top of page

外壁を美しく保つ秘訣: 塗装のプロが教える業者選定と色選びの重要ポイント6選



【著者情報】

サンセイホーム最高技術責任者

関 裕一


東京都足立区出身 戸建住宅劣化診断士・ドローンパイロット

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

ご近所の家が外壁の塗り替えを終えた後、自宅の外壁の汚れや傷みが気になるという経験は一般的です。


「外壁の塗装はいつ行うべきなのか?」

「業者に依頼する前に、知っておくべき基礎情報があるはず」


このような疑問を持ちながら、初めての外壁塗装に挑む方も多いでしょう。

外壁塗装は、家の定期メンテナンスとしていずれ必要になるものです。

しかし、頻繁に必要な作業ではないため、業者に依頼する際にはどのように進めればよいか不安に感じることもあります。

失敗のない外壁塗装を行うためにも、事前に基本知識を身に付けておくことが大切です。


ここでは、初めての外壁塗装に向けて「サンセイホーム(株式会社三誠ホームサービス)」から、基礎知識を6つ紹介します。易しく解説していきますので、疑問点や具体的なケースでの質問がある場合は、気軽にお問い合わせください。点検や見積もりは無料で提供しています。


目次:


塗り替えタイミング:外壁の傷みや汚れが目立つ時、または耐用年数を迎えた7~10年が目安。


外壁の塗り替えタイミングを正確に見極めることは、家の美観を保つだけでなく、構造を長期間守るためにも非常に重要です。一般的に、塗り替えの主な目安となるのは以下の2点です。


  1. 外壁の傷みや汚れが目立つ時: 外壁の状態は、住宅の美観に大きく影響しますが、見た目の問題だけでなく、家の保護機能を低下させる原因にもなり得ます。以下のようなサインが見られたら、塗り替えの時期を検討すべきです。

  • チョーキング現象: 塗装表面が粉を吹いたようになり、手で触ると白い粉が付着する現象。塗膜の劣化が原因で、防水機能が低下しているサインです。

  • 色褪せ: 日光による紫外線や雨風により、塗装が徐々に色褪せてきます。美観だけでなく、塗膜の保護機能も低下しています。

  • ひび割れ: 外壁の塗膜や下地にひびが入ることで、水分が侵入しやすくなり、建物を損傷させる原因となります。

  • カビ・コケ: 湿気が多い場所では、カビやコケが生えやすく、これらは外壁を徐々に劣化させる原因になります。

  1. 耐用年数を迎えた7~10年が目安: 外壁塗装の耐用年数は、使用される塗料の種類により異なりますが、一般的には7~10年が再塗装の目安とされています。 これは塗料の性能が時間とともに低下するためで、たとえ目に見える劣化がなくても、定期的な塗り替えが推奨されます。耐用年数内であっても、以下のような状況で早めの対応が必要です。

  • 極端な気象条件: 強い日差し、頻繁な雨、塩害など、特定の環境条件下では塗料の劣化が早まることがあります。

  • 前回の塗装品質: 使用された塗料の種類や施工時の品質によっては、耐用年数より早く塗り替えが必要になる場合があります。

これらの目安を踏まえつつ、外壁の状態を定期的にチェックし、早めの塗り替えで住宅を守り、快適な生活空間を維持しましょう。

また、専門家による点検を受けることで、より正確な塗り替えのタイミングを把握することができます。







費用:全体の費用は90~140万円が相場。内訳を確認することが大切。


外壁塗装の費用は、様々な要因によって大きく変動しますが、一般的な30坪程度の2階建て住宅での全体の費用は90万円から140万円が相場とされています。

この相場内での価格差は、使用される塗料の種類、外壁の状態、必要な下地処理の程度、施工業者の技術力やサービス内容などによって異なります。外壁塗装の費用を検討する際には、以下のポイントを理解し、内訳を確認することが重要です。


