top of page

足立区舎人でガイナ塗料を使用して屋根外壁塗装



目 次



工事のきっかけを伺いました

足立区舎人のお客様より、外壁塗装のお問い合わせをいただきました。


外壁に、ヒビを発見したのがきっかけです。

外壁の色も褪せてしまったので、そろそろメンテナンスの時期かなと思ったそうです。


工事を依頼するなら、地元の方が安心とのことで、足立区での施工実績の多い、地元のヌリプロ110番にご依頼いただきました。


今回の工事の基本情報

施工内容:外壁塗装・屋根塗装・シーリングの打ち替え


使用材料:

屋根下塗り サーモテックシーラー

外壁下塗り エピテックフィーラーAE

外壁・屋根塗装 ガイナ

コーキング材 オートンイクシード





バイオ洗浄+高圧洗浄で、徹底的に汚れを洗い流します

まずは、屋根と外壁の洗浄です。


今回は、バイオ洗浄でカビやコケなどを根こそぎ洗い落とします。


バイオ液は、水と希釈して使用しています。

お客様のお宅の水道水を使わせていただきますので、ご了承くださいませ。


【右の画像】

屋根のバイオ洗浄の様子。


カビやコケが付着していた屋根も、キレイになりました。

【左の画像】

外壁のバイオ洗浄の様子。


私どもが使用している洗浄機は、業務用で水の勢いも強力ですので、洗浄をおこなう日は、お家の窓の鍵はしっかり閉めていただくようお願いしています。


【右の画像】

お客様のお家の屋根は、スレート屋根でした。


スレート屋根の塗装メンテナンスでは、縁切り作業が必要ですので、タスペーサーを挿入しています。


縁切りとは、タスペーサーを入れ、屋根と屋根の間に隙間を作ることです。

縁切りすることで、雨漏りを防ぐことができます。





ガイナで屋根の塗装をおこないます

【左の画像】

屋根の下塗りの様子。


タスペーサーは、挿入したままの状態です。


下塗りに使用したのは、アステックペイントの「サーモテックシーラー」です。

遮熱効果に優れています。


【右の画像】

屋根の棟板金の、サビ止め塗装の様子。


使用したのは、アステックペイントの「サーモテックメタルプライマー」です。

防サビ効果のある下塗り材です。

【左の画像】

屋根材は、かなり劣化していました。

1回の下塗りでは、塗料を吸収してしまいましたので、2度塗りをおこないました。


1度塗りのままでは、上塗りとの密着性も弱まってしまいますので、しっかりした塗膜にするために2度塗りが最適です。


【右の画像】

使用した塗料の撮影もしています。


こちらは、外壁と屋根の上塗りに使用したガイナです。

【左の画像】

屋根の上塗りの様子。


使用したのは「ガイナ」です。

遮熱性・断熱性に優れた高性能塗料です。

遮熱性・断熱性に優れたガイナで塗装すれば、夏は涼しく、冬は暖かく快適に過ごせるでしょう。


耐用年数も長く、屋根や外壁を長持ちさせることができます。


【右の画像】

屋根の上塗りの様子。


中塗りを終え、しっかり乾燥させたら、上塗りをおこないます。


下塗りでしっかりと塗膜を形成したことで、上塗りもスムーズに。

雨水の侵入を防ぎ、塗料の性能も最大限に発揮できるでしょう。





外壁の塗装の前に、シーリングの打ち替え工事

屋根の塗装が完了したら、外壁の塗装に入ります。


【左の画像】

まずは、外壁の目地のシーリングの打ち替えです。


カッターで古いシーリングを剥がし、養生テープを貼ります。

画像は、プライマーを塗布している様子。


プライマーは、外壁材とコーキング材の密着性を高める役割があります。


【右の画像】

プライマーを塗布後、あらたなシーリングを充填している様子。


そして、へらでならします。

隙間をなくし、シーリングの表面をきれいに整えます。


シーリングが完全に乾かないうちに、養生テープを剥がして完了です。

【左の画像】

使用したシーリング材は、「オートンイクシード」です。


耐久性、耐候性に優れ、シーリングが長持ちする高品質なシーリング材です。





【右の画像】

外壁の下塗りの様子。


使用したのは、アステックペイントの「エピテックフィーラーAE」です。

エポキシ結合の微弾性フィラー。

外壁に浸透するので、クラックの補修も可能です。



ガイナで外壁の塗装をおこないます

【左の画像】

外壁の上塗りの様子。


外壁の凹凸もありますので、ローラーでていねいに塗っていきます。


【右の画像】

外壁の塗装に使用したのも「ガイナ」です。


ガイナに、アステックペイントの「防カビ剤アステックプラスS」を混ぜることで、カビに強い外壁に仕上げます。



必見!プロが教える外壁塗装の見積書の見方と選び方!



LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。