足立区、千住旭町で3階建て住宅を屋根・外壁塗装!新築の様に生まれ変わりました。



工事のきっかけはこうです!


足立区、千住旭町にお住いのA様から「築12年の自宅の外壁が、色褪せ、目地シーリングの劣化が気になるのですが…」とご相談のお電話を頂きました。


A様がご自身で、コーキングなどを打ち、こまめに補修されているのですが、塗り替えの時期に来ていることをお伝えしました。そして、屋根と外壁の塗装をご決断されました。



  鮮やかな、黄色い外壁へ変わりました。 



今回ご紹介するのは、足立区千住仲町の築12年、3階建て住宅の外壁・屋根塗装工事です。


外壁は、サイディング、屋根はカラーベストでどちらも塗り替え時期を迎えています。


建物の点検に伺ったところ、確かに目地シーリングの劣化がかなり進行していました。全体的に手の届く範囲は、A様がご自身でコーキング補修をされた箇所もありました。



  屋根と外壁の塗装工事を、行うことになりました。  



今回の工事での塗り替えは、写真に写っている外壁3面と屋根です。外壁の、1面はお隣のお宅との間隔が近く、足場仮設が困難なために、塗装はしません。


外壁には、2種類のサイディングを使用していますが、今回の塗り替えでは黄色の1色に塗りつぶします。2色で塗り分けるのも、おしゃれに仕上がりお勧めです。


◎サイディングの目地のシーリングが劣化しています

サイディング外壁には、必ず目地シーリングがあります。このシーリングは経年劣化で、外壁との間に隙間ができたり、外壁から垂れ下がってしまったりなどの症状が良く見られます。黒ずんで汚く見えるのも経年劣化の一つ「ブリード現象」によるものです。


ブリード現象とは、コーキング剤に含まれる「可塑剤(かそざい)」という添加物が、経年によってコーキングの内側から、にじみ出ることで起こるものです。可塑剤は、コーキング剤に柔軟性を与える、大切な役割を持ちます。サイディングボードが、昼夜の気温の変化の差によって、膨張・収縮することに対応できるようになるのです。それが経年による劣化が原因で、表面に滲み出てくるのです。


そのために、外壁塗装を行う際にシーリングの打ち換え工事も必要です。


◎ご自分で補修されたコーキングは撤去が必要と判断


こちらのコーナー部分は、A様がご自身で補修された箇所です。


本来使用されるべき部材が使用されていないために、建材と建材の間に隙間が生じています。


そこへ透明なシリコン系のコーキングを使っている為に、この上から塗装してしまうと、この部分だけ塗装がのらずに、浮いてしまう為撤去しなければなりません。



バルコニーの腰壁部分にも同じく、間違ったコーキング材の跡がありました。手の届く部分には、たくさんの透明なシリコン系のコーキングの跡がありましたので、すべて撤去させて頂きました。


こうした部分は、人によってはそのまま塗装してしまう事も多いのです。今回は、職人に判断を任せるのではなく、点検した本人が撤去しました。


作業は半日以上かかりましたが、なんとか全てキレイに撤去することができました。





  工事が始まりました。  


まずは足場の架設から始めます。


工事開始の1週間前には、近隣の方へのご挨拶に伺います。「工事期間中、ご迷惑をおかけいたします。」というチラシと共に粗品をお渡しし、直接一軒一軒ご挨拶させていただいています。



  洗浄する際も、ご近所のお宅への配慮を。  



今回の工事では、現場が裏側に駐車場があり、お隣のお宅との距離も近かった為に、飛散防止のメッシュシートと一緒に、お隣に面した面には足場架設後に、ブルーシートを張ってから作業を開始しました。


この作業は、塗料や洗浄時の汚水の飛散による、トラブル防止の為に必ず行います。気を使いながら作業をするよりも、格段と作業効率が向上しますし、お客様の信頼に繋がるので、このひと手間は、惜しむことなく丁寧に作業をします。


弊社で使用している高圧洗浄機は、騒音が少ないタイプのものです。


汚水は下に流れるために、屋根から徐々に下へ降りながら洗浄をします。


この機会に、普段は気が付かない箇所の、洗浄も行います。室外機などの下も、もちろんです。


洗浄するだけでも、随分きれいになります。



2時間ほどかけて、1階まで降りてきました。

最後に土間もきれいに洗浄して終了しました。



  サイディング外壁の、シーリング打ち換え作業をします。  


外壁サイディングの目地シーリングと、サッシ廻りのシーリングの打ち換えを行います。


まず配線カバーなどが、目地に干渉している場合は、外しておきます。作業がしやすいように、配慮が必要です。


◎既存のシーリングを撤去します。


まず最初に、カッターナイフで切れ込みを入れます。


切れ込みを入れた箇所から、引っ張ります。これで、撤去できます。


撤去した後は、このようになります。


◎養生を行います。



シーリングを充填させる部分に、マスキングテープで養生します。


外壁にシーリング材が付着してしまわないように、慎重に養生します。


◎シーリングの充填作業



新しく充填させるシーリング材です。

ヘラとコーキングガンを使い、充填していきます。



ガンで目地にしっかり充填していきます。使う量は前もって、たっぷりと用意しておきます。


充填した直後は、表面が余分なシーリング材で凸凹しているので、押さえて均し、表面を平滑な状態にします。



均し終わった状態です。簡単そうですが仕上がりには、職人の腕がでます。


マスキングを撤去するとこのように、目地がくっきりと浮き上がります。2日間程、しっかり内部まで硬化するのを待ちます。(硬化時間は、厚みや季節により変動があります)