1. 塗料の種類と価格


  • アクリル塗料:最も基本的でコストが低いが、耐久性が低め。

  • ウレタン塗料:中程度の価格で、耐久性に優れている。

  • シリコン塗料:高い耐候性と耐久性を持ち、コストは高め。

  • フッ素塗料、無機塗料:非常に高い耐候性を持ち、最も高価格。長期間の保護を提供。


2. 下地処理と補修


  • 外壁の状態によっては、塗装前に補修や下地処理が必要になることがあります。ひび割れの修復、古い塗膜の除去などがこれに該当し、これらの作業は費用を追加します。


3. 施工面積


  • 外壁の総面積によっても費用は変動します。面積が広ければ広いほど、当然ながら費用は上昇します。


4. 業者の選定


  • 施工業者によっても見積もりは異なります。地域による価格の違い、業者の技術力や提供するサービス内容による価格差があります。


費用の内訳を確認する重要性


見積もりを取る際は、総額だけでなく内訳を詳しく確認しましょう。内訳には、塗料のコスト、人件費、下地処理の費用などが明記されているはずです。

これにより、どの作業にどれだけの費用がかかっているのかがわかり、不明瞭な費用が含まれていないかをチェックできます。また、相見積もりを取ることで、適正価格を判断しやすくなります。

悪徳業者に騙されることなく、必要なサービスを適正価格で受けるためにも、見積もりの内訳をしっかりと確認し、納得できる業者を選ぶことが大切です。




工事の流れ:点検から契約、着工、完成までの大まかなステップを把握する。


外壁塗装のプロジェクトは、計画的に進めることで効率的かつ成功を収めやすくなります。

工事の流れを理解し、各ステップにおける何を期待すべきか、どのような準備が必要かを把握しておくことは重要です。一般的には以下のステップに分かれます。


1. 点検・調査と見積もり


  • 点検・調査: 最初に、専門の業者による外壁の現状確認が行われます。この段階で、外壁の劣化具合、修復が必要な箇所、下地処理の必要性などが評価されます。点検・調査は、正確な見積もりと計画立案の基礎となります。

  • 見積もり: 点検・調査の結果を踏まえ、塗装工事の詳細な見積もりが作成されます。この見積もりには、工事の範囲、使用する材料、必要な作業、そして総費用が含まれます。


2. 契約


点検・調査および見積もりに基づき、業者との間で正式な契約を結びます。契約書には工事内容、費用、工期、支払い条件などが明記され、双方の権利と責任が定められます。契約を結ぶ前に、内容を十分に理解し、必要に応じて質問や調整を行うことが重要です。


3. 打ち合わせ


契約後、実際の工事開始前に業者と打ち合わせを行います。この段階で、色や塗料の種類、工事の詳細なスケジュールなど、具体的な工事内容について最終確認を行います。また、工事中の住民の安全や生活への影響を最小限に抑えるための対策についても話し合われます。


4. 着工


  • 足場の設置: 安全かつ効率的に作業を行うために、まず足場が組まれます。

  • 高圧洗浄: 外壁の汚れや古い塗膜を除去し、塗装の下地を整えるために高圧洗浄が行われます。

  • 下地処理: 必要に応じて、外壁の補修や下地の処理が行われます。


5. 塗装作業


  • 下塗り: 下地処理後、塗料の密着を高めるために下塗りを行います。

  • 中塗り・上塗り: 下塗りの上に、さらに2回にわたって塗装が行われ、耐久性や美観が確保されます。


6. 完了・引き渡し


  • 清掃と確認: 工事完了後、現場の清掃が行われ、最終的な品質チェックが行われます。

  • 引き渡し: 施主と一緒に工事の仕上がりを確認し、問題がなければ正式に工事完了となります。この時点で、工事の品質や仕上がりについて最終確認を行い、施主の承認を得た後、工事完了書にサインをしてもらい、工事が正式に完了します。


7. 支払い


工事完了と引き渡し後、契約に基づいた支払いが行われます。支払い条件は、契約時に定められているため、事前に確認しておくことが重要です。また、支払いは工事が施主の満足いく形で完了してから行われるのが一般的です。


8. アフターサービス


多くの塗装業者では、工事完了後も一定期間のアフターサービスや保証期間を設けています。工事後に何か問題が発生した場合は、契約した業者に連絡して対応を依頼しましょう。


工事中の留意点


  • 近隣への配慮: 工事による騒音や塗料の匂いなどが近隣に影響を与える可能性があるため、事前に近隣住民に工事の旨を伝え、理解と協力を求めることが大切です。

  • 安全管理: 工事期間中は、作業員だけでなく、家族や訪問者の安全にも留意し、業者が適切な安全対策を講じているかを確認してください。


まとめ


外壁塗装の工事は、正確な点検・調査から始まり、見積もり、契約、具体的な作業の実施、そして完成に至るまで、複数の段階を経ます。各ステップを理解し、準備と確認を丁寧に行うことで、スムーズな工事進行と満足のいく仕上がりを期待できます。また、信頼できる業者選びが、成功の鍵となりますので、選定に際しては慎重に行動しましょう。



