火災保険を使って屋根修理を検討している人必見!トラブルに巻き込まれない為の4つの対策とは?





「火災保険を使えば無料で修理できます!」

と言われても・・・


「本当に無料で修理できる?」

「親戚が屋根修理でトラブルになったと聞いて、騙されないか心配。」


と不安に感じている人もいるのではないでしょうか。


台風や強風によって屋根が破損してしまった場合は、火災保険を申請する事ができます。

しかし、昨今自然災害による被害増加に伴い、屋根修理の詐欺に遭う人も増えています


火災保険を使えば、費用負担なく修理を行える場合もあります。

ただ、全ての工事が無料でできるというわけではありません


急かされて契約をしてしまい、後々こんなはずじゃなかった・・・ということにならない為にも、

注意が必要です。


そこで今回は、3つのポイントを中心にご紹介します。


・ 実際にあった詐欺やトラブルの事例

・ トラブルを防ぐ対策方法

・ トラブルになった場合の対処方法


この記事を読めば、屋根修理でのトラブルを未然に防ぐ方法万が一トラブルになった場合の対処方法がわかります。


安心して工事をする為にも、屋根修理トラブルについて一緒に学んでいきましょう!



【1】 火災保険を使った屋根修理での詐欺トラブル事例




まずは火災保険を使った屋根修理工事で、実際にあった5つの詐欺トラブル事例をご紹介します。



①無料で修理できると言われて契約したが、保険が下りず支払う羽目に。


★Aさんの場合

「屋根の劣化が進んでいて修理が必要です。火災保険を使えば無料で直せますよ!」と言われ、

その場で契約。その後Aさんの加入している保険では、保険金が下りないことがわかりました。

しかし業者はそのまま工事を行い、最終的に工事金額数十万円の請求が・・・

業者に「無料で直せるって話でしたよね?」と聞くと、「保険が下りなければ費用は掛かります」

と言われトラブルに発展。


トラブル事例として一番多いのが「無料で修理できます!」と業者に言われ、工事したのに、

結局保険が下りずに工事費用を支払うことになったというケースです。


契約が欲しい業者は、火災保険の詳しい説明をせずにうまいことばかり話し、

契約させようとします。

もちろん火災保険を活用して屋根修理を無償で出来た人も居ますが、

必ずできるという保証はありません。


火災保険が下りるかどうかは、保険会社の審査によって決まります。


審査前から「無料でできるので、すぐに直しましょう!」と契約を迫ってくる業者は注意してください。



②審査前に修理をされて、火災保険が下りなくなった。


★Bさんの場合

台風が通過した翌週、屋根に破損箇所があると業者が訪ねてきた。

見てみると、自宅の屋根の一部が飛ばされていたので、火災保険の申請をする事に。

しかし後日、訪ねてきた業者が勝手に工事を始め、工事費用を請求してきた。

保険会社の審査前だったので保険金も下りず、結局Bさんが全額支払う事に。




「勝手に工事されることなんてある?」

と思われる方も多いと思いますが、これも実はよくあるトラブルです。


審査の前に修理をしてしまうと火災保険は下りません。


必ず審査結果が届くまでは、工事を始めないように事前の打ち合わせをしっかりしておきましょう。



③申請手数料を請求された


★Cさんの場合

屋根修理を依頼していた業者に、火災保険の申請も一緒にお願いしたら、後で申請手数料を

取られた。手数料が掛かるなんて聞いていなかったからお願いしたのに・・・。



3つ目の事例は、「保険申請はこちらでやっておきますね」と言われたので、お願いしたところ

後から申請手数料として「保険金の○%いただきます」と請求されトラブルになることがあります。


保険の申請をするのに必要書類を集めたり、書類を書いたりと、ちょっと手間に感じますよね。

ですが、中には高額な手数料を請求してくる悪徳業者も居ますので、ご自身で出来ない場合は

ご家族や身近な人に頼んで申請するようにしましょう。



④高額な違約金を請求された


★Dさんの場合

火災保険が下りると言われたので契約下が、申請したところ審査が通らなかった。

話が違うので、業者にキャンセルしたい旨と伝えたところ、「既に工事の準備をしていたので、キャンセル料として工事費用の半額いただきます。」と言われた。

一度契約した後だったので、仕方ないと思い払ったが、損をした気分に。





「火災保険が下りなかったので、契約をキャンセルしたいと伝えたら、高額な違約金を請求された」というケースもあります。


こちらは1つ目の事例で紹介した「無料で修理できます!」と言う業者に多いパターンです。

無料で修理できるというワードに惹かれて契約してしまった後に、キャンセルを申し出た場合に

違約金が発生することがあります。



⑤保険会社に虚偽の報告をするよう促された


★Eさんの場合

台風後に、業者の人から屋根の劣化を指摘された。

ただ指摘された箇所は台風以前からのものだったので、それを伝えたところ、「台風で被害に遭った事にすれば無料で直せますよ」と言われ、保険会社に申請する事に。

後日、保険会社の調査が入り台風ではなく経年劣化による劣化だと、バレてしまい保険会社から厳重注意を受ける事に。

業者の言う通りにしたことを、後悔した。




経年劣化による屋根修理を「台風によるものだと申請しましょう」と嘘の報告をさせられるケースです。


虚偽の報告をした場合、ご自身が保険会社から訴えられてしまう場合もあります。

そもそも、契約者に嘘を付かせる業者は信用できません。

虚偽の報告を促された場合はきっぱりと断りましょう。




【2】 4つの対策でトラブルを防ぐ


ここでは、トラブルや詐欺被害を未然に防ぐ為の4つの方法をご紹介します。

知識として事前に知っておけば、誰でもできる方法なので、いざという時の為にしっかり学んでいきましょう!



