サイディング外壁は塗装メンテナンスが「必要」!劣化のサイン5つと費用相場も解説




サイディング外壁にしたのに、最近塗装業者の営業がよく来るなあという方。


「塗装が必要ないって聞いてサイディング外壁にしたのに…」


「本当は塗装のメンテナンスが必要なの?」


と不安になっていませんか?


工務店やハウスメーカーから「サイディング外壁は塗装が必要ないんです」と説明される方も多く、

自宅のサイディングはそのままで大丈夫だと思い込んでしまっている方も結構いるんです。


しかし、基本的にサイディング外壁は塗装によるメンテナンスが必要です!


日本で使われている約7割のサイディング外壁※は定期的に塗装をし直す必要があります。

※この記事ではシェア7割の窯業系サイディングについて解説。


本記事では、

  • サイディング外壁に塗装が必要になる理由

  • 放置していると危ない5つのサイン

  • サイディング外壁の塗装にかかる費用相場

などを詳しくご紹介します。


その他に、自分でも判断できる劣化のサイン塗装費用を節約するコツなども合わせてお伝えしていきます。


サイディング外壁を正しくメンテナンスして、大切なお家を長持ちさせましょう。



1章 サイディング外壁の「塗装不要説」は間違い!



サイディング外壁は基本的に塗装が必要なものです。

塗装しないままだとサイディングが水を吸いボロボロになってしまいます。


サイディングは製造される際、水を弾くよう塗装され、色付けされています。

この塗装は年数が経つにつれて紫外線によって劣化し、塗料に含まれる油分の効果が薄れて水を吸うようになってしまうのです。


▼15年塗装していないサイディング外壁



このように築10年を過ぎても塗装していないサイディングは、水を吸い込んで脆くなり、ひび割れが発生します。

そのまま放置していると、サイディングの隙間から雨が入り雨漏りが発生することもあります。


▼20年塗装していないサイディング外壁



サイディングの表面が剥がれ落ちてしまっています。

この状態になると、水がお家に入り込んでしまっている可能性が高いです。


劣化が進み雨漏りをしてしまうと大規模な大工工事をする必要があり、結果的に工事費用も2~3倍になってしまいます。

大切なお家を雨風や紫外線から守り、余計な費用をかけないためにも、塗装によるメンテナンスは必須です。


~塗装不要なのは「樹脂サイディング」~

サイディング外壁の中でも塗装が不要なのは、樹脂で作られた「樹脂サイディング」です。

海外では使われていますが、日本ではほぼ使われていません。

この樹脂サイディングは塗装なしで約40年持ちますが、劣化した場合は張り替えが必要です。


また、「難付着サイディング」が使われている場合は塗装に注意が必要です。

難付着サイディングには「光触媒」「親水性」「無機」「フッ素」などの表面コーティングがされています。

コーティングされている分汚れが付きにくいというのが特徴ですが、その分塗料も乗りにくいというデメリットも。

難付着サイディングの再塗装には、塗料選びや施工にも注意する必要があります。


2章 塗装が必要なサイン5つ



ここからは、サイディングの塗装のタイミングとなるサインについて解説します。

簡単に確認できるので、ご自身でもご自宅の外壁をチェックしてみましょう。


2-1 築7~8年を過ぎている


ご自宅が築7~8年を過ぎている場合、塗装が必要になっている可能性があります。

少々早く感じるかもしれませんが、実は築7年ほどでサイディングの塗装の防水性は無くなってしまうんです。


築10年を区切りに考える方も多いとは思いますが、ご自宅を長持ちさせるためにも早いうちから塗装を検討し始めましょう。


2-2 外壁に触ると粉が付く



サイディング外壁に触ると手に粉が付いてくる状態(チョーキング現象)は、塗装が劣化しているサインです。


外壁用塗料には顔料(色付け用の粉)と樹脂(油分)が含まれています。

この「樹脂」には水を弾くはたらきがあり、新築時には雨が壁に染み込むのを防いでくれます。

しかし年数が経って紫外線によって油分が劣化してしまうと、外壁には顔料だけが残り、チョーキング現象を起こしてしまうのです。


チョーキング現象が起きている壁は、劣化して防水性を失っている状態です。

再塗装をして壁に水が染み込まないようにする必要があります。


2-3 壁にひび割れがある



外壁をよく見てみると、小さくひび割れがあるかもしれません。

これも塗装の時期が近付いているサインです。


防水性が落ちて水を吸うようになったサイディングは、雨水を吸って膨張し、その後乾いて収縮するのを繰り返します。

その動きを何度も繰り返すことによってサイディングにヒビが入ってしまうのです。


特にサイディングを固定している釘の周辺や窓サッシ回りは、ひび割れが入りやすくなるため注意して観察してみましょう。


また、サイディング外壁の場合は間にある目地(コーキング)のひび割れにも注意が必要です。




コーキングはゴムのような柔らかい弾力のある素材です。

  • つなぎ目を埋めて水の侵入を防ぐ

  • 地震の揺れを吸収する(緩衝材)