塗料選び:アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素、無機の5種類から選び、機能や耐久性に注目する。


外壁塗装に使用する塗料は、その性能や耐久性によって大きく5つの種類に分類されます。

適切な塗料を選択することは、外壁の長期的な保護と美観の維持に不可欠です。

以下に、それぞれの塗料の特徴と適用シーンを詳しく解説します。


1. アクリル塗料


  • 特徴: 水性塗料の一種で、乾燥時間が短く、作業性に優れています。初期コストは低いですが、耐久性が比較的低く、3~5年程度での塗り替えが推奨されます。

  • 適用シーン: コストを抑えたい一時的な塗り替えや、短期間での見た目の改善を目指す場合に適しています。


2. ウレタン塗料


  • 特徴: 耐候性と耐水性に優れ、柔軟性が高いため、微細なひび割れにも追従します。耐久年数は約5~8年程度です。

  • 適用シーン: 住宅やビルなど、一般的な外壁で広く使用されており、耐候性とコストのバランスを求める場合に適しています。


3. シリコン塗料


  • 特徴: 高い耐候性と耐水性を持ち、色褪せにくいことが特長です。耐久年数は約10~15年と長く、長期間の保護を望む場合に適しています。

  • 適用シーン: 中長期的な視点で外壁を保護したい住宅や建物に最適です。

4. フッ素塗料


  • 特徴: 最高クラスの耐候性、耐汚染性を誇ります。非常に硬い塗膜を形成し、20年以上の長期にわたる保護が可能です。ただし、価格は高めです。

  • 適用シーン: 高層ビルや特に汚れにくさと長期保護を求める施設など、メンテナンスコストの削減を目指す場合に適しています。


5. 無機塗料


  • 特徴: 耐熱性、耐光性に優れ、色褪せや劣化が非常に少ないです。フッ素塗料に匹敵する耐候性を持ち、長期間の保護が期待できます。塗料自体が硬く、耐久年数は20年以上とされています。

  • 適用シーン: 極めて長期的な視点で建物を保護したい場合や、特別な建築物に適しています。




塗料選びのコツ


塗料選びでは、初期コストだけでなく、塗り替えの頻度やメンテナンスの容易さ、長期的なコスト効果も考慮する必要があります。また、建物の立地条件(直射日光の量、風雨の強さなど)や使用目的に合わせて、最適な塗料を選択しましょう。不安な点や希望する外観の仕上がりを業者に相談することで、より具体的なアドバイスを得られることが多いです。

また、最新の塗料には、環境負荷を低減するものや、特定の機能を持つもの(例えば、光触媒機能を持ち自浄作用のある塗料など)もありますので、これらの特性を理解し、自分のニーズに合った選択をすることが重要です。


塗料を選ぶ際には、以下のポイントも参考にしてください:


  • 耐用年数と総コスト: 短期間で安価な塗料を選ぶと、塗り替えの頻度が高くなり、長期的には高コストになる場合があります。耐用年数が長く、初期コストは高いものの、長期的に見るとコストパフォーマンスに優れる塗料を選ぶことも一つの戦略です。

  • 地域の気候条件: 塗料の耐候性は、地域の気候条件に大きく影響されます。強い紫外線が当たる地域、塩害の影響を受けやすい海沿いの地域、頻繁に雨が降る地域などでは、それぞれ適した塗料を選ぶ必要があります。

  • 建物の使用状況: 商業施設、オフィスビル、住宅など、建物の用途によっても適切な塗料は異なります。例えば、人の出入りが多く、汚れやすい場所では、汚れに強い塗料を選ぶべきです。


塗料選びは、単に色や価格だけで決めるのではなく、機能性、耐久性、環境への影響など、多角的な視点から検討する必要があります。そのため、専門家である塗装業者との相談を通じて、最適な選択を行うことが望ましいでしょう。最終的には、長期的な視野で建物を保護し、維持管理のコストを最適化することが、塗料選びの目標となります。




色選び:大きな色見本で確認し、周囲の景観に合う3~4色以内を選択する。


外壁塗装の色選びは、建物の外観を大きく左右するため、非常に重要なプロセスです。

色は建物に個性を与えるだけでなく、住宅の美観、周囲の景観との調和、さらには熱効率にまで影響を及ぼします。色選びの際に留意すべきポイントを詳しく解説します。


大きな色見本で確認する


  • 面積効果を理解する: 小さな色見本では、実際に外壁に塗った時の印象と異なる場合があります。これは、「面積効果」と呼ばれる現象で、大きな面積に同じ色を塗ると、色見本で見た時とは異なって見えることがあるためです。したがって、できるだけ大きな色見本、またはカラーシミュレーションツールを使用して、実際の色味を確認することが重要です。

