で解決できるかもしれませんので、お悩みに合わせて特殊機能のある塗料を選ぶのもおすすめです。



2 プロ厳選!スレート屋根におすすめの塗料

選び方は分かっても、たくさんの塗料の中からひとつを選ぶのは難しい!という方も多いと思います。

そこで、塗装のプロが選ぶおすすめ塗料を3つご紹介します。

すべて実績のある大手メーカーの塗料で、グレードが異なる塗料を選びました。

お困りの方は、ぜひ塗料選びの参考にしてください。


1 油性と同等の耐久性能「ルーフピアニ」

種類:水性・シリコン系塗料

耐用年数:10~15年

単価相場(㎡):2,300~3,500円

特徴:ナノテクノロジー技術による高耐久性

こんな方におすすめ:シンナーが苦手な方・環境に配慮した塗装をしたい方・屋根の汚れが気になる方


最初に紹介するのは、高品質な屋根用塗料で有名な大手メーカー・水谷ペイントの「ルーフピアニ」です。

水性塗料ですが、業界初のナノテクノロジー技術により、油性と同等の高密度な塗膜をもちます。

汚れに強く、耐久性も優れています。


においが気になるため油性塗料を避けたい方や、屋根が汚れやすい環境・立地で、耐汚染性の塗料がいいという方におすすめです。


2 遮熱性が高い「RSルーフ2液F」

種類:油性・フッ素塗料

耐用年数:15~20年

単価相場(㎡):3,800~4,800円

特徴:遮熱性能が高い

こんな方におすすめ:夏場の暑さ対策をしたい方・コスパ重視の方


続いて紹介するのは、塗料の老舗メーカー・関西ペイントの「RSルーフ2液F」です。

赤外線を効率的に反射する遮熱機能を持った塗料で、太陽光によって屋根の温度が上がるのを抑える効果があります。

屋根の温度上昇が抑えられると、結果的に夏場の室内の暑さも抑えることができ、エアコンの節電・エコにもつながります。

夏場の暑さを少しでも和らげたいという方や、日当たりがいい住宅におすすめの塗料です。


また、こちらの塗料は、販売元である関西ペイントの認定を受けた施工業者しか使用できません。

RSルーフ2液Fを塗装できるということは、メーカーに認められている業者とも言えるので、業者選びのひとつの目安にするのもおすすめです。


3 抜群の耐久性で長持ち「セラスタールーフ」

種類:油性・無機塗料

耐用年数:20~25年

単価相場(㎡):4,300~5,500円

特徴:フッ素を越える高耐久性・紫外線に強い・防カビ防藻性能がある

こんな方におすすめ:塗装を長持ちさせたい方・日当たりのいい住宅にお住まいの方


3つめは、ジャパンカーボライン社の無機塗料「セラスタールーフ」をおすすめします。

カーボライン社は、重防食分野で国際的にも知名度の高いメーカーです。

重防食塗料は抜群の防腐性と防カビ性を持ち、定期的な塗り替えが難しい橋、道路などに使用されます。


カーボライン社の塗料は、エッフェル塔・自由の女神など世界的に有名な建造物をはじめ、日本でも東京国際フォーラムや空港などにも使用されています。

多数の実績を持つ企業ですので、一般住宅に使用される「セラスタールーフ」も勿論圧倒的な耐久性能を誇ります。


ただ、一般的に屋根塗装に使用される塗料の中では、価格は高めです。

長期間メンテンナンスをするのが難しい、塗装工事の回数を減らしたい、という方におすすめです。



3 塗装工事を成功させるためのポイント

塗料選びと同等に、塗装工事の質・施工店のサービスも重要なポイントです。

どんなに高品質な塗料を使っても、屋根の状態に合っていなかったり、適切な方法で塗装をされなければ、その効果は発揮されません。


そこで、最後に、塗料の性能が最大限発揮されるためのチェックポイントを3つ紹介します。

依頼しようと思っている業者が以下のような対応をしているか、確認してから工事を進めるのがおすすめですよ。


1 点検で屋根を細かくチェックしてもらう

工事前に必ず屋根の状態を細かく点検してもらい、写真を撮ってもらうなどして、自分の目でも確認しましょう。


スレート屋根の細かな劣化は、実際に屋根にのぼって確認しなければ分かりません。

以下の写真のように、かなり近づかなければ劣化症状が確認できない場合がほとんどです。

劣化の状態によっては塗装前に補修工事が必要だったり、場合によっては塗装だけでは補強ができず、リフォームが必要になることもあります。