①「無料で修理できます」には気をつける




「火災保険を使えば無料で修理できます!」などの「無料」と付く営業トークには気をつけましょう。


火災保険はご加入の保険会社や修理内容によって、保険金が下りない場合もあります。

業者の言うことを鵜呑みにしてしまうと、事例にもあったようなトラブルに繋がりかねません。


どんなに魅力的な話でも、その場で判断せずに、一度冷静になって考えてから、

判断するようにしましょう。



②火災保険の対象になるか自分で確認する



業者から「火災保険が使えます!」と言われても、ご自身でご加入の保険会社に

今回の事例は対象内かどうか確認しましょう。


火災保険の対象条件には、以下のようなものがあります。


・ 風災補償に加入している

・ 被害に遭ってから3年以内

・ 20万円以上の修理工事


正確な対象条件は保険会社によって異なります。

また、下りる保険金にも差がありますので、保険会社に直接問い合わせて確認しましょう。



③実績が多い業者に依頼をする



屋根修理をする際は、実績の多い地元の優良業者を選びましょう。

保険を使って無料で屋根を直せたとしても、工事内容がずさんだとかえって屋根の状態が悪くなったり、余計な費用を請求されたり・・・とトラブルに繋がる恐れがあります。


見積りを依頼する際の業者選びのポイントです。


・ ご自身の地域での工事実績があるか

・ 火災保険対応での工事実績があるか

・ 近くにある会社か


ホームページやパンフレットなどで確認しましょう。

もし、工事実績や工事品質ではなく、価格を全面に出している業者は避けた方が良いでしょう。



④事前に業者と綿密な打ち合わせをする


屋根点検を業者に依頼し実際に見てもらう際には、しっかり業者と打ち合わせを行いましょう。

打ち合わせの際に以下の3つを伝えるとトラブルを未然に防ぐ事に繋がります。


・ 修理前後の写真

・早めに見積書が欲しいと言う事

・火災保険の審査結果が来るまでは、契約、工事はしないという事


火災保険の対応に慣れている業者であれば、言わずとも実施してくれますが、

トラブルを防ぐ為にも、事前に伝えておきましょう。




【3】 トラブルになった場合の対処方法


万が一トラブルになってしまった場合の対処方法をご説明します。


工事をキャンセルする



工事前に業者とトラブルになってしまったら、工事をキャンセルしましょう。


契約したしキャンセルするのはちょっと・・・と躊躇してしまう気持ちもあるかもしれません。

ただ、クーリングオフ制度で無償キャンセル可能なのは8日間です。

これ以上トラブルを大きくしない為にも、早めの判断が必要です。


第三者機関への相談




業者との話し合いで収集がつかない状況になったり、キャンセルを申し出たら違約金を請求された、などの場合は第三者機関に相談しましょう。


業者に対して不満がある、キャンセルしたい場合は、消費生活センターに相談する手もあります。

実際にお金を取られ、詐欺被害に遭った場合は、警察や弁護士に相談しましょう。


▼第三者機関



【4】 屋根修理は信頼できる優良業者に依頼しましょう


屋根修理は実績の多い地元の優良業者に依頼するのが安心です。


業者を見極めるポイントは、6つあります。


・ 「無料で修理できる!」と言わない

・ お住まいの地域での施工実績がある

・ 補修・塗装・カバー・葺き替えなど幅広い工事が出来る

・ 屋根に登って、またはドローンや高所カメラなどで、写真を撮ってくれる

・ 見積り内容が詳細に記載されている

・ 工事中の(施工前、施工後含め)写真を撮って印刷してくれる


台風や強風による屋根の破損があった際に、「火災保険を申請してみてはいかがですか?」と提案してくれる業者だと安心です。


火災保険は、申請から審査結果が出るまで時間がかかります。

その為、すぐに契約をして工事をしたい業者は火災保険が適応されそうな場合でも

あえて伝えないことがあります。


屋根修理の業者を選ぶ際には、お伝えした6つのポイントをチェックしてみてください。



まとめ


いかがでしたか。


火災保険は自然災害によって屋根が破損いた場合に申請できますが、それを逆手に取った詐欺やトラブルも増えています。


詐欺やトラブルに巻き込まれない為にも、しっかり対策をしていきましょう。


①「無料で修理できます」には気をつける

②火災保険の対象になるか自分で確認する

③実績が多い業者に依頼をする

④事前に業者としっかり打ち合わせをする


もしトラブルになってしまった場合は、第三者機関に相談して解決しましょう。


屋根はご自身で確認することが難しい場所です。

信頼できる地元の業者に依頼して、トラブルに巻き込まれないようにしましょう!


最後までご覧いただき、ありがとうございました。






[無料]外壁・屋根塗装・屋根リフォーム見積もり 100枚の点検写真!



「外壁塗装、屋根塗装、屋根リフォーム、我が家は実際いくらくらいかかるのかな?」


「そろそろとは思うけど、外壁・屋根塗装、屋根リフォームってどこに頼んだらいいの?」 とお悩みではありませんか?


そんな方は一度、塗装専門店や板金工事専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。 今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。


株式会社三誠ホームサービスでのお見積作成は、

50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断+写真付き点検報告書を進呈!

・我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書!

・塗料プランは3パターン以上もらえて比較検討できる専門用語もスタッフが分かりやすく解説!

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​株式会社三誠ホームサービス 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。