  • 光の影響を考慮する: 建物の立地や周囲の環境によって、日光の当たり方は異なります。直射日光下での色と、陰影での色は大きく異なることがあります。また、日中と夕方では光の色温度が異なるため、色の見え方に変化が生じます。これらの点を踏まえ、異なる光の条件下で色見本を確認することが望ましいです。


周囲の景観に合う色を選ぶ


  • 周囲の建物や自然との調和: 建物が存在する地域の特色や周囲の建物の色彩と調和する色を選ぶことで、景観に溶け込む美しい外観を実現できます。特に歴史的な建築物が多い地域や、自然環境が豊かな地域では、地域の特性に合った色選びが求められます。

  • 色の心理的効果を考慮する: 色には心理的な効果があります。例えば、青や緑は落ち着きやリラックス効果があり、黄色やオレンジは元気や活動的な印象を与えます。建物の用途や目的に合わせて、適切な色の心理効果を考慮することも一つの方法です。


3~4色以内に抑える


  • シンプルな配色で統一感を: 外壁、屋根、付帯部分(破風板、雨どいなど)の色を合わせることで、建物全体に統一感を持たせることができます。3~4色以内に抑えることで、洗練された印象になり、時間が経っても飽きのこないデザインを維持できます。


まとめ


外壁塗装の色選びは、建物の個性を表現し、長年にわたってその美観を楽しむための重要なステップです。大きな色見本での確認、周囲の景観との調和、そして色の選び方に注意を払うことで、より満足度の高い結果を得ることができます。



色選びにおいては、以下の点を特に心掛けましょう。


  • 長期的な視点を持つ: トレンドの色や個性的な色も魅力的ですが、数年後も満足できる色を選ぶことが大切です。外壁塗装は頻繁には行わないため、時間が経過しても飽きが来ない、または長期間美観を維持できる色を選択しましょう。

  • 環境への影響を考慮: 色によっては夏の暑さや冬の寒さへの影響も異なります。例えば、明るい色は太陽の熱を反射しやすく、暗い色は熱を吸収しやすいため、地域の気候や季節による温度変化を考慮して、エネルギー効率の良い色を選ぶことも一つの考慮点です。

  • サンプルを実際の建物に当ててみる: 可能であれば、実際の建物に対して大きな色見本を当ててみるか、塗装業者が提供するカラーシミュレーションサービスを利用して、実際に塗装した際のイメージを確認してみましょう。

最終的に色を決定する際は、建物の所有者や家族の意見を尊重しつつ、専門家の意見も参考にすることが重要です。

塗装業者やデザイナーは、色の組み合わせや建物に最適な色選びについて、豊富な経験と専門知識を持っています。彼らのアドバイスを取り入れながら、総合的な判断を下すことで、満足のいく外壁塗装を実現できるでしょう。

色選びは、単なる外壁の色を決める作業以上のものです。建物の印象を大きく左右し、住む人の気持ちにも影響を与える重要な要素であるため、慎重に、そして楽しむ心持ちで取り組むことがおすすめです。




業者選び:丁寧な点検、詳細な見積書、豊富な塗装実績と口コミ、写真での報告を基準に選定。


外壁塗装の品質は、選ぶ業者によって大きく左右されます。信頼できる業者を選ぶことは、満足のいく塗装を実現する上で非常に重要です。適切な業者選びのために重視すべきポイントを以下に詳しく解説します。


丁寧な点検


  • 詳細な現状調査: 信頼できる業者は、見積もりを行う前に建物の現状を丁寧に調査します。この点検には、外壁の劣化状況、ひび割れの有無、カビやコケの生育状況など、塗装前に修復や処理が必要な箇所の確認が含まれます。

  • 提案の根拠: 点検の結果をもとに、どのような塗装が必要か、どの程度の修復が必要かなど、具体的な提案をしてくれる業者を選びましょう。丁寧な点検と詳細な説明があれば、その業者がプロジェクトに真剣に取り組んでいる証拠です。


詳細な見積書


  • 明確な内訳: 見積書は、工事の全費用だけでなく、具体的な作業内容や使用材料、各作業の費用など、詳細な内訳が記載されている必要があります。この透明性が、業者の信頼性を判断する上での重要なポイントです。