見積もりの段階で、どのような工事が必要か判断するために、丁寧な点検作業は必ず必要です。


最近では、直接のぼって点検するほか、ドローンや高所カメラを使う業者も増えていて、3階建ての住宅などでも点検ができるようになっています。


見積もり時に、劣化の小さな初期症状まで、しっかりとチェックしてもらうようにしましょう。



2 メーカー保証があるかどうか

多くの施工店では、塗装工事に関して保証期間を設けています。

これは施工店が各々に設定した保証であり、同じ塗料を使用したとしても、内容・期間は様々です。


こういった施工店の保証とは別に、塗料メーカーからも保証が受けられる場合もあります。

施工店が塗装の技術力をメーカーから認められており、かつ塗料の使用量などをメーカーに報告する義務を負うことで、メーカー保証を受けることができます。


スレート屋根の塗装は工事中の様子が確認できないため、きちんと工事をしているか自分たちでチェックすることはできません。


メーカー保証がある=メーカーからも認められている優良業者ともいえるので、メーカー保証がある業者を選ぶのがおすすめです。


3 作業中の写真を撮って見せてもらう

塗装工事中は、作業の様子を写真に撮って見せてもらえると安心です。


屋根の塗装中は必ず足場が組んであるうえ、周囲に塗料が飛んでしまわないようにメッシュシートを取り付けるため、職人さんの作業の様子を確認することは困難です。


写真があれば、工事の様子を知ることができ、業者が適切な工程で進めていることも分かるので、

安心できます。

見えないから手を抜くという業者は言語道断ですが、そうでなくても、間違いなく作業をした、と写真を見せてくれる業者は、より信頼できます。


工事を正式に依頼する前、点検や見積もりの段階で、工事中の写真を残してくれるかどうか、確認するのがおすすめです。



4 さいごに

今回は、スレート屋根の塗料の選び方、おすすめ塗料、さらに塗装を成功させるためのポイントを紹介しました。


〇スレート塗装の塗料の選び方

・「グレード」価格・耐用年数をチェック 自分のライフプランに合わせて選ぼう

・「水性・油性」油性がおすすめ シンナーが苦手なら水性を

・「特殊機能」ご自宅のお悩みに合わせてチェックしよう



〇スレート塗装におすすめの塗料

・「ルーフピアニ」油性と同等の耐久性能

・「RSルーフ2液F」遮熱性が高い

・「セラスタールーフ」抜群の耐久性で長持ち


〇スレート塗装を成功させるためのポイント

・点検で屋根の状態を細かくチェック

・メーカー保証がつく業者に依頼しよう

・工事中の写真を撮って見せてもらおう



スレート屋根の状態やご自宅の立地などによって、最適な塗料は様々です。

塗料選びのポイントを抑えて、塗装工事を成功させましょう!


最後までお読みいただきありがとうございました。



[無料]外壁・屋根塗装・屋根リフォーム見積もり 100枚の点検写真!



「外壁塗装、屋根塗装、屋根リフォーム、我が家は実際いくらくらいかかるのかな?」


「そろそろとは思うけど、外壁・屋根塗装、屋根リフォームってどこに頼んだらいいの?」 とお悩みではありませんか?


そんな方は一度、塗装専門店や板金工事専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。 今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。


株式会社三誠ホームサービスでのお見積作成は、

50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断+写真付き点検報告書を進呈!

・我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書!

・塗料プランは3パターン以上もらえて比較検討できる専門用語もスタッフが分かりやすく解説!

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​株式会社三誠ホームサービス 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。


Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川