top of page

足立区西新井でシリコンフレックスⅡ塗料で外壁塗装



目 次



工事のきっかけを伺いました

足立区西新井のお客様より、外壁塗装についてのお問い合わせをいただきました。


外壁塗装と一緒に、塀の塗装もご希望です。


地元での工事実績が多い、ヌリプロ110番にご依頼いただきました。


今回の工事の基本情報

施工内容:外壁・塀塗装


使用材料:

外壁 シリコンフレックスⅡ

雨戸 セラマックス1500Si-JY

塀 エクスファイン艶消し





高圧洗浄で汚れをしっかり落とします

まずは高圧洗浄をおこない、外壁の汚れをしっかりと洗い流します。


洗浄をせずに塗装をすると、塗料がうまく付着せず、塗りムラができたり塗装がきれいに仕上がらないこともあるので、洗浄は大切な工程です。


外壁のほか、桶、玄関ポーチ、階段、駐車場なども洗浄します。



養生作業の様子

【左の画像】

今回使用する塗料の搬入の様子。

お客様にもわかりやすいように撮影しています。


【右の画像】

養生の様子。


玄関ドアは、開閉できるような養生にしています。

窓、桶、雨戸などにもしっかりと養生します。


外壁の上塗りが完了するまで、養生はつづきます。



シリコンフレックスⅡで、外壁塗装をおこないます

いよいよ外壁の塗装です。


【左の画像】

下塗りから、おこなっていきます。


使用したのは、アステックペイントの「エピテックフィーラーAE」です。

下地調整にすぐれた、耐久性のある下塗り材です。


【右の画像】

外壁の中塗りの様子。


使用したのは、アステックペイントの「シリコンフレックスⅡ」です。

水性塗料なので、シンナー臭がありません。

塗料の臭いが気になるという方にもおすすめの塗料です。

【左の画像】

外壁の上塗りの様子。


上塗り材は、2度塗りします。

2度塗りすることで、塗料の性能を十分に発揮させることができます。


外壁の見た目の美しさは、上塗りできまるといっても過言ではありません。


【右の画像】

軒天の塗装の様子。


マスタードカラーをお選びいただきました。





付帯部分も塗装しました

付帯部分の塗装をおこないます。


【左の画像】

破風板の塗装の様子。


【右の画像】

雨戸の塗装の様子。


使用したのは、アステックペイントの「セラマックス1500Si-JY」です。

塗料が付着しないように、枠に養生をします。



塀の養生と塗装をおこないます

最後に、塀の塗装をおこないました。


【左の画像】

手摺りなどに、養生します。


地面は滑ると危険なので、真ん中をあけています。


【右の画像】

塀の塗装の様子。

下塗り→中塗り→上塗りと塗っていきます。


使用したのは、アステックペイントの「エクスファイン艶消し」です。

ブロック塀用の塗料で、低汚染性、透湿性に優れ、膨れや剥離の発生を抑えます。

艶消しなので、落ち着いた仕上がりになります。






必見!プロが教える外壁塗装の見積書の見方と選び方!



LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス) 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Comments


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png