  • 追加費用の明記: 予期せぬ追加工事が必要になった場合の費用についても、事前に説明してくれる業者を選ぶことが大切です。


豊富な塗装実績と口コミ


  • 実績の確認: 実際に施工した建物の写真や、施工事例が豊富にある業者は、多くの経験と実績があることの証明です。特に、類似の建物や条件での施工事例があれば、その業者が自分のプロジェクトに適している可能性が高いです。

  • 口コミや評判: 過去の顧客からの評価や口コミも重要な判断材料です。実際にその業者を利用した人の意見は、業者の対応や仕上がりの品質を知る上で非常に参考になります。


写真での報告


  • 進捗報告の方法: 工事の進捗状況を写真で報告してくれる業者を選ぶと、実際の作業内容を視覚的に確認できるため安心です。また、完成後も「ビフォー・アフター」の写真を提供してくれる業者であれば、その業者が自分たちの仕事に自信を持っている証拠と言えます。


まとめ


外壁塗装の業者選びでは、単に価格だけでなく、サービスの質や信頼性、顧客への対応の良さなど、複数の要素を総合的に評価することが重要です。具体的には、業者が提供する情報の透明性、事前のコミュニケーションの質、そして過去の施工実績や顧客からの評価を基に、その業者が自分のプロジェクトに最適かどうかを検討しましょう。



また、アフターサービスや保証期間の有無も、業者選定の重要なポイントです。

信頼できる業者は、契約前に全ての疑問に明確に答え、プロジェクトの進行中も定期的に報告し、顧客の不安を解消する努力を惜しみません。このような業者を選ぶことで、トラブルを未然に防ぎ、満足のいく外壁塗装を実現することができるでしょう。


業者選びの際は、インターネットでの口コミや評判、友人や知人からの推薦、そして複数の業者から見積もりを取り、それぞれ比較検討することが重要です。見積もりの段階で、業者がどれだけ詳細に情報を提供し、質問に対してどれだけ丁寧に回答するかも、業者の信頼性を見極めるうえでの良い指標になります。


最終的には、技術力や経験だけでなく、コミュニケーションの質や顧客への対応姿勢を重視し、長期的な視点で良好な関係を築ける業者を選定することが望ましいです。適切な業者選びを通じて、安心して外壁塗装プロジェクトを進めることができます。


最後に


外壁塗装は大切な家のメンテナンスです。この基礎知識をもとに、適切なタイミングで、満足のいく仕上がりを目指してください。不明点や気になることがあれば、「サンセイホーム」までお気軽にお問い合わせください。

読んでいただきありがとうございました。



「無料見積もり提供!外壁塗装、屋根塗装及びリフォーム、雨漏りの修理サービス - 各所検査写真付き」



この記事では、外壁塗装の際に最適な業者の選び方から、理想的な色の選定方法まで、成功に導くための重要なポイントを詳しく解説しています。塗料の種類とその特徴、丁寧な点検と詳細な見積もりの重要性、そして外壁塗装で満足のいく結果を得るための色選びのコツまで、幅広くカバー。あなたの家を美しく、長持ちさせるための知識とアドバイスが満載です。

外壁や屋根の塗装、リフォームにいくらかかるか気になりませんか?選び方に迷っている方も多いでしょう。


そのような疑問や悩みを抱えているなら、一度、塗装や板金工事の専門業者による詳細な見積もりを確認してみてください。現在外壁や屋根の塗装、リフォームを考えている方、または将来の予算計画を立てている方にもぴったりのサービスです。


サンセイホーム(三誠ホームサービス)では、以下のサービスを無料で提供しています:


  • 専門家が行う徹底的な診断と、写真付きの診断報告書をお渡しします。

  • ご自宅に最適な価格を示す、詳細にわたる見積書を提供。

  • 3種類以上の塗料プランから選べるため、比較しやすくなっています。

  • 専門用語についても、スタッフがわかりやすく説明いたします。


見積もりの作成から内容のご説明まで、全て無料で実施しておりますので、安心してご利用いただけます。






LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!


この記事では、外壁塗装の際に最適な業者の選び方から、理想的な色の選定方法まで、成功に導くための重要なポイントを詳しく解説しています。塗料の種類とその特徴、丁寧な点検と詳細な見積もりの重要性、そして外壁塗装で満足のいく結果を得るための色選びのコツまで、幅広くカバー。あなたの家を美しく、長持ちさせるための知識とアドバイスが満載です。

Comments


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png