  いよいよ塗装作業に入ります。  



カラーベストの屋根を塗装します。この場合は通常であれば、屋根材同士が重なる部分に、タスペーサーと呼ばれる部材を差し込んでから、塗装することが多いのですが、今回は屋根の勾配が大きい為に、縁切りの必要がないと判断しました。タスペーサーは、屋根塗装の際に、屋根材の重なり部分を、縁切りする為に入れます。屋根材の隙間は、雨水を外に逃がして、屋内に侵入するのを防ぐために、必ず開けなくてはいけません。

今回は、タスペーサーを入れなくても、しっかりと隙間ができています。


屋根の塗装には、大同塗料「ハイルーフマイルドシリコン」を使用しました。この塗料は、下塗りが要らない、シーラーレス塗料です。屋根材の状態が、比較的よく平米数が小さい屋根に、使用するのに適しています。


◎外壁は、下塗り・中塗り・上塗りの3度の塗装をします。



外壁は、下塗りに日本ペイント「パーフェクトサーフ」を使用、中塗り、上塗りには「パーフェクトトップ」を使用しました。


外壁は最初に「ダメ込み」を行います。隈から、小さめの刷毛で丁寧に行います。下塗り、中塗り、上塗りとも、このダメ込みの作業を行います。隈の塗装の後に、ローラーを使用して、中央部の広い部分を塗装していきます。


塗り残しや、塗りムラなどを、私達は「ダメ」と言っています。本来であれば、塗装されていなくてはならない部分なのに、塗られていなかったりする、施工不良のことです。塗装の業界では、このダメ込みを行うことは、基本中の基本です。


手間がかかる作業ですが、ダメ込み作業をしっかり行う業者は、優良とされています。


耐用年数は12~15年程度で、弊社からは塗装保障の期間をお付けしています。



  点検の後飛散した塗料を撤去します。  



一通り作業が終了したら、足場を解体する前に点検を行います。足場がないと直せない部分を、優先的に見ていきます。


サッシに付着した塗料と、室外機に飛散付着した塗料。これは、養生が甘い時によく見かけます。この程度の飛散は、仕方がないのでキレイに清掃します。



しっかりと塗れていない箇所があります。こうした部分は一人が印をつけていき、もう一人が塗料を持って塗って回っていきます。


  足場を撤去します。  



お昼過ぎから、2人で足場の解体を始めました。

上から、解体した部材を下の人に渡します。危険が伴う作業なので、集中力が必要です。



あっという間に、足場が解体されていきます。


解体が終わり、やっと塗り替え工事の後の、全貌が確認できました。


今回の現場では、足場倒壊のための壁繋ぎと呼ばれる部材を付けています。


この壁繋ぎは、外壁に穴を開けて底に部材を差し込み、足場と壁を繋ぎます。戸建て住宅に足場を組む際に、この壁繋ぎを取り付けることは少ないのですが、今回は4面ではなく3面のみの足場組だったため、安全のことを考え必要と判断しました。


壁繋ぎを取り付けた現場では、必ず外壁に穴が開いてしまいますので、足場を解体しながらその穴をしっかり埋めて上から、塗装する必要があります。


◎壁繋ぎ跡の補修作業



壁繋ぎを外します。










壁の穴にコーキングを充填します。










コーキングの跡に、塗料を塗って隠します。











  ご近所の皆様が、足を止めて見ていきました。  



こうして全ての工事が、無事終了しました。足場がなくなったことで、建物全体の様子をしっかりと、見ることが出来るようになりました。


近隣にお住いの皆様が、立ち止まって「まるで新築みたいだ」と褒めてくださいました。A様も、とても嬉しそうにされていました。

A様のご要望で、どうしてもポストをこの色で塗りたいと、おっしゃいましたので、ポストも塗装させていただきました。


A様は、塗り始める前には、カラーシミュレーションの時点で、少し思っていた色と遠かった様子で、ご不安そうにされていました。


私達も少し不安だったのですが、3回の塗装が進み、乾燥した状態の色を見て、大変気に入ってくださいました。私達も安心しました。

近隣の方からも、ポストの色が素敵だと褒められると教えてくださいました。



[無料]外壁・屋根塗装・屋根リフォーム見積もり 100枚の点検写真!



「外壁塗装、屋根塗装、屋根リフォーム、我が家は実際いくらくらいかかるのかな?」


「そろそろとは思うけど、外壁・屋根塗装、屋根リフォームってどこに頼んだらいいの?」 とお悩みではありませんか?


そんな方は一度、塗装専門店や板金工事専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。 今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。


株式会社三誠ホームサービスでのお見積作成は、

50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断+写真付き点検報告書を進呈!

・我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書!

・塗料プランは3パターン以上もらえて比較検討できる専門用語もスタッフが分かりやすく解説!

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​株式会社三誠ホームサービス 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

関連記事

すべて表示