志木市で屋根塗装ならヌリプロ110番にお任せあれ!大手塗料メーカー認定施工店で安心保証付き!



埼玉県の南部に位置する志木市。水と緑、人と自然が調和した暮らしやすい環境が特徴です。

市の中心には新河岸川と柳瀬川が、そして東側には荒川が流れていて、市のシンボルとなっています。

志木市には古くから伝わる河童伝説があり、ゆるキャラの「カパル」は、ご当地キャラクターとして人気を博しています。

そんな志木市で現在お住いの方、そして今から住もうとお考えの方。屋根塗装のご相談はぜひ株式会社三誠ホームサービスのヌリプロ110番までお気軽にご相談ください。


無料の点検・調査に加えて無料見積もりの提出から、最適な施工までをご提案致します。


屋根は、建物の中でも紫外線や太陽の熱を直接浴びる場所です。故にメンテナンスを怠ってしまうと劣化がどんどん進んで行ってしまいます。



ここでは、そんな屋根塗装に必要な知識やノウハウを分かりやすく解説していきます。


これを機に、お住まい中の住宅の寿命を少しでも伸ばすために、正しい知識をひとつひとつをチェックして行きましょう。

特に紫外線や太陽の熱を直接受ける屋根は、外壁と比べてもダメージを受けやすいので、メンテナンスを必要とします。屋根は外壁に比べて紫外線や熱を直接浴びるためダメージを受けやすく、メンテナンスを怠っているとどんどん劣化が進んでしまいます。

実は、屋根塗装はただ見た目を綺麗に塗りなおす、というだけではありません。

見た目だけの塗装をしてしまうと、すぐに塗装が取れてしまったり、住宅の劣化を早めてしまう可能性もあります。

将来的にも失敗しない屋根塗装を行う為にも、次のようなポイントを解説していきますので、参考にして下さい。この記事では、屋根塗装で失敗しないために、以下のポイントを解説していきます。

・屋根塗装はいつ必要なのか

・屋根塗装はいくら掛かるのか

・屋根塗装をする際の注意点

・屋根塗装の正しい工程

・塗料の選び方

・色の選び方

・業者の選び方


1.屋根塗装はいつ必要なの?

屋根の塗装が必要な屋根材は次の通りです

スレート

セメント瓦

モニエル瓦

トタン

その時期の目安となる年数は、屋根の材質によって下記のように異なります。




これは目安ですが、先ずはご自宅の屋根材を確認し、塗装に必要な目安年数が近づいてきたら、一度屋根の点検をした方がいいでしょう。


次に劣化の症状例を紹介します。

これを参考に塗装の検討をしてみましょう。


①【色あせ(吸水)】

紫外線の影響により塗料が劣化する現象です。

その結果、屋根の色が新築時よりも薄くなります。

同時に防水性がなくなります(吸水状態)。






②【ひび割れ・欠け】

屋根が吸水状態により膨張します。

日差しの影響により、やがてひび割れが発生しま




③【コケ】

水分を含んだ屋根には、コケの胞子が付き、やがて繁殖してしまいます。

茶色の汚れが繁殖したコケです。



④【反り】

水分を吸収した屋根は膨張し、日差しで乾いてしまい、このように反ってしまいます。



⑤【サビ】

劣化した部分が雨の影響で腐食してしまいます。

金属屋根には付き物ですね。




2.屋根塗装っていくら掛かるの?

実際に屋根塗装を依頼するとなると、その費用が気になりますよね。


ここでは、工事に使用する塗料の種類はじめ、その方法などについてポイントを見ていきましょう!



因みに30坪の住宅の場合、凡そ40万~80万円の費用が掛かります。




塗料の種類により耐久年数と費用相場は上記の通りです。

アクリル塗料は、最も安価ながら耐久度が5〜7年と低く、長期的に見ても塗り直しの必要があるので使用されることはほとんどありません。


一方、価格・耐久性の双方でバランスの良いシリコン塗装やフッ素塗料は、使用される頻度も多く、最近では高価ながら耐久度の高い無機塗料も使用が増えています。


3.費用を抑えるためには一工夫を!


【専門業者に依頼する】

予め知識として知っておきたいことの1つが専門業者への依頼です。


屋根塗装をする際に40万~80万というのは、大きな出費になります。


「手抜き工事はされたくないけど、できるだけ安くしたい」「塗装のグレードは落とすことなく費用を抑えたい!」と思うのは自然です。


専門業者以外の場合には、「工事の下請け」により中間マージンが発生することを覚えておきましょう。


【割引キャンペーンを活用!】

割引キャンペーンは、塗装会社でも行われることがあるのでこのような情報は速めにキャッチしたいですね。


●季節限定

●WEB限定

など

情報は塗装会社のホームページ上でもチェックすることができますので、費用を抑えたい人は必見です。

割引キャンペーンといっても、何の理由もなく割引されるような場合は「意図的に見積もりを高額にして、いかにも値引きしたように見せかける」ことや「手抜き工事になっている」ような可能性がありますので、注意が必要です。