という役割があります。

、コーキングも紫外線に弱く、年数がたつと劣化して固くなりひび割れてしまいます。


サイディングもコーキングもひび割れが起きると見た目の悪化はもちろん、ひび割れから水が入り防水効果が落ちてしまうのです。

雨の侵入を防ぐためにも、ひび割れはすぐに塗装してメンテナンスする必要があります。


2-4 カビ・コケが生えている



サイディング外壁に緑色や黒色のカビやコケが生えていることがありますよね。

劣化した壁に繁殖しやすいカビやコケは、外壁の劣化のサインです。

進行を防ぐためにも塗装の塗り直しを考えましょう。


なぜ劣化したサイディング外壁にカビやコケが生えてしまうのかというと、壁が防水効果を失うことで、水を含むようになるからです。

そこに水分が多い環境を好むカビやコケの胞子が付着して増えてしまいます。



初期の状態なら水でも洗い落とすことはできますが、末期になってしまうと深く根が張ってしまい水洗いでは落とせなくなってしまいます。

根が深く張ってしまうと、サイディングの交換が必要です。

カビ・コケが生えてきたら、なるべく早くメンテナンスをすることが大切なんです。


2-5 浮き・反りがある



このように、サイディングが浮いているように見えることがあります。

これはサイディングの反りと呼ばれる現象で、すぐにメンテナンスが必要な状態です。


劣化したサイディングが雨の日に水分を吸い晴れた日に表面から乾燥することを繰り返すと、このように反ってしまいます。

そして、一度反ってしまうと元に戻ることはありません。


反りが起きる前に塗装を行うことが大切ですが、もしこのような状態になっていたらすぐに塗装を検討しましょう。


3章 費用相場と費用節約のコツ3つ


ここからは気になるサイディング塗装の費用についてお伝えします。

一般的な費用の相場だけでなく、工事費用をお得にするコツもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。


3-1 サイディング塗装の費用相場とは



一般的※なサイディング塗装の費用はおよそ70~160万円です。※2階建て30坪の場合


塗装費用は塗料のグレードによっても変動します。


▼塗料別費用相場


ウレタン塗料は

  • リーズナブル

  • 耐用年数は短い

無機塗料は

  • 耐用年数が長い

  • 費用が高額

という特徴があります。

予算や年数を考えて塗料を選びましょう。


3-2 塗装費用を節約する3つのコツ

サイディングの塗装費用はなるべく安く抑えたいですよね。

ここからは費用をなるべく節約するコツを3つ紹介します。


①キャンペーンを利用

塗装を考えている方は、塗装業者が行うキャンペーンをチェックしてみましょう。


「新春キャンペーン」や「秋の外壁リフォームキャンペーン」など、季節ごとにキャンペーンを行う業者もあります。

常時よりも5~20%値引きされることもあり、費用を安く抑えたい方にはぴったりです。


ただ、キャンペーンのタイミングは様々なので、安くなるのを待って塗装のタイミングを逃してしまうことには注意しましょう。


また、「モニターキャンペーンで大幅値引き」などの50万円以上の値引きは品質に問題がある場合もあります。

長持ちしなかったり丁寧に仕事をしてもらえない可能性もあるので、なるべく避けた方が安心です。

②閑散期を選ぶ

塗装工事は年中できますが、天候や気温が不安定な梅雨、夏、冬には工事の件数は少なくなりがちです。


業者との打ち合わせの際、「時期はお任せするので、少し安くしてもらえませんか?」と値引き交渉をしてみるのもおすすめです。

上記のような閑散期であれば、値引きしてもらえる可能性もあります。


ただし、無理な値引き交渉は業者との信頼関係に関わるためやめておきましょう。


③他の工事と合わせて依頼する

サイディング塗装の費用を抑えるコツは、足場が必要な工事を一緒に依頼することです。


足場費用は塗装工事費用のうち15~20%ほどを占めるため、足場費用がかかる工事を一緒にやっておけばその分費用が節約できます。


足場をかける工事の例としては屋根塗装や屋上防水、雨どい交換などです。

このような工事は同じタイミングで済ませてしまうのがおすすめです。


ご紹介したコツをうまく使って、工事費用を節約しましょう!


4章 こんな業者に任せたい!優良業者の特徴とは



サイディング塗装の品質を左右する一番の要因は業者の質です。

この章では安心して工事を任せられる業者の特徴を3つのポイントに絞って紹介します。


4-1 地域で実績がある



一つ目のポイントは、その地域で施工実績がある業者に依頼することです。


良い塗装業者を選びたい場合、最初にチェックしたいのは実績数です。

色々な条件のある現場を経験してきた業者であれば、どんなトラブルにも対応できるような、知識や技術の積み重ねがあります。

契約前には塗装工事の実績数をホームページなどで確認しておくことをおすすめします。


また、どんなに良い業者でも、なるべくお家のある地域内から選ぶことも大切です。

離れた地域の業者の場合、出張費がかかるケースもありますし、工事後に気になることがあっても対応が遅くなってしまうこともあります。


業者選びの際は、まずお家の近くにあること、そして塗装工事の実績が多い業者に依頼することを心がけておきましょう!


4-2 点検に時間をかける



60分以上かけて点検をする業者はおすすめです。


壁の状態を点検せずに塗装工事をしてしまうと、補修が必要なところが分からず、工事後に問題が起きる可能性もあります。

特にサイディング外壁の場合はコーキングの状態の確認なども工事前の大切な工程になります。

また、外壁は面によって劣化状況が変わるため、家の周りを一周してチェックすることも必要です。

最低限の点検をしていると、自ずと1時間程度の時間がかかってしまいます。


業者の中には、外壁を点検せず、お家の大きさだけを測って見積もりを出す業者もあります。

ある程度点検に時間をかけてくれる業者を選ぶのも重要なポイントです。


4-3 詳細な見積もり提案



見積もり書に単価や数量、工事内容が細かく記載されている業者を選びましょう。

加えて、見積もり書の内容について分かりやすく説明してくれる場合もおすすめです。


中には見積もり書に「工事一式=××円」とだけ記載するような不親切な業者もいます。

これでは工事内容や塗料が変更されてしまっても分からず、最悪の場合金額をごまかされてしまったとしても証拠になりません。

具体的な見積もりを出してくれる業者を選ぶと安心です。


また、お客様には塗装の知識がないのは当たり前です。

工事後に後悔のないよう、しっかりと説明をして納得してもらった上で契約を結ぶことは、業者の義務でもあります。

サイディング外壁の特徴やコーキングの役割、塗料などの説明を丁寧にしてくれる業者を選びましょう。


まとめ


サイディング外壁は塗装不要と思っている方も多いですが、日本で使われているほとんどのサイディング外壁は塗装のメンテナンスが必要です。


サイディング外壁は年数が経つと防水性がなくなり劣化してしまいます。

そしてそのまま劣化が進んでしまうと、お家全体が雨漏りしてしまうこともあり、大変危険です。


この5つの症状があれば塗装を検討してください。

  1. 築7~8年を過ぎている

  2. 外壁に触ると粉が付く

  3. 壁にひび割れがある

  4. カビ・コケが生えている

  5. 浮き・反りがある

サイディングの塗装の一般的な費用相場は70~160万円です。


また、品質の高い仕上がりのためには、業者選びも大切です。

  • 地域で実績がある

  • 点検に時間をかける(60分以上)

  • 詳細な見積もり提案

上記のような業者に依頼することをおすすめします。

サイディング外壁を正しくメンテナンスをすることは、お家自体を守ることにも繋がります。

最後までお読みいただきありがとうございました。


[無料]外壁・屋根塗装・屋根リフォーム見積もり 100枚の点検写真!



「外壁塗装、屋根塗装、屋根リフォーム、我が家は実際いくらくらいかかるのかな?」


「そろそろとは思うけど、外壁・屋根塗装、屋根リフォームってどこに頼んだらいいの?」 とお悩みではありませんか?


そんな方は一度、塗装専門店や板金工事専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。 今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。


株式会社三誠ホームサービスでのお見積作成は、

50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断+写真付き点検報告書を進呈!

・我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書!

・塗料プランは3パターン以上もらえて比較検討できる専門用語もスタッフが分かりやすく解説!

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​株式会社三誠ホームサービス 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。