【足場工事を利用して同時発注!】

屋根塗装には足場組み立て工事が必要です。


外壁塗装についても同様に足場が必要となります。


その他雨どい工事や高所の窓取り付けなど足場が必要な工事を同時発注することにより、足場組み立てに掛かる工事費用を節約することができます。

手抜き工事を防ぐ!屋根塗装の注意点




自宅の屋根塗装は工事費用が掛かるもの。せっかく工事するのであれば、いわゆる手抜き工事はしてほしくないですよね。


ここではそんな心配をしない為にも、知っておきたい正しい塗装について解説します。

ここで大切なことは、屋根塗装は単に見た目が綺麗になればいいということではありません


【適切な乾燥時間がある】



屋根塗装は次の3回塗りが基本です。

1.上塗り

2.中塗り

3.下塗り

※但し塗料の種類によっては2回塗りや4回塗りの場合もあります。


そしてこれらの工程の間には守るべき乾燥時間があるのです。


「ルーフピア二」という塗料を例にとってその乾燥時間を見てみましょう。

この場合、基本的に守るべき乾燥時間は以下の通りです。

下塗り後・・・2時間

中塗り後・・・4時間以上10日以内

上塗り後・・・16時間


これが、いわゆる手抜き工事の場合、人件費の削減・施工数を増やすといった目的で工期を短くするために、乾燥時間を短縮することがあります。


予め乾燥時間の知識を持っていれば、業者に対しても説明することができますよね。


【縁切り・タスペーサーの設置】


日本の住宅は、スレート屋根の普及率が高く、塗装をする場合は、縁切りという作業が必要です


スレート屋根は、構造上屋根と屋根の間に隙間があり、塗装をすると屋根の縁が塗料でくっつき隙間が埋まってしまいます。


このまま放置しておくと雨漏りの原因ともなる為に、縁切り作業が必要となる訳です。


この作業に欠かせないのがタスペーサーという緩衝材なのです。

近年では、この緩衝材を取り付ける作業がメインになっています。

下塗り後、屋根の縁に挟むと、、屋根の隙間を確保できるのです。



【棟板金の釘打ち作業で屋根の劣化を防ぐ】


スレート屋根の頂点部分にかぶせる金属板が棟板金(むねばんきん)です。


この棟板金により、降雨時の雨水の侵入を防ぐ効果が期待できます。


その寿命はおおよそ7~10年ほどと言われています。


そして腐食が進むと下の写真のような状態になります。


そこで屋根塗装と同じタイミングで釘を打ち直す必要があります。

釘と棟板金の隙間を埋めるために上からコーキング材を塗ると抜けにくくなります。



過去には台風の時期に棟板金が飛んでしまったというような事例が見られたこともありますので、作業が可能か、そして見積もりに含まれているのかを確認しておくといいでしょう。

更に瓦屋根の場合には「棟瓦」という瓦が頂上部分に乗っているので、釘の抜けがないかどうかのチェックもお忘れなく。

4.屋根塗装はこのように進む

屋根塗装の大まかな流れは、こんな感じです。





近隣への挨拶】 工事中には足場組立による大きな音や塗装による臭いが発生します。


このような状況を近隣の方へご説明も兼ねてご挨拶へ伺います。


【足場の組み立て】

一戸建て住宅の場合は、半日で足場の組み立てが完了します。


【高圧洗浄】

塗装しやすいように、高圧洗浄機を使って屋根についた汚れやコケを落とします。


【釘打ちとコーキング】

棟板金の釘が飛び出している場合には打ち直します。

さらにコーキング材で固定します。


【下地補修】

屋根の小さなひび割れが発生するので

コーキング材で埋めていきます。



【養生】

ビニールシートやマスキングテープで養生することで

塗装が他の部分に付着するのを防ぎます。


【下塗り】

この作業では、塗りの塗料をしっかり密着させるために行います。

下塗り後は、塗料ごとに指定された乾燥時間を空けます。



【タスペーサーの設置】

タスペーサーを設置します。

この場合W工法と呼ばれる後方により1スリットに2つで設置します。

但し、モニエル瓦やセメント瓦・金属瓦では必要はありません。


【中塗り】

この工程ではメインとなる塗料を塗ります。

一般的に中塗りと上塗りは同じ塗料を使います。

この作業は上塗り1回目ともいわれ、下塗り時と同様に、乾燥時間を置きます。


【上塗り】

この作業は中塗りの乾燥後に行い

ここでメインの塗料を塗装します。


確認・手直し】

塗り残しがないかどうかを確認。

必要があれば塗り直します。


【足場解体・清掃】

約半日をかけて足場を解体し、清掃をして完了です。


5.塗料はどうやって選べばいいの?

屋根塗装に使用する塗料は種類が多く、それぞれ価格や性能に違いがあります。


どの塗料を選べばいいのか、素材や価格による違いからメリット・デメリットなど

使用する人にオススメの情報をまとめてみました。

【主な塗料の種類】


屋根塗装に多く使用される塗料には

・ウレタン

・シリコン

・フッ素

・無機

といった種類があります。





特徴として、高価なものほど耐久性が高くなり、それぞれにメリット・デメリットが存在します。


そこで、塗料を選ぶポイントとして

・どのくらいの期間住むのか